列王紀上1
    脚注
    Theme

    列王紀れつおうきじょう

    第1章

    1 ダビデおうとしがすすんでい、夜着よぎせてもあたたまらなかったので、

    2 その家来けらいたちはかれった、「おうわがしゅのために、ひとりのわかいおとめをさがもとめておうにはべらせ、おう付添つきそいとし、あなたのふところにて、おうわがしゅあたためさせましょう」。

    3 そしてかれらはあまねくイスラエルの領土りょうどうつくしいおとめをさがもとめて、シュナミびとアビシャグをおうのもとにれてきた。

    4 おとめは非常ひじょううつくしく、おう付添つきそいとなっておうつかえたが、おう彼女かのじょることがなかった。

    5 さてハギテのアドニヤはたかぶって、「わたしはおうとなろう」とい、自分じぶんのために戦車せんしゃ騎兵きへいおよび自分じぶんまえけるもの五十にんそなえた。

    6 かれちちかれうまれてこのかた一も「なぜ、そのようなことをするのか」とってかれをたしなめたことがなかった。アドニヤもまた非常ひじょう姿すがたひとであって、アブサロムのつぎうまれたものである。

    7 かれがゼルヤのヨアブと祭司さいしアビヤタルとに相談そうだんしたので、かれらはアドニヤにしたがってかれたすけた。

    8 しかし祭司さいしザドクと、エホヤダのベナヤと、預言者よげんしゃナタンおよびシメイとレイ、ならびにダビデの勇士ゆうしたちはアドニヤにしたがわなかった。

    9 アドニヤはエンロゲルのほとりにある「へびのいし」のかたわらで、ひつじうしえた家畜かちくをほふって、おうである自分じぶん兄弟きょうだいたち、およびおう家来けらいであるユダの人々ひとびとをことごとくまねいた。

    10 しかし預言者よげんしゃナタンと、ベナヤと、勇士ゆうしたちと、自分じぶん兄弟きょうだいソロモンとはまねかなかった。

    11 ときにナタンはソロモンのははバテシバにった、「ハギテのアドニヤがおうとなったのをおきになりませんでしたか。われわれのしゅダビデはそれをごぞんじないのです。

    12 それでいま、あなたにはかりごとをさづけて、あなたのいのちと、あなたのソロモンのいのちすくうようにいたしましょう。

    13 あなたはすぐダビデおうのところへって、『おうわがしゅよ、あなたは、はしためにちかって、おまえのソロモンが、わたしにいでおうとなり、わたしのくらいするであろうとわれたではありませんか。そうであるのに、どうしてアドニヤがおうとなったのですか』といなさい。

    14 あなたがなおおうはなしておられるあいだに、わたしもまた、あなたのあとから、はいってって、あなたの言葉ことば確認かくにんしましょう」。

    15 そこでバテシバは寝室しんしつにはいっておうところった。(おう非常ひじょういて、シュナミびとアビシャグがおうつかえていた)。

    16 バテシバはをかがめておうはいした。おうった、「なにようか」。

    17 彼女かのじょおうった、「わがしゅよ、あなたは、あなたのかみしゅをさして、はしためにちかい、『おまえのソロモンがわたしにいでおうとなり、わたしのくらいするであろう』とわれました。

    18 そうであるのに、ごらんなさい、いまアドニヤがおうとなりました。おうわがしゅよ、あなたはそれをごぞんじないのです。

    19 かれうしえた家畜かちくひつじをたくさんほふって、おうたち、および祭司さいしアビヤタルと、ぐんちょうヨアブをまねきましたが、あなたのしもべソロモンはまねきませんでした。

    20 おうわがしゅよ、イスラエルのすべてのはあなたにそそがれ、だれがあなたにいで、おうわがしゅくらいすべきかをげられるのをのぞんでいます。

    21 おうわがしゅ先祖せんぞともねむられるとき、わたしと、わたしのソロモンは謀叛むほんひととみなされるでしょう」。

    22 バテシバがなおおうはなしているうちに、預言者よげんしゃナタンがはいってきた。

    23 人々ひとびとおうげて、「預言者よげんしゃナタンがここにおります」とった。かれおうまえにはいり、しておうはいした。

    24 そしてナタンはった、「おうわがしゅよ、あなたは、『アドニヤがわたしにいでおうとなり、わたしのくらいするであろう』とおおせられましたか。

    25 かれはきょうくだっていって、うしと、えた家畜かちくひつじをたくさんほふって、おうたちと、ぐんちょうヨアブと、祭司さいしアビヤタルをまねきました。かれらはアドニヤのまえみして、『アドニヤ万歳ばんざい』といました。

