聖典
詩篇32
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第32篇

ダビデのマスキールのうた

1 そのとががゆるされ、そのつみがおおいされるものはさいわいである。

2 しゅによって不義ふぎわされず、そのれいいつわりのないひとはさいわいである。

3 わたしが自分じぶんつみいあらわさなかったときは、ひねもすくるしみうめいたので、わたしのほねはふるびおとろえた。

4 あなたのみひるよるも、わたしのうえおもかったからである。わたしのちからは、なつのひでりによってかれるように、かれてた。〔セラ

5 わたしは自分じぶんつみをあなたにらせ、自分じぶん不義ふぎかくさなかった。わたしはった、「わたしのとがをしゅ告白こくはくしよう」と。そのときあなたはわたしのおかしたつみをゆるされた。〔セラ

6 このゆえに、すべてかみうやまものはあなたにいのる。大水おおみずせるなやみのときにもそのおよぶことはない。

7 あなたはわたしのかくであって、わたしをまもってなやみをまぬかれさせ、すくいをもってわたしをかこまれる。〔セラ

8 わたしはあなたをおしえ、あなたのくべきみちしめし、わたしのをあなたにとめて、さとすであろう。

9 あなたはさとりのないうまのようであってはならない。また騾馬らばのようであってはならない。かれらはくつわ、たづなをもっておさえられなければ、あなたにしたがわないであろう。

10 しきものかなしみがおおい。しかししゅ信頼しんらいするものはいつくしみでかこまれる。

11 ただしきものよ、しゅによってよろこたのしめ、すべてこころなおものよ、よろこびのこえたかくあげよ。