サムエル記上八
    脚注

    第八章

    サムエルは年老としおいて、そのらをイスラエルのさばきづかさとした。

    長子ちょうしはヨエルといい、つぎはアビヤとった。かれらはベエルシバでさばきづかさであった。

    しかしそのらはちちみちあゆまないで、にむかい、まいないをって、さばきをげた。

    このとき、イスラエルの長老ちょうろうたちはみなあつまってラマにおるサムエルのもとにきて、

    った、「あなたは年老としおい、あなたのたちはあなたのみちあゆまない。いまほかの国々くにぐにのように、われわれをさばくおうを、われわれのためにててください」。

    しかしかれらが、「われわれをさばくおうを、われわれにあたえよ」とうのをいて、サムエルはよろこばなかった。そしてサムエルがしゅいのると、

    しゅはサムエルにわれた、「たみが、すべてあなたにところこえしたがいなさい。かれらがてるのはあなたではなく、わたしをてて、かれらのうえにわたしがおうであることをみとめないのである。

    かれらは、わたしがエジプトからのぼったから、きょうまで、わたしをててほかの神々かみがみつかえ、さまざまのことをわたしにしたように、あなたにもしているのである。

    いまそのこえしたがいなさい。ただし、ふかかれらをいましめて、かれらをおさめるおうのならわしをかれらにしめさなければならない」。

    一〇 サムエルはおうてることをもとめるたみしゅ言葉ことばをことごとくげて、

    一一 った、「あなたがたをおさめるおうのならわしはつぎのとおりである。かれはあなたがたのむすこをって、戦車せんしゃたいれ、騎兵きへいとし、自分じぶん戦車せんしゃまえはしらせるであろう。

    一二 かれはまたそれを千にんちょう、五十にんちょうにんじ、またそのたがやさせ、その作物さくもつらせ、またその武器ぶき戦車せんしゃ装備そうびつくらせるであろう。

    一三 また、あなたがたのむすめって、こうをつくるものとし、料理りょうりをするものとし、パンをものとするであろう。

    一四 また、あなたがたのはたけとぶどうはたけとオリブはたけもっとものって、その家来けらいあたえ、

    一五 あなたがたの穀物こくもつと、ぶどうはたけの、十ぶんの一をって、その役人やくにん家来けらいあたえ、

    一六 また、あなたがたの男女だんじょ奴隷どれいおよび、あなたがたのもっとうしとろばをって、自分じぶんのためにはたらかせ、

    一七 また、あなたがたのひつじの十ぶんの一をり、あなたがたは、その奴隷どれいとなるであろう。

    一八 そしてそのあなたがたは自分じぶんのためにえらんだおうのゆえにばわるであろう。しかししゅはそのにあなたがたにこたえられないであろう」。

    一九 ところがたみはサムエルのこえしたがうことをこばんでった、「いいえ、われわれをおさめるおうがなければならない。

    二〇 われわれも国々くにぐにのようになり、おうがわれわれをさばき、われわれをひきいて、われわれのたたかいにたたかうのである」。

    二一 サムエルはたみ言葉ことばをことごとくいて、それをしゅみみげた。

    二二 しゅはサムエルにわれた、「かれらのこえしたがい、かれらのためにおうてよ」。サムエルはイスラエルの人々ひとびとった、「あなたがたは、めいめいそのまちかえりなさい」。