聖典
ハバクク書2
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第2章

1 わたしはわたしの見張みはりじょち、物見ものみやぐらにき、のぞて、かれがわたしになんとかたられるかを、またわたしのうったえについてわたしみずからなんとこたえたらよかろうかをよう。

2 しゅはわたしにこたえてわれた、「このまぼろしき、これをいたうえあきらかにしるし、はしりながらも、これをみうるようにせよ。

3 このまぼろしはなおさだめられたときをち、おわりをさしていそいでいる。それはいつわりではない。もしおそければっておれ。それはかならのぞむ。とどこおりはしない。

4 よ、そのたましいただしくないものおとろえる。しかし義人ぎじんはその信仰しんこうによってきる。

5 また、さけあざむくものだ。たかぶるものさだまりがない。かれよく陰府よみのようにひろい。かれのようであって、くことなく、万国ばんこくをおのれにあつめ、万民ばんみんをおのれのものとしてつどわせる」。

6 これらはみなことわざをもってかれをあざけり、あざけりのなぞをもってかれをあざわらわないだろうか。すなわちう、「わざわいなるかな、おのれにぞくさないものをくわえるものよ。いつまでこのようであろうか。質物しちものでおのれをおもくするものよ」。

7 あなたの負債者ふさいしゃは、にわかにおこらないであろうか。あなたをはげしくゆすぶるものざめないであろうか。そのときあなたはかれらにかすめられる。

8 あなたはおおくの国民こくみんをかすめたゆえ、そのもろもろのたみのこれるものみなあなたをかすめる。これはひとながし、くにまちと、そのなかむすべてのもの暴虐ぼうぎゃくおこなったからである。

9 わざわいなるかな、わざわいまぬかれるためにたかところかまえようと、おのがいえのために不義ふぎものよ。

10 あなたはことをはかって自分じぶんいえはじまねき、おおくのたみほろぼして、自分じぶん生命せいめいうしなった。

11 いしいしがきからさけび、はり建物たてものからこれにこたえるからである。

12 わざわいなるかな、をもってまちて、あくをもってまちきずものよ。

13 よ、もろもろのたみのためにろうし、もろもろのくにびとはむなしいことのためにつかれる。これは万軍ばんぐんしゅから言葉ことばではないか。

14 うみみずでおおわれているように、しゅ栄光えいこう知識ちしきたされるからである。

15 わざわいなるかな、そのとなびといかりのはいませて、これをわせ、かれらのかくどころようとするものよ。

16 あなたはほまれかわりにはじき、あなたもまたんでよろめけ。しゅみぎはいは、あなたにめぐる。はじはあなたのほまれかわる。

17 あなたがレバノンになした暴虐ぼうぎゃくは、あなたをたおし、けもののような滅亡めつぼうは、あなたをおそれさせる。これはひとながし、くにまちと、まちなかむすべてのものに、暴虐ぼうぎゃくおこなったからである。

18 きざめるぞうちゅうぞうおよびいつわりをおしえるものは、その作者さくしゃがこれをきざんだとてなんのえきがあろうか。その作者さくしゃ物言ものいわぬ偶像ぐうぞうつくって、そのつくったものにたのんでみても、なんのえきがあろうか。

19 わざわいなるかな、かって、さめよとい、物言ものいわぬいしかって、きよとものよ。これは黙示もくしあたようか。よ、これは金銀きんぎんをきせたもので、そのなかにはいのちいきすこしもない。

20 しかし、しゅはそのせいなるみやにいます、ぜんはそのみまえ沈黙ちんもくせよ。