歴代志上2
    脚注
    Theme

    第2章

    1 イスラエルのらはつぎのとおりである。ルベン、シメオン、レビ、ユダ、イッサカル、ゼブルン、

    2 ダン、ヨセフ、ベニヤミン、ナフタリ、ガド、アセル。

    3 ユダのらはエル、オナン、シラである。この三にんはカナンのおんなバテシュアがユダによってんだものである。ユダの長子ちょうしエルはしゅまえあくおこなったので、しゅかれころされた。

    4 ユダのよめタマルはユダによってペレヅとゼラをんだ。ユダのらはわせて五にんである。

    5 ペレヅのらはヘヅロンとハムル。

    6 ゼラのらはジムリ、エタン、ヘマン、カルコル、ダラで、わせて五にんである。

    7 カルミのはアカル。アカルは奉納物ほうのうぶつについてつみおかし、イスラエルをなやましたものである。

    8 エタンのはアザリヤである。

    9 ヘヅロンにうまれたらはエラメル、ラム、ケルバイである。

    10 ラムはアミナダブをみ、アミナダブはユダの子孫しそんのつかさナションをんだ。

    11 ナションはサルマをみ、サルマはボアズをみ、

    12 ボアズはオベデをみ、オベデはエッサイをんだ。

    13 エッサイは長子ちょうしエリアブ、つぎにアビナダブ、だい三にシメア、

    14 だい四にネタンエル、だい五にラダイ、

    15 だい六にオゼム、だい七にダビデをんだ。

    16 かれらの姉妹しまいはゼルヤとアビガイルである。ゼルヤのんだはアビシャイ、ヨアブ、アサヘルの三にんである。

    17 アビガイルはアマサをんだ。アマサのちちはイシマエルびとエテルである。

    18 ヘヅロンのカレブはそのつまアズバおよびエリオテによってをもうけた。そのらはエシル、ショバブ、アルドンである。

    19 カレブはアズバがんだのでエフラタをめとった。エフラタはカレブによってホルをんだ。

    20 ホルはウリをみ、ウリはベザレルをんだ。

    21 そののちヘヅロンはギレアデのちちマキルのむすめところにはいった。かれ彼女かのじょをめとったときは六十さいであった。彼女かのじょはヘヅロンによってセグブをんだ。

    22 セグブはヤイルをんだ。ヤイルはギレアデのに二十三のまちをもっていた。

    23 しかしゲシュルとアラムはかれらからハボテ・ヤイルおよびケナテとその村里むらざとなどわせて六十のまちった。これらはみなギレアデのちちマキルの子孫しそんであった。

    24 ヘヅロンがんだのち、カレブはちちヘヅロンのつまエフラタのところにはいった。彼女かのじょかれにテコアのちちアシュルをんだ。

    25 ヘヅロンの長子ちょうしエラメルのらは長子ちょうしラム、つぎはブナ、オレン、オゼム、アヒヤである。

    26 エラメルはまたほかのつまをもっていた。をアタラといって、オナムのははである。

    27 エラメルの長子ちょうしラムのらはマアツ、ヤミン、エケルである。

    28 オナムのらはシャンマイとヤダである。シャンマイのらはナダブとアビシュルである。

    29 アビシュルのつまはアビハイルといって、アバンとモリデをんだ。

    30 ナダブのらはセレデとアッパイムである。セレデはをもたずにんだ。

    31 アッパイムのはイシ、イシのはセシャン、セシャンのはアヘライである。

    32 シャンマイの兄弟きょうだいヤダのらはエテルとヨナタンである。エテルはをもたずにんだ。

    33 ヨナタンのらはペレテとザザである。以上いじょうはエラメルの子孫しそんである。

    34 セシャンにはおとこはなく、ただおんなのみであったが、かれはヤルハとぶエジプトびとの奴隷どれいをもっていたので、

    35 セシャンはむすめ奴隷どれいヤルハにあたえてそのつまとさせた。彼女かのじょはヤルハによってアッタイをんだ。

    36 アッタイはナタンをみ、ナタンはザバデをみ、

    37 ザバデはエフラルをみ、エフラルはオベデをみ、

    38 オベデはエヒウをみ、エヒウはアザリヤをみ、

    39 アザリヤはヘレヅをみ、ヘレヅはエレアサをみ、

    40 エレアサはシスマイをみ、シスマイはシャルムをみ、

    41 シャルムはエカミヤをみ、エカミヤはエリシャマをんだ。

    42 エラメルの兄弟きょうだいであるカレブのらは長子ちょうしをマレシャといってジフのちちである。マレシャのはヘブロン。

    43 ヘブロンのらはコラ、タップア、レケム、シマである。

    44 シマはラハムをんだ。ラハムはヨルカムのちちである。またレケムはシャンマイをんだ。

    45 シャンマイのはマオン。マオンはベテヅルのちちである。

    46 カレブのそばめエパはハラン、モザ、ガゼズをんだ。ハランはガゼズをんだ。

    47 エダイのらはレゲム、ヨタム、ゲシャン、ペレテ、エパ、シャフである。

    48 カレブのそばめマアカはシベルとテルハナをみ、

    49 またマデマンナのちちシャフおよびマクベナとギベアのちちシワをんだ。カレブのむすめはアクサである。

    50 これらはカレブの子孫しそんであった。エフラタの長子ちょうしホルのらはキリアテ・ヤリムのちちショバル、

    51 ベツレヘムのちちサルマおよびベテガデルのちちハレフである。

    52 キリアテ・ヤリムのちちショバルらはハロエとメヌコテびとのなかばである。

    53 キリアテ・ヤリムの氏族しぞくはイテルびと、プテびと、シュマびと、ミシラびとであって、これらからザレアびとおよびエシタオルびとがた。

    54 サルマのらはベツレヘム、ネトパびと、アタロテ・ベテ・ヨアブ、マナハテびとのなかばおよびゾリびとである。

    55 またヤベヅにんでいた書記しょき氏族しぞくテラテびと、シメアテびと、スカテびとである。これらはケニびとであってレカブのいえ先祖せんぞハマテからものである。