列王紀上16
戻る 次へ

第16章

1 そこでしゅ言葉ことばがハナニのエヒウにのぞみ、バアシャをめてった、

2 「わたしはあなたをちりのなかからあげて、わたしのたみイスラエルのうえきみとしたが、あなたはヤラベアムのみちあゆみ、わたしのたみイスラエルにつみおかさせ、そのつみをもってわたしをいからせた。

3 それでわたしは、バアシャとそのいえまったほろぼしり、あなたのいえをネバテのヤラベアムのいえのようにする。

4 バアシャにぞくするもので、まちものいぬべ、かれぞくするもので、ものそらとりべるであろう」。

5 バアシャのその事績じせきと、かれがしたことと、その勲功くんこうとは、イスラエルのおう歴代志れきだいししょにしるされているではないか。

6 バアシャはその先祖せんぞともねむって、テルザにほうむられ、そのエラがかわっておうとなった。

7 しゅ言葉ことばはまたハナニの預言者よげんしゃエヒウによってのぞみ、バアシャとそのいえめた。これはかれしゅまえに、もろもろのあくおこない、そののわざをもってしゅいからせ、ヤラベアムのいえにならったためであり、またかれがヤラベアムのいえほろぼしたためであった。

8 ユダのおうアサのだい二十六ねんにバアシャのエラはテルザでイスラエルのおうとなり、二ねんおさめた。

9 かれがテルザにいて、テルザの宮殿きゅうでんのつかさアルザのいえさけんでったとき、その家来けらい戦車せんしゃたいなかばを指揮しきしていたジムリが、かれにそむいた。

10 そしてユダのおうアサのだい二十七ねんにジムリは、はいってきてかれころし、かれかわっておうとなった。

11 ジムリはおうとなって、くらいについたとき、バアシャの全家ぜんかころし、その親族しんぞくまたはともだちの男子だんしは、ひとりものこさなかった。

12 こうしてジムリはバアシャの全家ぜんかほろぼした。しゅ預言者よげんしゃエヒウによってバアシャをめてわれた言葉ことばのとおりである。

13 これはバアシャのもろもろのつみと、そのエラのつみのためであって、かれらがつみおかし、またイスラエルにつみおかさせ、かれらの偶像ぐうぞうをもってイスラエルのかみしゅいからせたからである。

14 エラのその事績じせきと、かれがしたすべてのことは、イスラエルのおう歴代志れきだいししょにしるされているではないか。

15 ユダのおうアサのだい二十七ねんにジムリはテルザで七日なぬかあいだおさめた。たみはペリシテびとにぞくするギベトンにむかって陣取じんどっていたが、

16 その陣取じんどっていたたみが「ジムリはむほんをおこしておうころした」とひとのいうのをいたので、イスラエルはみなその陣営じんえいで、ぐんちょうオムリをイスラエルのおうとした。

17 そこでオムリはイスラエルの人々ひとびとともにギベトンからのぼってテルザをかこんだ。

18 ジムリはそのまちおちいるのをて、おう宮殿きゅうでん天守てんしゅにはいり、おう宮殿きゅうでんをかけてそのなかんだ。

19 これはかれおかしたつみのためであって、かれしゅまえあくおこない、ヤラベアムのみちあゆみ、ヤラベアムがイスラエルにおかさせたそのつみおこなったからである。

20 ジムリのその事績じせきと、かれくわだてた陰謀いんぼうは、イスラエルのおう歴代志れきだいししょにしるされているではないか。

21 そのときイスラエルのたみは二つにわかれ、たみなかばはギナテのテブニにしたがって、これをおうとしようとし、なかばはオムリにしたがった。

22 しかしオムリにしたがったたみはギナテのテブニにしたがったたみって、テブニはに、オムリがおうとなった。

23 ユダのおうアサのだい三十一ねんにオムリはイスラエルのおうとなって十二ねんおさめた。かれはテルザで六ねんおうであった。

24 かれぎん二タラントでセメルからサマリヤのやまい、そのうえまちて、そのてたまちをそのやまぬしであったセメルのしたがってサマリヤとんだ。

25 オムリはしゅまえあくおこない、かれよりもさきにいたすべてのものにまさってわることをした。

26 かれはネバテのヤラベアムのすべてのみちあゆみ、ヤラベアムがイスラエルにつみおかさせ、かれらの偶像ぐうぞうをもってイスラエルのかみしゅいからせたそのつみおこなった。

27 オムリがったその事績じせきと、かれがあらわした勲功くんこうとは、イスラエルのおう歴代志れきだいししょにしるされているではないか。

28 オムリはその先祖せんぞともねむって、サマリヤにほうむられ、そのアハブがかわっておうとなった。

29 ユダのおうアサのだい三十八ねんにオムリのアハブがイスラエルのおうとなった。オムリのアハブはサマリヤで二十二ねんイスラエルをおさめた。

30 オムリのアハブはかれよりもさきにいたすべてのものにまさって、しゅまえあくおこなった。

31 かれはネバテのヤラベアムのつみおこなうことを、かることとし、シドンびとのおうエテバアルのむすめイゼベルをつまにめとり、ってバアルにつかえ、これをおがんだ。

32 かれはサマリヤにてたバアルのみやに、バアルのために祭壇さいだんきずいた。

33 アハブはまたアシラぞうつくった。アハブはかれよりもさきにいたイスラエルのすべてのおうにまさってイスラエルのかみしゅいからせることをおこなった。

34 かれにベテルびとヒエルはエリコをてた。かれはそのもといをすえるとき長子ちょうしアビラムをうしない、そのもんてるときすえセグブをうしなった。しゅがヌンのヨシュアによってわれた言葉ことばのとおりである。