歴代志上9
戻る 次へ

第9章

1 このようにすべてのイスラエルびとは系図けいずによってかぞえられた。これらはイスラエルの列王紀れつおうきにしるされている。ユダはその不信ふしんのゆえにバビロンに捕囚ほしゅうとなった。

2 その領地りょうち町々まちまち最初さいしょんだものはイスラエルびと、祭司さいし、レビびとおよびみやつかえるしもべたちであった。

3 またエルサレムにはユダの子孫しそん、ベニヤミンの子孫しそんおよびエフライムとマナセの子孫しそんんでいた。

4 すなわちユダのペレヅの子孫しそんのうちではアミホデのウタイ。アミホデはオムリの、オムリはイムリの、イムリはバニのである。

5 シロびとのうちでは長子ちょうしアサヤとそのほかのたち。

6 ゼラの子孫しそんのうちではユエルとその兄弟きょうだい六百九十にん

7 ベニヤミンの子孫しそんのうちではハセヌアのホダビヤのであるメシュラムのサル、

8 エロハムのイブニヤ、ミクリのであるウジのエラおよびイブニヤのリウエルのであるシパテヤのメシュラム、

9 ならびにかれらの兄弟きょうだいたちで、その系図けいずによればわせて九百五十六にん。これらの人々ひとびとみなその氏族しぞくちょうであった。

10 祭司さいしのうちではエダヤ、ヨアリブ、ヤキン、

11 およびヒルキヤのアザリヤ、ヒルキヤはメシュラムの、メシュラムはザドクの、ザドクはメラヨテの、メラヨテはアヒトブのである。アザリヤはかみみやのつかさである。

12 またエロハムのアダヤ、エロハムはパシュルの、パシュルはマルキヤのである。またアデエルのはマアセヤ、アデエルはヤゼラの、ヤゼラはメシュラムの、メシュラムはメシレモテの、メシレモテはインメルのである。

13 そのほかにかれらの兄弟きょうだいたちもあった。これらはその氏族しぞくちょうで、わせて一千七百六十にん、みなかみみやつとめをするのに、はなはだちからのある人々ひとびとであった。

14 レビびとのうちではハシュブのシマヤ、ハシュブはアズリカムの、アズリカムはハシャビヤので、これらはメラリの子孫しそんである。

15 またバクバッカル、ヘレシ、ガラル、およびアサフのジクリのであるミカのマッタニヤ、

16 ならびにエドトンのガラルのであるシマヤのオバデヤおよびエルカナのであるアサのベレキヤ、エルカナはネトパびとの村里むらざとんだものである。

17 もんまもるものはシャルム、アックブ、タルモン、アヒマンおよびその兄弟きょうだいたちで、シャルムはそのちょうであった。

18 かれ今日こんにちまでひがしほうにあるおうもんまもっている。これらはレビの子孫しそんで営のもんまもものである。

19 コラのエビヤサフのであるコレのシャルムおよびその氏族しぞく兄弟きょうだいたちなどのコラびとは幕屋まくやのもろもろのもんまもつとめをつかさどった。その先祖せんぞたちはしゅえいをつかさどり、その入口いりぐちまもものであった。

20 エレアザルのピネハスが、むかしかれらのつかさであった。しゅかれとともにおられた。

21 メシレミヤのゼカリヤは会見かいけん幕屋まくやもんまもものであった。

22 これらはみなえらばれてもんまももので、わせて二百十二にんあった。かれらはその村々むらむら系図けいずによってかぞえられたもので、ダビデと先見者せんけんしゃサムエルがかれらをしょくにんじたのである。

23 こうしてかれらとその子孫しそん監守かんしゅにんとして、しゅいえである幕屋まくやいえもんをつかさどった。

24 もんまももの東西とうざい南北なんぼく四方しほうにいた。

25 またその村々むらむらにいる兄弟きょうだいたちは七日なぬかごとにかわり、かれらをたすけた。

26 もんまもものちょうである四にんのレビびとはかみいえのもろもろのしつたからとをつかさどった。

27 かれらはかみいえまもであるから、そのまわりに宿やどった。そしてあさごとにこれをひらくことをした。

28 そのうちにつとめうつわをつかさどるものがあった。かれらはそのかず調しらべてたずさはいり、またそのかず調しらべてたずさした。

29 またそのほかのひん、すべてのせいなるうつわおよび麦粉むぎこ、ぶどうしゅあぶら乳香にゅうこう香料こうりょうをつかさどるものがあった。

30 また祭司さいしのともがらのうちに香料こうりょうぜるものがあった。

31 コラびとシャルムの長子ちょうしでレビびとのひとりであるマタテヤはせんべいをつくつとめをつかさどった。

32 またコハテびとの子孫しそんであるその兄弟きょうだいたちのうちにそなえのパンをつかさどって、安息日あんそくにちごとにこれをととのえるものどもがあった。

33 レビびとの氏族しぞくちょうであるこれらのものうたうたうものであって、みやのもろもろのしつみ、ほかのつとめはしなかった。かれらは日夜にちや自分じぶんつとめしたがったからである。

34 これらはレビびとの歴代れきだい氏族しぞくちょうであって、かしらたる人々ひとびとであった。かれらはエルサレムにんだ。

35 ギベオンのちちエヒエルはギベオンにんでいた。そのつまはマアカといった。

36 かれ長子ちょうしはアブドン、つぎはツル、キシ、バアル、ネル、ナダブ、

37 ゲドル、アヒオ、ゼカリヤ、ミクロテである。

38 ミクロテはシメアムをんだ。かれらもその兄弟きょうだいたちとともにエルサレムにんで、その兄弟きょうだいたちとかいあっていた。

39 ネルはキシをみ、キシはサウルをみ、サウルはヨナタン、マルキシュア、アビナダブ、エシバアルをんだ。

40 ヨナタンのはメリバアルで、メリバアルはミカをんだ。

41 ミカのらはピトン、メレク、タレアおよびアハズである。

42 アハズはヤラをみ、ヤラはアレメテ、アズマウテおよびジムリをみ、ジムリはモザをみ、

43 モザはビネアをんだ。ビネアのはレパヤ、そのはエレアサ、そのはアゼルである。

44 アゼルに六にんおとこがあった。そのはアズリカム、ボケル、イシマエル、シャリヤ、オバデヤ、ハナン。これらはみなアゼルのらであった。