サムエル記下1
    脚注
    Theme

    サムエル

    第1章

    1 サウルがんだのち、ダビデはアマレクびとをってかえり、ふつかのあいだチクラグにとどまっていたが、

    2 となって、ひとりのひとが、その着物きものき、あたまつちをかぶって、サウルの陣営じんえいからきた。そしてダビデのもとにきて、してはいした。

    3 ダビデはかれった、「あなたはどこからきたのか」。かれはダビデにった、「わたしはイスラエルの陣営じんえいから、のがれてきたのです」。

    4 ダビデはかれった、「様子ようすはどうであったかはなしなさい」。かれこたえた、「たみたたかいからげ、たみおおくはたおれてに、サウルとそのヨナタンもまたにました」。

    5 ダビデは自分じぶんはなしている若者わかものった、「あなたはサウルとそのヨナタンがんだのを、どうしてったのか」。

    6 かれはなしている若者わかものった、「わたしは、はからずも、ギルボアやまにいましたが、サウルはそのやりによりかかっており、戦車せんしゃ騎兵きへいとがかれろうとしていました。

    7 そのときかれはうしろをいてわたしを、わたしをびましたので、『ここにいます』とわたしはこたえました。

    8 かれは『おまえはだれか』といましたので、『アマレクびとです』とこたえました。

    9 かれはまたわたしにいました、『そばにきてころしてください。わたしはくるしみにえない。まだいのちがあるからです』。

    10 そこで、わたしはそのそばにいってかれころしました。かれがすでにたおれて、きることのできないのをったからです。そしてわたしはかれあたまにあったかんむりと、うでにつけていた腕輪うでわとをって、それをわがしゅのもとにたずさえてきたのです」。

    11 そのときダビデは自分じぶん着物きものをつかんでそれをき、かれともにいた人々ひとびとみなおなじようにした。

    12 かれらはサウルのため、またそのヨナタンのため、またしゅたみのため、またイスラエルのいえのためにかなしみいて、夕暮ゆうぐれまでしょくった。それはかれらがつるぎにたおれたからである。

    13 ダビデは自分じぶんはなしていた若者わかものった、「あなたはどこのひとですか」。かれった、「アマレクびとで、寄留きりゅう他国たこくじんです」。

    14 ダビデはまたかれった、「どうしてあなたはべてしゅあぶらそそがれたものころすことをおそれなかったのですか」。

    15 ダビデはひとりの若者わかものび、「近寄ちかよってかれて」とった。そこでかれったのでんだ。

    16 ダビデはかれった、「あなたのながしためはあなたにする。あなたが自分じぶんくちから、『わたしはしゅあぶらそそがれたものころした』とって、自身じしんにむかって証拠しょうこてたからである」。

    17 ダビデはこのかなしみのうたをもって、サウルとそのヨナタンのために哀悼あいとうした。——

    18 これは、ユダの人々ひとびとおしえるためのゆみうたで、ヤシャルのしょにしるされている。——かれった、

    19 「イスラエルよ、あなたの栄光えいこうは、あなたのたかところころされた。ああ、勇士ゆうしたちは、ついにたおれた。

    20 ガテにこのことげてはいけない。アシケロンのちまたにつたえてはならない。おそらくはペリシテびとのむすめたちがよろこび、割礼かつれいなきものむすめたちがちほこるであろう。

    21 ギルボアのやまよ、つゆはおまえのうえにおりるな。よ、あめもおまえのうえるな。そのところ勇士ゆうしたちのたててられ、サウルのたてあぶららずにてられた。

    22 ころしたものまずには、ヨナタンのゆみ退しりぞかず、勇士ゆうし脂肪しぼうべないでは、サウルのつるぎは、むなしくはかえらなかった。

    23 サウルとヨナタンとは、あいされ、かつよろこばれた。かれらはきるにも、ぬにもはなれず、わしよりもはやく、ししよりもつよかった。

    24 イスラエルのむすめたちよ、サウルのためにけ。かれ緋色ひいろ着物きものをもって、はなやかにあなたがたをよそおい、あなたがたの着物きものきんかざりをつけた。

    25 ああ、勇士ゆうしたちはたたかいのさなかにたおれた。ヨナタンは、あなたのたかところころされた。

    26 わが兄弟きょうだいヨナタンよ、あなたのためわたしはかなしむ。あなたはわたしにとって、いともたのしいものであった。あなたがわたしをあいするのはつねのようでなく、おんなあいにもまさっていた。

    27 ああ、勇士ゆうしたちはたおれた。たたかいのうつわはうせた」。