イザヤ書30
    脚注
    Theme

    第30章

    1 しゅわれる、「そむけるらはわざわいだ、かれらははかりごとをおこなうけれども、わたしによってではない。かれらは同盟どうめいむすぶけれども、わがれいによってではない、つみつみくわえるためだ。

    2 かれらはわが言葉ことばもとめず、エジプトへくだっていって、パロの保護ほごにたより、エジプトのかげかくれようとする。

    3 それゆえ、パロの保護ほごはかえってあなたがたのはじとなり、エジプトのかげかくれることはあなたがたのはずかしめとなる。

    4 たとい、かれきみたちがゾアンにあり、かれ使者ししゃたちがハネスにても、

    5 かれらはみなおのれをえきすることのできないたみにより、すなわちたすけとならず、えきとならず、かえってはじとなり、はずかしめとなるたみによって、はじをかくからである」。

    6 ネゲブのけものについての託宣たくせんかれらはそのとみわかいろばのわせ、そのたからをらくだのわせて、じし、じし、まむしおよびびかけるへびのなやみとくるしみのくにとおって、おのれをえきすることのできないたみく。

    7 そのエジプトのたすけは無益むえきであって、むなしい。それゆえ、わたしはこれを「やすんでいるラハブ」とんだ。

    8 いまって、これをかれらのまえふだにしるし、書物しょもつせ、のちつたえて、とこしえにあかしとせよ。

    9 かれらはそむけるたみいつわりをら、しゅおしえこうとしないらだ。

    10 かれらは先見者せんけんしゃにむかって「るな」とい、預言者よげんしゃにむかっては「ただしいことをわれわれに預言よげんするな、みみきよいことをかたれ、まよわしごとを預言よげんせよ。

    11 大路おおじり、小路こうじをはなれ、イスラエルの聖者せいじゃについてかたかすな」とう。

    12 それゆえ、イスラエルの聖者せいじゃはこうわれる、「あなたがたはこの言葉ことばあなどり、しえたげと、よこしまとをたのみ、これにたよるがゆえに、

    13 この不義ふぎはあなたがたにはて、くずれちようとするたかいしがきのやぶれのようであって、その倒壊とうかいはにわかに、またたくまにる。

    14 そのやぶれることは陶器とうきうつわやぶるようにしむことなくくだき、そのくだけのなかには、からり、いけからみずをくめるほどの、ひとかけらさえいだされない」。

    15 しゅなるかみ、イスラエルの聖者せいじゃはこうわれた、「あなたがたはかえって、いているならばすくわれ、おだやかにして信頼しんらいしているならばちからる」。しかし、あなたがたはこのことこのまなかった。

    16 かえって、あなたがたはった、「いな、われわれはうまって、とんでこう」と。それゆえ、あなたがたはとんでかえる。またった、「われらははやうまろう」と。それゆえ、あなたがたをものはやい。

    17 ひとりの威嚇いかくによって千にんげ、五にん威嚇いかくによってあなたがたはげて、そののこものはわずかにやまいただきにあるはたざおのように、おかうえにあるはたのようになる。

    18 それゆえ、しゅっていて、あなたがたにめぐみほどこされる。それゆえ、しゅちあがって、あなたがたをあわれまれる。しゅ公平こうへいかみでいらせられる。すべてしゅのぞものはさいわいである。

    19 シオンにおり、エルサレムにたみよ、あなたはもはやくことはない。しゅはあなたのばわるこえおうじて、かならずあなたにめぐみをほどこされる。しゅがそれをかれるとき、ただちにこたえられる。

    20 たといしゅはあなたがたになやみのパンとくるしみのみずあたえられても、あなたのふたたかくれることはなく、あなたのはあなたのる。

    21 また、あなたがみぎき、あるいはひだりとき、そのうしろで「これはみちだ、これにあゆめ」と言葉ことばみみく。

    22 そのとき、あなたがたはしろがねをおおったきざんだぞうと、こがねをったぞうとをけがし、これをきたないもののようにまきらして、これに「れ」とう。

    23 しゅはあなたがにまくたねあめあたえ、産物さんぶつなる穀物こくもつをくださる。それはおびただしく、かつゆたかである。そのあなたの家畜かちくひろ牧場まきばくさべ、

    24 たがやうしと、ろばは、シャベルと、くまででよりけてしおくわえた飼料しりょうべる。

    25 おおいなる虐殺ぎゃくさつ、やぐらのたおれるとき、すべてのそびえたつやまと、すべてのたかおかみずながれるかわがある。

    26 さらにしゅがそのたみきずつつみ、そのたれたきずをいやされるには、つきひかりひかりのようになり、ひかりは七ばいとなり、七つのひかりのようにになる。

    27 よ、しゅとおところからえるいかりと、ちあがるけむりをもってる。そのくちびるはいきどおりでち、そのしたきつくすのごとく、

    28 そのいきはあふれてくびにまでたっするながれのようであって、ほろびのふるいをもってもろもろのくにをふるい、またまどわす手綱たづなをもろもろのたみのあごにつけるためにる。

    29 あなたがたは、せいなるまつりまもよるのようにうたをうたう。またふえをならしてしゅやまにきたり、イスラエルのいわなるしゅにまみえるときのようにこころよろこぶ。

    30 しゅはその威厳いげんあるこえかせ、はげしいいかりと、きつくすほのおと、豪雨ごううと、暴風ぼうふうと、ひょうとをもってそのうでくだることをしめされる。

    31 しゅがそのむちをもってたれるとき、アッスリヤの人々ひとびとしゅこえによっておそれおののく。

    32 しゅこらしめのつえをかれらのうえくわえられるごとにつづみらし、ことをひく。しゅうでりかざして、かれらとたたかわれる。

    33 はすでにもうけられた。しかもおうのためにふかひろそなえられ、おおくのたきぎがまれてある。しゅいきはこれを硫黄いおうながれのようにやす。