聖典
エズラ記8
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第8章

1 アルタシャスタおう治世ちせいに、バビロンからわたしと一緒いっしょのぼってもの氏族しぞくちょう、およびその系譜けいふつぎのとおりである。

2 ピネハスの子孫しそんのうちではゲルショム。イタマルの子孫しそんのうちではダニエル。ダビデの子孫しそんのうちではシカニヤのハットシ。

3 パロシの子孫しそんのうちではゼカリヤおよびかれとも系譜けいふせられたおとこ百五十にん

4 パハテ・モアブの子孫しそんのうちではゼラヒヤのエリヨエナイおよびかれともにあるおとこ二百にん

5 ザッツの子孫しそんのうちではヤハジエルのシカニヤおよびかれともにあるおとこ三百にん

6 アデンの子孫しそんのうちではヨナタンのエベデおよびかれともにあるおとこ五十にん

7 エラムの子孫しそんのうちではアタリヤのエサヤおよびかれともにあるおとこ七十にん

8 シパテヤの子孫しそんのうちではミカエルのゼバデヤおよびかれともにあるおとこ八十にん

9 ヨアブの子孫しそんのうちではエヒエルのオバデヤおよびかれともにあるおとこ二百十八にん

10 バニの子孫しそんのうちではヨシピアのシロミテおよびかれともにあるおとこ百六十にん

11 ベバイの子孫しそんのうちではベバイのゼカリヤおよびかれともにあるおとこ二十八にん

12 アズガデの子孫しそんのうちではハッカタンのヨハナンおよびかれともにあるおとこ百十にん

13 アドニカムの子孫しそんのうちではのちものどもで、そのはエリペレテ、ユエル、シマヤおよびかれらとともにあるおとこ六十にん

14 ビグワイの子孫しそんのうちではウタイとザックルおよびかれらとともにあるおとこ七十にんである。

15 わたしはかれらをアハワにながれるかわのほとりにあつめて、そこに三日みっかのあいだ露営ろえいした。わたしはたみ祭司さいしとを調しらべたが、そこにはレビの子孫しそんはひとりもいなかったので、

16 ひとをつかわしてエリエゼル、アリエル、シマヤ、エルナタン、ヤリブ、エルナタン、ナタン、ゼカリヤ、メシュラムというくびちょうたる人々ひとびとまねき、またヨヤリブ、およびエルナタンのような見識けんしきのある人々ひとびとまねいた。

17 そしてわたしはカシピアというところ首長しゅちょうイドのもとにかれらをつかわし、カシピアというところにいるイドと、その兄弟きょうだいであるみやつかえるしもべたちにぐべき言葉ことばを、かれらにさづけ、われわれのかみみやのために、つかひとをわれわれにれていとった。

18 われわれのかみがよくわれわれをたすけられたので、かれらはイスラエルの、レビの、マヘリの子孫しそんのうちの思慮しりょふかひと、すなわちセレビヤおよびそのらとその兄弟きょうだいたち十八にんを、われわれにれて

19 またハシャビヤおよびかれともに、メラリの子孫しそんのエサヤとその兄弟きょうだいおよびそのら二十にん

20 およびみやつかえるしもべ、すなわちダビデとそのつかさたちが、レビびとにつかえさせるためにえらんだみやつかえるしもべ二百二十にんれてきた。これらのものみなそのって記録きろくされた。

21 そこでわたしは、かしこのアハワかわのほとりで断食だんじき布告ふこくし、われわれのかみまえをひくくし、われわれと、われわれのおさなものと、われわれのすべてのざいのために、ただしいみちしめされるようにかみもとめた。

22 これは、われわれがさきにおうげて、「われわれのかみは、かみもとめるすべてのものうえにやさしくくだり、その威力いりょくいかりとはすべてかみてるものうえくだる」とったので、わたしは道中どうちゅうてきたいして、われわれをまもるべき歩兵ほへい騎兵きへいとを、おうたのむことをじたからである。

23 そこでわれわれは断食だんじきして、このことをわれわれのかみもとめたところ、かみはそのねがいをきいれられた。

24 わたしはおもだった祭司さいし十二にんすなわちセレビヤ、ハシャビヤおよびその兄弟きょうだいにんえらび、

25 金銀きんぎんおよび器物うつわもの、すなわちおうと、そのかんと、その諸侯しょこうおよびすべて在留ざいりゅうのイスラエルびとが、われわれのかみみやのためにささげた奉納物ほうのうぶつはかってかれらにわたした。

26 わたしがはかってかれらのわたしたものは、ぎん六百五十タラント、ぎんうつわ百タラント、きん百タラントであった。

27 またきん大杯おおさかずきが二十あって、一千ダリクにあたる。またひかかがや青銅せいどううつわあって、そのたっといこときんのようである。

28 そしてわたしはかれらにった、「あなたがたはしゅ聖別せいべつされたものである。この器物うつわものせいである。またこの金銀きんぎんは、あなたがたの先祖せんぞかみしゅにささげた真心まごころよりのそなものである。

29 あなたがたはエルサレムで、しゅみやのへやのなかで、祭司さいしちょう、レビびとおよびイスラエルの氏族しぞくのかしらたちのまえで、これをはかるまで、見張みはり、かつまもりなさい」。

30 そこで祭司さいしおよびレビびとたちは、その金銀きんぎんおよび器物うつわものを、エルサレムにあるわれわれのかみみやたずさえてくため、そのおもさのものをった。

31 われわれは正月しょうがつの十二にちに、アハワがわ出立しゅったつしてエルサレムにかったが、われわれのかみは、われわれのうえにあって、てきおよびみちせするものから、われわれをすくわれた。

32 われわれはエルサレムにいて、三そこにいたが、

33 にわれわれのかみみやうちで、その金銀きんぎんおよび器物うつわものを、ウリヤの祭司さいしメレモテのはかってわたした。ピネハスのエレアザルがかれともにいた。またエシュアのヨザバデ、およびビンヌイのノアデヤのふたりのレビびとも、かれらとともにいた。

34 すなわちそのすべてのかずおもさとを調しらべ、そのおもさはみなきとめられた。

35 そのとき捕囚ほしゅう人々ひとびと捕囚ほしゅうからかえってものは、イスラエルのかみ燔祭はんさいをささげた。すなわちイスラエル全体ぜんたいのために雄牛おうし十二とう雄羊おひつじ九十六とう小羊こひつじ七十七とうをささげ、また罪祭ざいさいとしてやぎ十二とうをささげた。これらはみな、しゅにささげた燔祭はんさいである。

36 かれらはまたおう命令めいれいしょを、おう総督そうとくたち、およびかわこうのしゅう知事ちじたちにわたしたので、かれらはたみかみみやとを援助えんじょした。