    26 しかし、あなたのしもべであるわたしと、祭司さいしザドクと、エホヤダのベナヤと、あなたのしもべソロモンをまねきませんでした。

    27 このことおうわがしゅがさせられたことですか。あなたはしもべたちに、だれがあなたにいでおうわがしゅくらいすべきかをげられませんでした」。

    28 ダビデおうこたえてった、「バテシバをわたしのところにびなさい」。彼女かのじょおうまえにはいってきて、おうまえった。

    29 するとおうちかってった、「わたしのいのちをすべての苦難くなんからすくわれたしゅきておられる。

    30 わたしがイスラエルのかみしゅをさしてあなたにちかい、『あなたのソロモンがわたしにいでおうとなり、わたしにかわって、わたしのくらいするであろう』とったように、わたしはきょう、そのようにしよう」。

    31 そこでバテシバはをかがめ、しておうはいし、「わがしゅダビデおうが、とこしえにきながらえられますように」とった。

    32 ダビデはった、「祭司さいしザドクと、預言者よげんしゃナタンおよびエホヤダのベナヤをわたしのところびなさい」。やがてかれらはおうまえにきた。

    33 おうかれらにった、「あなたがたの主君しゅくん家来けらいたちをれ、わがソロモンをわたしの騾馬らばせ、かれみちびいてギホンにくだり、

    34 そのところ祭司さいしザドクと預言者よげんしゃナタンはかれあぶらそそいでイスラエルのおうとしなさい。そしてラッパをいて、『ソロモンおう万歳ばんざい』といなさい。

    35 それから、あなたがたはかれしたがってのぼってきなさい。かれはきて、わたしのくらいし、わたしにかわっておうとなるであろう。わたしはかれててイスラエルとユダのうえ主君しゅくんとする」。

    36 エホヤダのベナヤはおうこたえてった、「アァメン、ねがわくは、おうわが主君しゅくんかみしゅもまたそうおおせられますように。

    37 ねがわくは、しゅおうわが主君しゅくんともにおられたように、ソロモンとともにおられて、そのくらいをわが主君しゅくんダビデおうくらいよりもおおきくせられますように」。

    38 そこで祭司さいしザドクと預言者よげんしゃナタンおよびエホヤダのベナヤ、ならびにケレテびとと、ペレテびとはくだってって、ソロモンをダビデおう騾馬らばせ、かれをギホンにみちびいてった。

    39 祭司さいしザドクは幕屋まくやからあぶらつのってきて、ソロモンにあぶらそそいだ。そしてラッパをらし、たみみな「ソロモンおう万歳ばんざい」とった。

    40 たみはみなかれしたがってのぼり、ふえいておおいによろこいわった。かれらのこえけるばかりであった。

    41 アドニヤおよびかれともにいたきゃくたちはみな食事しょくじおわったとき、これをいた。ヨアブはラッパのおといてった、「まちなかのあのさわぎはなにか」。

    42 かれ言葉ことばのなおおわらないうちに、そこへ祭司さいしアビヤタルのヨナタンがきたので、アドニヤはかれった、「はいりなさい。あなたは勇敢ゆうかんひとで、よいらせをってきたのでしょう」。

    43 ヨナタンはこたえてアドニヤにった、「いいえ、主君しゅくんダビデおうはソロモンをおうとせられました。

    44 おう祭司さいしザドクと預言者よげんしゃナタンおよびエホヤダのベナヤ、ならびにケレテびとと、ペレテびとをソロモンとともにつかわされたので、かれらはソロモンをおう騾馬らばせてき、

    45 祭司さいしザドクと預言者よげんしゃナタンはギホンでかれあぶらそそいでおうとしました。そしてかれらがそこからよろこんでのぼってるので、まちさわがしいのです。あなたがいたこえはそれなのです。

    46 こうしてソロモンはおうくらいし、

    47 かつおう家来けらいたちがきて、主君しゅくんダビデおういわいをべて、『ねがわくは、あなたのかみがソロモンのをあなたのよりもたかくし、かれくらいをあなたのくらいよりもおおきくされますように』といました。そしておうゆかうえはいされました。

    48 おうはまたこうわれました、『イスラエルのかみしゅはほむべきかな。しゅはきょう、わたしのくらいするひとりのあたえて、これをわたしにせてくださった』と」。

    49 そのときアドニヤとともにいたきゃくはみなおどろき、っておのおの自分じぶんみちってった。

    50 そしてアドニヤはソロモンをおそれ、ってって祭壇さいだんつのをつかんだ。

    51 あるひとがこれをソロモンにげてった、「アドニヤはソロモンをおそれ、いまかれ祭壇さいだんつのをつかんで、『どうぞ、ソロモンおうがきょう、つるぎをもってしもべをころさないとわたしにちかってくださるように』とっています」。

    52 ソロモンはった、「もしかれがよいひととなるならば、そのかみひとすじもちることはなかろう。しかしかれのうちにあくのあることがわかるならば、かれななければならない」。

    53 ソロモンはひとをつかわしてかれ祭壇さいだんからつれてくだらせた。かれがきてソロモンをはいしたので、ソロモンはかれに「いえかえりなさい」とった。