歴代志上5
    脚注
    Theme

    第5章

    1 イスラエルの長子ちょうしルベンのらはつぎのとおりである。——ルベンは長子ちょうしであったがちちとこけがしたので、長子ちょうしけんはイスラエルのヨセフのらにあたえられた。それで長子ちょうしけんによる系図けいずにしるされていない。

    2 またユダは兄弟きょうだいたちにまさるものとなり、そのなかからくんたるものがでたが長子ちょうしけんはヨセフのものとなったのである。——

    3 すなわちイスラエルの長子ちょうしルベンのらはハノク、パル、ヘヅロン、カルミ。

    4 ヨエルのらはそのはシマヤ、そのはゴグ、そのはシメイ、

    5 そのはミカ、そのはレアヤ、そのはバアル、

    6 そのはベエラである。このベエラはアッスリヤのおうテルガテ・ピルネセルがとらうつしたものである。かれはルベンびとのつかさであった。

    7 かれ兄弟きょうだいたちは、その氏族しぞくにより、その歴代れきだい系図けいずによれば、かしらエイエルおよびゼカリヤ、

    8 ベラなどである。ベラはアザズの、シマのまご、ヨエルのひこである。かれはアロエルにみ、ネボおよびバアル・メオンまでおよんでいたが、

    9 ギレアデのかれ家畜かちくがふえしたので、かれひがしほうユフラテかわのこなたの荒野あらの入口いりぐちにまでんだ。

    10 またサウルのときかれらはハガルびととたたかって、これをたおし、ギレアデのひがし全部ぜんぶにわたってかれらの天幕てんまくんだ。

    11 ガドの子孫しそんはこれと相対あいたいしてバシャンのみ、サルカまでおよんでいた。

    12 そのかしらはヨエル、つぎはシャパム、ヤアナイ、シャパテで、ともにバシャンにんだ。

    13 かれらの兄弟きょうだいたちは、その氏族しぞくによればミカエル、メシュラム、シバ、ヨライ、ヤカン、ジア、エベルの七にんである。

    14 これらはホリのアビハイルのらである。ホリはヤロアの、ヤロアはギレアデの、ギレアデはミカエルの、ミカエルはエシサイの、エシサイはヤドの、ヤドはブズのである。

    15 アヒはアブデルの、アブデルはグニの、グニはその氏族しぞくちょうである。

    16 かれらはギレアデとバシャンとその村里むらざととシャロンのすべての放牧ほうぼくんで、その四方しほうさかいにまでおよんでいた。

    17 これらはみなユダのおうヨタムのとイスラエルのおうヤラベアムの系図けいずにのせられた。

    18 ルベンびとと、ガドびとと、マナセのはん部族ぶぞくにはたたかいうるもの四万四千七百六十にんあり、みな勇士ゆうしで、たてとつるぎをとり、ゆみをひき、たたかいにたくみな人々ひとびとであった。

    19 かれらはハガルびとおよびエトル、ネフシ、ノダブなどとたたかったが、

    20 たすけをてこれをめたので、ハガルびとおよびこれとともにいたものみなかれらのにわたされた。これはかれらがたたかいにあたってかみばわり、かみたよんだのでかみはそのねがいをかれたからである。

    21 かれらはその家畜かちくうばったが、らくだ五万、ひつじ二十五万、ろば二千あり、またひとじゅうまんにんあった。

    22 これはそのたたかいがかみによったので、おおくのものころされてたおれたからである。そしてかれらはとらうつされるときまで、これにかわってそのところんだ。

    23 マナセのはん部族ぶぞく人々ひとびとはこのみ、ふえひろがって、ついにバシャンからバアル・ヘルモン、セニルおよびヘルモンやまにまでおよんだ。

    24 その氏族しぞくちょうたちはつぎのとおりである。すなわち、エペル、イシ、エリエル、アズリエル、エレミヤ、ホダヤ、ヤデエル。これらはみなその氏族しぞくちょう名高なだかだい勇士ゆうしであった。

    25 かれらは先祖せんぞたちのかみにむかってつみおかし、かみが、かつてかれらのまえからほろぼされたくにたみ神々かみがみしたって、これと姦淫かんいんしたので、

    26 イスラエルのかみは、アッスリヤのおうプルのこころふるおこし、またアッスリヤのおうテルガテ・ピルネセルのこころふるおこされたので、かれはついにルベンびとと、ガドびとと、マナセのはん部族ぶぞくとらえてき、ハウラとハボルとハラとゴザンかわのほとりにうつして今日こんにちいたっている。