箴言8
    脚注
    Theme

    第8章

    1 知恵ちえばわらないのか、さとりはこえをあげないのか。

    2 これはみちのほとりのたかところいただき、また、ちまたのなかち、

    3 まち入口いりぐちにあるもろもろのもんのかたわら、正門せいもん入口いりぐちばわってう、

    4 人々ひとびとよ、わたしはあなたがたにばわり、こえをあげてひとらをぶ。

    5 思慮しりょのないものよ、さとりをよ、おろかなものよ、知恵ちえよ。

    6 け、わたしは高貴こうきことかたり、わがくちびるはただしいことかたす。

    7 わがくち真実しんじつべ、わがくちびるはしきことにくむ。

    8 わがくち言葉ことばはみなただしい、そのうちにいつわりと、よこしまはない。

    9 これはみな、さときものあきらかにするところ、知識ちしきものただしとするところである。

    10 あなたがたはぎんけるよりも、わたしのおしえけよ、せいきんよりも、むしろ知識ちしきよ。

    11 知恵ちえ宝石ほうせきにまさり、あなたがたののぞむすべてのものは、これとくらべるにたりない。

    12 知恵ちえであるわたしはさとりをすみかとし、知識ちしきつつしみとをもつ。

    13 しゅおそれるとはあくにくむことである。わたしはたかぶりと、おごりと、しきみちと、いつわりの言葉ことばとをにくむ。

    14 はかりごとと、たしかな知恵ちえとは、わたしにある、わたしにはさとりがあり、わたしにはちからがある。

    15 わたしによって、おうたるものおさめ、きみたるものただしいさだめをてる。

    16 わたしによって、しゅたるもの支配しはいし、つかさたるものおさめる。

    17 わたしは、わたしをあいするものあいする、わたしをせつにもとめるものは、わたしに出会であう。

    18 とみほまれとはわたしにあり、すぐれたたから繁栄はんえいもまたそうである。

    19 わたしのきんよりもせいきんよりもく、わたしの産物さんぶつせいぎんにまさる。

    20 わたしは正義せいぎみち公正こうせい道筋みちすじなかあゆみ、

    21 わたしをあいするものたからさせ、またそのくらちさせる。

    22 しゅむかしそのわざをなしはじめられるとき、そのわざのはじめとして、わたしをつくられた。

    23 いにしえ、のなかったときはじめに、わたしはてられた。

    24 まだうみもなく、またおおいなるみずいずみもなかったとき、わたしはすでにうまれ、

    25 やまもまださだめられず、おかもまだなかったとき、わたしはすでにうまれた。

    26 すなわちかみがまだをもをも、のちりのもとをもつくられなかったときである。

    27 かれてんつくり、うみのおもてに、大空おおぞらられたとき、わたしはそこにあった。

    28 かれうえそらかたたせ、ふちいずみをつよくさだめ、

    29 うみにその限界げんかいをたて、みずにそのきしえないようにし、またもといさだめられたとき、

    30 わたしは、そのかたわらにあって、名匠めいしょうとなり、日々ひびよろこび、つねにそのまえたのしみ、

    31 そのたのしみ、またひとよろこんだ。

    32 それゆえ、子供こどもらよ、いまわたしのうことをけ、わたしのみちまもものはさいわいである。

    33 教訓きょうくんいて、知恵ちえよ、これをててはならない。

    34 わたしのうことをき、日々ひびわたしのもんのかたわらでうかがい、わたしの戸口とぐちはしらのわきでひとはさいわいである。

    35 それは、わたしをものいのちしゅからめぐみをるからである。

    36 わたしをうしなもの自分じぶんいのちをそこなう、すべてわたしをにくものあいするものである」。