サムエル記上19
    脚注
    Theme

    第19章

    1 サウルはそのヨナタンおよびすべての家来けらいたちにダビデをころすようにとった。しかしサウルのヨナタンはふかくダビデをあいしていた。

    2 ヨナタンはダビデにった、「ちちサウルはあなたをころそうとしています。それゆえあすのあさをつけて、わからない場所ばしょかくしていてください。

    3 わたしはって、あなたがいる野原のはらちちのかたわらにち、ちちにあなたのことをはなしましょう。そして、なにかわたしにわかれば、あなたにげましょう」。

    4 ヨナタンはちちサウルにダビデのことをほめてった、「おうよ、どうか家来けらいダビデにたいしてつみおかさないでください。かれは、あなたにつみおかさず、またかれのしたことは、あなたのためになることでした。

    5 かれいのちをかけて、あのペリシテびとをころし、しゅはイスラエルの人々ひとびとおおいなる勝利しょうりあたえられたのです。あなたはそれをよろこばれました。それであるのに、どうしてゆえなくダビデをころし、つみなきものながしてつみおかそうとされるのですか」。

    6 サウルはヨナタンの言葉ことばきいれた。そしてサウルはちかった、「しゅきておられる。わたしはけっしてかれころさない」。

    7 ヨナタンはダビデをんでこれらのことをみなダビデにげた。そしてヨナタンがダビデをサウルのもとにれてきたので、ダビデは、もとのようにサウルのまえにいた。

    8 ところがまた戦争せんそうがおこって、ダビデはてペリシテびととたたかい、おおいにかれらをころしたので、かれらはそのまえからった。

    9 さてサウルがいえにいてにやりをってすわっていたときしゅから悪霊あくれいがサウルにのぞんだので、ダビデはことをひいていたが、

    10 サウルはそのやりをもってダビデをかべとおそうとした。しかしかれはサウルのまえをかわしたので、やりはかべにつきささった。そしてダビデはった。

    11 そのよる、サウルはダビデのいえ使者ししゃたちをつかわして見張みはりをさせ、あさになってかれころさせようとした。しかしダビデのつまミカルはダビデにった、「もし今夜こんやのうちに、あなたが自分じぶんいのちすくわないならば、あすはころされるでしょう」。

    12 そしてミカルがダビデをまどからつりおろしたので、かれった。

    13 ミカルは一つのぞうをとって、寝床ねどこうえよこたえ、そのあたまにやぎのあみをかけ、着物きものをもってそれをおおった。

    14 サウルはダビデをとらえるため使者ししゃたちをつかわしたが、彼女かのじょった、「あのひと病気びょうきです」。

    15 そこでサウルは、ダビデをさせようと使者ししゃたちをつかわしてった、「かれ寝床ねどこのまま、わたしのところれてきなさい。わたしがかれころそう」。

    16 使者ししゃたちがはいってると、寝床ねどこにはぞうよこたえてあって、そのあたまには、やぎのあみがかけてあった。

    17 サウルはミカルにった、「あなたはどうして、このようにわたしをあざむいて、わたしのてきがしたのか」。ミカルはサウルにこたえた、「あのひとはわたしに『がしてくれ。さもないと、おまえをころす』といました」。

    18 ダビデはり、ラマにいるサムエルのもとへって、サウルが自分じぶんにしたすべてのことをかれげた。そしてダビデとサムエルはってナヨテにんだ。

    19 あるひとがサウルに「ダビデはラマのナヨテにいます」とげたので、

    20 サウルは、ダビデをとらえるために、使者ししゃたちをつかわした。かれらは預言者よげんしゃ一群いちぐん預言よげんしていて、サムエルが、そのうちの、かしらとなってっているのをたが、そのときかみれいはサウルの使者ししゃたちにものぞんで、かれらもまた預言よげんした。

    21 サウルは、このことをいて、使者ししゃたちをつかわしたが、かれらもまた預言よげんした。サウルは三たび使者ししゃたちをつかわしたが、かれらもまた預言よげんした。

    22 そこでサウルはみずからラマにき、セクの大井戸おおいどいたときうてった、「サムエルとダビデは、どこにおるか」。ひとりのひとこたえた、「かれらはラマのナヨテにいます」。

    23 そこでサウルはそこからラマのナヨテにったが、かみれいはまたかれにものぞんで、かれはラマのナヨテにくまであるきながら預言よげんした。

    24 そしてかれもまた着物きものいで、おなじようにサムエルのまえ預言よげんし、一にちはだかたおしていた。人々ひとびとが「サウルもまた預言者よげんしゃたちのうちにいるのか」というのはこのためである。