サムエル記上18
    脚注
    Theme

    第18章

    1 ダビデがサウルにかたえたとき、ヨナタンのこころはダビデのこころむすびつき、ヨナタンは自分じぶんいのちのようにダビデをあいした。

    2 この、サウルはダビデをしかかえて、ちちいえかえらせなかった。

    3 ヨナタンとダビデとは契約けいやくむすんだ。ヨナタンが自分じぶんいのちのようにダビデをあいしたからである。

    4 ヨナタンは自分じぶんていた上着うわぎいでダビデにあたえた。また、そのいくさころも、およびつるぎもゆみおびも、そのようにした。

    5 ダビデはどこでもサウルがつかわすところって、てがらをてたので、サウルはかれへい隊長たいちょうとした。それはすべてのたみこころにかない、またサウルの家来けらいたちのこころにもかなった。

    6 人々ひとびとげてきたとき、すなわちダビデが、かのペリシテびとをころしてかえったときおんなたちはイスラエルの町々まちまちからてきて、つづみいわうた三糸みついとことをもって、うたいついつ、サウルおうむかえた。

    7 おんなたちはおどりながらたがいうたいかわした、「サウルは千をころし、ダビデはまんころした」。

    8 サウルは、ひじょうにいかり、この言葉ことばわるくしてった、「ダビデにはまんい、わたしには千とう。このうえかれあたえるものは、くにのほかないではないか」。

    9 サウルは、このからのちダビデをうかがった。

    10 つぎかみから悪霊あくれいがサウルにはげしくのぞんで、サウルがいえなかくるいわめいたので、ダビデは、いつものように、ことをひいた。そのとき、サウルのにやりがあったので、

    11 サウルは「ダビデをかべとおそう」とおもって、そのやりをふりげた。しかしダビデは二をかわしてサウルをけた。

    12 しゅがサウルをはなれて、ダビデとともにおられたので、サウルはダビデをおそれた。

    13 それゆえサウルは、ダビデをとおざけて、千にんちょうとしたので、ダビデはたみさきって出入でいりした。

    14 またダビデは、すべてそのすることに、てがらをてた。しゅともにおられたからである。

    15 サウルはダビデがおおきなてがらをてるのをかれおそれたが、

    16 イスラエルとユダのすべてのひとはダビデをあいした。かれたみさきって出入でいりしたからである。

    17 そのときサウルはダビデにった、「わたしの長女ちょうじょメラブを、あなたにつまとしてあたえよう。ただ、あなたはわたしのためにいさましく、しゅたたかいをたたかいなさい」。サウルは「自分じぶんかれころさないで、ペリシテびとのころそう」とおもったからである。

    18 ダビデはサウルにった、「わたしは何者なにものなのでしょう。わたしの親族しんぞく、わたしのちち一族いちぞくはイスラエルのうちで何者なにものなのでしょう。そのわたしが、どうしておうのむこになることができましょう」。

    19 しかしサウルのむすめメラブは、ダビデにとつぐべきときになって、メホラびとアデリエルにつまとしてあたえられた。

    20 サウルのむすめミカルはダビデをあいした。人々ひとびとがそれをサウルにげたとき、サウルはそのことよろこんだ。

    21 サウルは「ミカルをかれあたえて、かれあざむだてとし、ペリシテびとのかれころそう」とおもったので、サウルはふたたびダビデにった、「あなたを、きょう、わたしのむこにします」。

    22 そしてサウルは家来けらいたちにめいじた、「ひそかにダビデにいなさい、『おうはあなたがり、おう家来けらいたちもみなあなたをあいしています。それゆえおうのむこになりなさい』」。

    23 そこでサウルの家来けらいたちはこの言葉ことばをダビデのみみかたったので、ダビデはった、「わたしのようなまずしく、いやしいものが、おうのむこになることは、あなたがたには、たやすいこととおもわれますか」。

    24 サウルの家来けらいたちはサウルに、「ダビデはこうった」とげた。

    25 サウルはった、「あなたがたはダビデにこういなさい、『おうはなにも結納ゆいのうのぞまれない。ただペリシテびとのようかわ一百をて、おうのあだをつことをのぞまれる』」。これはサウルが、ダビデをペリシテびとのによってたおそうとおもったからである。

    26 サウルの家来けらいたちが、この言葉ことばをダビデにげたとき、ダビデはおうのむこになることをしとした。そしてさだめたがまだこないうちに、

    27 ダビデは従者じゅうしゃをつれて、ってき、ペリシテびと二百にんころして、そのようかわたずさかえり、おうのむこになるために、それをことごとくおうにささげた。そこでサウルはむすめミカルをかれつまとしてあたえた。

    28 しかしサウルはて、しゅがダビデとともにおられること、またイスラエルのすべてのひとがダビデをあいするのをったとき

    29 サウルは、ますますダビデをおそれた。こうしてサウルはえずダビデにてきした。

    30 さてペリシテびとのきみたちがめてきたが、ダビデは、かれらがめてくるごとに、サウルのどの家来けらいよりもおおくのてがらをてたので、そのはひじょうに尊敬そんけいされた。