民数記13
    脚注
    Theme

    第13章

    1 しゅはモーセにわれた、

    2 ひとをつかわして、わたしがイスラエルの人々ひとびとあたえるカナンのさぐらせなさい。すなわち、その父祖ふそ部族ぶぞくごとに、すべてかれらのうちのつかさたるものひとりずつをつかわしなさい」。

    3 モーセはしゅめいにしたがって、パランの荒野あらのからかれらをつかわした。その人々ひとびとはみなイスラエルの人々ひとびとのかしらたちであった。

    4 かれらのつぎのとおりである。ルベンの部族ぶぞくではザックルのシャンマ、

    5 シメオンの部族ぶぞくではホリのシャパテ、

    6 ユダの部族ぶぞくではエフンネのカレブ、

    7 イッサカルの部族ぶぞくではヨセフのイガル、

    8 エフライムの部族ぶぞくではヌンのホセア、

    9 ベニヤミンの部族ぶぞくではラフのパルテ、

    10 ゼブルンの部族ぶぞくではソデのガデエル、

    11 ヨセフの部族ぶぞくすなわち、マナセの部族ぶぞくではスシのガデ、

    12 ダンの部族ぶぞくではゲマリのアンミエル、

    13 アセルの部族ぶぞくではミカエルのセトル、

    14 ナフタリの部族ぶぞくではワフシのナヘビ、

    15 ガドの部族ぶぞくではマキのギウエル。

    16 以上いじょうはモーセがそのさぐらせるためにつかわした人々ひとびとである。そしてモーセはヌンのホセアをヨシュアとづけた。

    17 モーセはかれらをつかわし、カナンのさぐらせようとして、これにった、「あなたがたはネゲブにって、やまのぼり、

    18 その様子ようす、そこにたみは、つよいかよわいか、すくないかおおいか、

    19 またかれらのんでいるは、いかわるいか。人々ひとびとんでいる町々まちまちは、天幕てんまくか、城壁じょうへきのあるまちか、

    20 そのは、えているか、やせているか、そこには、があるかないかをなさい。あなたがたは、いさんでって、そののくだものをってきなさい」。ときは、ぶどうのじゅくはじめる季節きせつであった。

    21 そこで、かれらはのぼっていって、そのをチンの荒野あらのからハマテの入口いりぐちちかいレホブまでさぐった。

    22 かれらはネゲブにのぼって、ヘブロンまでった。そこにはアナクの子孫しそんであるアヒマン、セシャイ、およびタルマイがいた。ヘブロンはエジプトのゾアンよりも七ねんまえてられたものである。

    23 ついにかれらはエシコルのたにって、そこで一ふさのぶどうのえだり、これをぼうをもって、ふたりでかつぎ、また、ざくろといちじくをもった。

    24 イスラエルの人々ひとびとが、そこでったぶどうの一ふさにちなんで、そのところはエシコルのたにばれた。

    25 四十にちのちかれらはそのさぐおわってかえってきた。

    26 そして、パランの荒野あらのにあるカデシにいたモーセとアロン、およびイスラエルの人々ひとびとぜん会衆かいしゅうのもとにって、かれらとぜん会衆かいしゅうとに復命ふくめいし、そののくだものをかれらにせた。

    27 かれらはモーセにった、「わたしたちはあなたが、つかわしたきました。そこはまことにちちみつながれているです。これはそのくだものです。

    28 しかし、そのたみつよく、その町々まちまち堅固けんご非常ひじょうおおきく、わたしたちはそこにアナクの子孫しそんがいるのをました。

    29 またネゲブのには、アマレクびとがみ、山地さんちにはヘテびと、エブスびと、アモリびとがみ、うみべとヨルダンのきしべには、カナンびとがんでいます」。

    30 そのとき、カレブはモーセのまえで、たみをしずめてった、「わたしたちはすぐにのぼって、りましょう。わたしたちはかならつことができます」。

    31 しかし、かれとともにのぼってった人々ひとびとった、「わたしたちはそのたみのところへめのぼることはできません。かれらはわたしたちよりもつよいからです」。

    32 そしてかれらはそのさぐったのことを、イスラエルの人々ひとびとわるいふらしてった、「わたしたちがめぐってさぐったは、そこにものほろぼすです。またそのところでわたしたちがたみはみなたか人々ひとびとです。

    33 わたしたちはまたそこで、ネピリムからたアナクの子孫しそんネピリムをました。わたしたちには自分じぶんが、いなごのようにおもわれ、またかれらにも、そうえたにちがいありません」。