詩篇116
    脚注
    Theme

    第116篇

    1 わたしはしゅあいする。しゅはわがこえと、わがねがいとをかれたからである。

    2 しゅはわたしにみみかたむけられたので、わたしはきるかぎりしゅびまつるであろう。

    3 つながわたしをき、陰府よみくるしみがわたしをとらえた。わたしはなやみとかなしみにあった。

    4 そのときわたしはしゅのみんだ。「しゅよ、どうぞわたしをおすくいください」と。

    5 しゅめぐみふかく、ただしくいらせられ、われらのかみはあわれみにまれる。

    6 しゅ無学むがくものまもられる。わたしがひくくされたとき、しゅはわたしをすくわれた。

    7 わがたましいよ、おまえの平安へいあんかえるがよい。しゅゆたかにおまえをあしらわれたからである。

    8 あなたはわたしのたましいから、わたしのなみだから、わたしのあしをつまずきからたすされました。

    9 わたしはけるもので、しゅのみまえあゆみます。

    10 「わたしはおおいになやんだ」とったときにもなおしんじた。

    11 わたしはおどろきあわてたときにった、「すべてのひとあてにならぬものである」と。

    12 わたしにたまわったもろもろのめぐみについて、どうしてしゅむくいることができようか。

    13 わたしはすくいさかずきをあげて、しゅのみぶ。

    14 わたしはすべてのたみまえで、しゅにわがちかいをつぐなおう。

    15 しゅ聖徒せいとはそのみまえにおいてたっとい。

    16 しゅよ、わたしはあなたのしもべです。わたしはあなたのしもべ、あなたのはしためのです。あなたはわたしのなわめをかれました。

    17 わたしは感謝かんしゃのいけにえをあなたにささげて、しゅのみびます。

    18 わたしはすべてのたみまえしゅにわがちかいをつぐないます。

    19 エルサレムよ、あなたのなかで、しゅいえ大庭おおにわなかで、これをつぐないます。しゅをほめたたえよ。