聖典
エズラ記2
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第2章

1 バビロンのおうネブカデネザルにとらえられて、バビロンにうつされたもののうち、捕囚ほしゅうをゆるされてエルサレムおよびユダにのぼって、おのおの自分じぶんまちかえったこのしゅう人々ひとびとつぎのとおりである。

2 かれらはゼルバベル、エシュア、ネヘミヤ、セラヤ、レエラヤ、モルデカイ、ビルシャン、ミスパル、ビグワイ、レホム、バアナとともかえってきた。そのイスラエルのたみ人数にんずうつぎのとおりである。

3 パロシの子孫しそんは二千百七十二にん

4 シパテヤの子孫しそんは三百七十二にん

5 アラの子孫しそんは七百七十五にん

6 パハテ・モアブの子孫しそんすなわちエシュアとヨアブの子孫しそんは二千八百十二にん

7 エラムの子孫しそんは一千二百五十四にん

8 ザットの子孫しそんは九百四十五にん

9 ザッカイの子孫しそんは七百六十にん

10 バニの子孫しそんは六百四十二にん

11 ベバイの子孫しそんは六百二十三にん

12 アズガデの子孫しそんは一千二百二十二にん

13 アドニカムの子孫しそんは六百六十六にん

14 ビグワイの子孫しそんは二千五十六にん

15 アデンの子孫しそんは四百五十四にん

16 アテルの子孫しそんすなわちヒゼキヤの子孫しそんは九十八にん

17 ベザイの子孫しそんは三百二十三にん

18 ヨラの子孫しそんは百十二にん

19 ハシュムの子孫しそんは二百二十三にん

20 ギバルの子孫しそんは九十五にん

21 ベツレヘムの子孫しそんは百二十三にん

22 ネトパの人々ひとびとは五十六にん

23 アナトテの人々ひとびとは百二十八にん

24 アズマウテの子孫しそんは四十二にん

25 キリアテ・ヤリム、ケピラおよびベエロテの子孫しそんは七百四十三にん

26 ラマおよびゲバの子孫しそんは六百二十一にん

27 ミクマシの人々ひとびとは百二十二にん

28 ベテルおよびアイの人々ひとびとは二百二十三にん

29 ネボの子孫しそんは五十二にん

30 マグビシの子孫しそんは百五十六にん

31 のエラムの子孫しそんは一千二百五十四にん

32 ハリムの子孫しそんは三百二十にん

33 ロド、ハデデおよびオノの子孫しそんは七百二十五にん

34 エリコの子孫しそんは三百四十五にん

35 セナアの子孫しそんは三千六百三十にん

36 祭司さいしは、エシュアのいえのエダヤの子孫しそん九百七十三にん

37 インメルの子孫しそん一千五十二にん

38 パシュルの子孫しそん一千二百四十七にん

39 ハリムの子孫しそん一千十七にん

40 レビびとは、ホダヤの子孫しそんすなわちエシュアとカデミエルの子孫しそん七十四にん

41 うたうたうものは、アサフの子孫しそん百二十八にん

42 門衛もんえい子孫しそんは、シャルムの子孫しそん、アテルの子孫しそん、タルモンの子孫しそん、アックブの子孫しそん、ハテタの子孫しそん、ショバイの子孫しそんわせて百三十九にん

43 みやつかえるしもべたちは、ヂハの子孫しそん、ハスパの子孫しそん、タバオテの子孫しそん

44 ケロスの子孫しそん、シアハの子孫しそん、パドンの子孫しそん

45 レバナの子孫しそん、ハガバの子孫しそん、アックブの子孫しそん

46 ハガブの子孫しそん、シャルマイの子孫しそん、ハナンの子孫しそん

47 ギデルの子孫しそん、ガハルの子孫しそん、レアヤの子孫しそん

48 レヂンの子孫しそん、ネコダの子孫しそん、ガザムの子孫しそん

49 ウザの子孫しそん、パセアの子孫しそん、ベサイの子孫しそん

50 アスナの子孫しそん、メウニムの子孫しそん、ネフシムの子孫しそん

51 バクブクの子孫しそん、ハクパの子孫しそん、ハルホルの子孫しそん

52 バヅリテの子孫しそん、メヒダの子孫しそん、ハルシャの子孫しそん

53 バルコスの子孫しそん、シセラの子孫しそん、テマの子孫しそん

54 ネヂアの子孫しそん、ハテパの子孫しそんである。

55 ソロモンのしもべたちの子孫しそんは、ソタイの子孫しそん、ハッソペレテの子孫しそん、ペリダの子孫しそん

56 ヤアラの子孫しそん、ダルコンの子孫しそん、ギデルの子孫しそん

57 シパテヤの子孫しそん、ハッテルの子孫しそん、ポケレテ・ハッゼバイムの子孫しそん、アミの子孫しそん

58 みやつかえるしもべたちとソロモンのしもべたちの子孫しそんとはわせて三百九十二にん

59 つぎにあげる人々ひとびとはテル・メラ、テル・ハレサ、ケルブ、アダンおよびインメルからのぼってものであったが、かれらはその氏族しぞくとその血統けっとうとをしめして、そのイスラエルのものであることをあきらかにすることができなかった。

60 すなわちデラヤの子孫しそん、トビヤの子孫しそん、ネコダの子孫しそんわせて六百五十二にん

61 祭司さいし子孫しそんのうちにはハバヤの子孫しそん、ハッコヅの子孫しそん、バルジライの子孫しそんがあった。バルジライはギレアデびとバルジライのむすめたちのうちからつまをめとったので、そのばれることになった。

62 これらのもの系譜けいふったものたちのうちに自分じぶんたずねたがいだされなかったので、けがれたものとして、祭司さいししょくからのぞかれた。

63 総督そうとくかれらにげて、ウリムとトンミムをにつける祭司さいしおこるまでは、いとせいなるものべてはならないとった。

64 会衆かいしゅうわせて四万二千三百六十にんであった。

65 このほかに、しもべおよびはしためわせて七千三百三十七にん、またうたうたう男女だんじょ二百にんあった。

66 そのうまは七百三十六とう、その騾馬らばは二百四十五とう

67 そのらくだは四百三十五とう、そのろばは六千七百二十とうあった。

68 氏族しぞくちょう数人すうにんはエルサレムにあるしゅみやところにきたときかみみやをもとのところてるために真心まごころよりのそなものをささげた。

69 すなわち、そのちからしたがって工事こうじのためにくらおさめたものは、きん六万一千ダリク、ぎん五千ミナ、祭司さいし衣服いふく百かさねであった。

70 祭司さいし、レビびと、およびたみのあるものはエルサレムおよびその近郊きんこうみ、うたうたうもの門衛もんえいおよびみやつかえるしもべたちはその町々まちまちみ、一般いっぱんのイスラエルびとは自分じぶんたちの町々まちまちんだ。