創世記46
    脚注

    第46章

    1 イスラエルはそのものをことごとくたずさえて旅立たびだち、ベエルシバにって、ちちイサクのかみ犠牲ぎせいをささげた。

    2 このときかみまぼろしのうちにイスラエルにかたってわれた、「ヤコブよ、ヤコブよ」。かれった、「ここにいます」。

    3 かみわれた、「わたしはかみ、あなたのちちかみである。エジプトにくだるのをおそれてはならない。わたしはあそこであなたをおおいなる国民こくみんにする。

    4 わたしはあなたと一緒いっしょにエジプトにくだり、またかならずあなたをみちびのぼるであろう。ヨセフがずからあなたのじるであろう」。

    5 そしてヤコブはベエルシバをった。イスラエルのらはヤコブをせるためにパロのおくったくるまに、ちちヤコブとおさたちとつまたちをせ、

    6 またその家畜かちくとカナンの財産ざいさんたずさえ、ヤコブとその子孫しそんみなともにエジプトへった。

    7 こうしてヤコブはそのと、まごおよびむすめ孫娘まごむすめなどその子孫しそんをみなれて、エジプトへった。

    8 イスラエルのらでエジプトへったものつぎのとおりである。すなわちヤコブとそのらであるが、ヤコブの長子ちょうしはルベン。

    9 ルベンのらはハノク、パル、ヘヅロン、カルミ。

    10 シメオンのらはエムエル、ヤミン、オハデ、ヤキン、ゾハルおよびカナンのおんなんだシャウル。

    11 レビのらはゲルション、コハテ、メラリ。

    12 ユダのらはエル、オナン、シラ、ペレヅ、ゼラ。エルとオナンはカナンのんだ。ペレヅのらはヘヅロンとハムル。

    13 イッサカルのらはトラ、プワ、ヨブ、シムロン。

    14 ゼブルンのらはセレデ、エロン、ヤリエル。

    15 これらとむすめデナとはレアがパダンアラムでヤコブにんだらである。そのらとむすめらはわせて三十三にん

    16 ガドのらはゼポン、ハギ、シュニ、エヅボン、エリ、アロデ、アレリ。

    17 アセルのらはエムナ、イシワ、イスイ、ベリアおよびいもうとサラ。ベリアのらはヘベルとマルキエル。

    18 これらはラバンがむすめレアにあたえたジルパのらである。彼女かのじょはこれらをヤコブにんだ。わせて十六にん

    19 ヤコブのつまラケルのらはヨセフとベニヤミンとである。

    20 エジプトのくにでヨセフにマナセとエフライムとがうまれた。これはオンの祭司さいしポテペラのむすめアセナテがかれんだものである。

    21 ベニヤミンのらはベラ、ベケル、アシベル、ゲラ、ナアマン、エヒ、ロシ、ムッピム、ホパム、アルデ。

    22 これらはラケルがヤコブにんだらである。わせて十四にん

    23 ダンのはホシム。

    24 ナフタリのらはヤジエル、グニ、エゼル、シレム。

    25 これらはラバンがむすめラケルにあたえたビルハのらである。彼女かのじょはこれらをヤコブにんだ。わせて七にん

    26 ヤコブとともにエジプトへったすべてのもの、すなわちかれからものはヤコブのらのつまをのぞいて、わせて六十六にんであった。

    27 エジプトでヨセフにうまれたがふたりあった。エジプトへったヤコブのいえものわせて七十にんであった。

    28 さてヤコブはユダをさきにヨセフにつかわして、ゴセンでおうとわせた。そしてかれらはゴセンのった。

    29 ヨセフはくるまととのえて、ちちイスラエルをむかえるためにゴセンにのぼり、ちちい、そのくびをき、くびをかかえてひさしくいた。

    30 ときに、イスラエルはヨセフにった、「あなたがなおきていて、わたしはあなたのかおたのでいまんでもよい」。

    31 ヨセフは兄弟きょうだいたちとちち家族かぞくとにった、「わたしはのぼってパロにおう、『カナンのにいたわたしの兄弟きょうだいたちとちち家族かぞくとがわたしのところへきました。

    32 このものらはひつじもの家畜かちく牧者ぼくしゃで、そのひつじうしおよびものをみなたずさえてきました』。

    33 もしパロがあなたがたをして、『あなたがたの職業しょくぎょうなにか』とわれたら、

    34 『しもべらはおさなときから、ずっと家畜かちく牧者ぼくしゃです。われわれも、われわれの先祖せんぞもそうです』といなさい。そうすればあなたがたはゴセンのむことができましょう。羊飼ひつじかいはすべて、エジプトびとのものだからです」。