歴代志上一六
    脚注

    第一六章

    人々ひとびとかみはこをかきれて、ダビデがそのためにった幕屋まくやのうちにき、そして燔祭はんさい酬恩祭しゅうおんさいかみまえにささげた。

    ダビデは燔祭はんさい酬恩祭しゅうおんさいをささげえたとき、しゅをもってたみ祝福しゅくふくし、

    イスラエルの人々ひとびとおとこにもおんなにもおのおのパン一つ、にくれ、ほしぶどう一かたまりをあたえた。

    ダビデはまたレビびとのうちからしゅはこまえつかえるものてて、イスラエルのかみしゅをあがめ、感謝かんしゃし、ほめたたえさせた。

    楽長がくちょうはアサフ、そのつぎはゼカリヤ、エイエル、セミラモテ、エヒエル、マッタテヤ、エリアブ、ベナヤ、オベデ・エドム、エイエルで、かれらは立琴たてごとことだんじ、アサフはシンバルをらし、

    祭司さいしベナヤとヤハジエルはかみ契約けいやくはこまえでつねにラッパをいた。

    そのダビデははじめてアサフとかれ兄弟きょうだいたちをてて、しゅ感謝かんしゃをささげさせた。

    しゅ感謝かんしゃし、そのみび、そのみわざをもろもろのたみなからせよ。

    しゅにむかってうたえ、しゅをほめうたえ。そのもろもろのくすしきみわざをかたれ。

    一〇 そのせいなるみほこれ。どうかしゅもとめるものこころよろこぶように。

    一一 しゅとそのみちからとをもとめよ。つねにそのみかおをたずねよ。

    一二、一三 そのしもべアブラハムのすえよ、そのえらばれたヤコブのらよ。しゅのなされたくすしきみわざと、その奇跡きせきと、そのみくちのさばきとをこころにとめよ。

    一四 かれはわれわれのかみしゅにいます。そのさばきはぜんにある。

    一五 しゅはとこしえにその契約けいやくをみこころにとめられる。これはよろずよにめいじられたみ言葉ことばであって、

    一六 アブラハムとむすばれた契約けいやく、イサクにちかわれた約束やくそくである。

    一七 しゅはこれをかたててヤコブのためにさだめとし、イスラエルのためにとこしえの契約けいやくとして、

    一八 われた、「あなたにカナンのあたえて、あなたがたのけるぎょうまえとする」と。

    一九 そのときかれらのかずすくなくて、かぞえるにらず、かのくにたびびととなり、

    二〇 くにからくにき、このくにからほかのたみった。

    二一 しゅひとかれらをしえたげるのをゆるされず、かれらのためにおうたちをこらしめて、

    二二 われた、「わがあぶらそそがれたものたちにさわってはならない。わが預言者よげんしゃたちにがいくわえてはならない」と。

    二三 ぜんよ、しゅかってうたえ。ごとにそのすくいつたえよ。

    二四 もろもろのくになかにその栄光えいこうをあらわし、もろもろのたみなかにくすしきみわざをあらわせ。

    二五 しゅおおいなるかたにいまして、いとほめたたうべきもの、もろもろのかみにまさって、おそるべきものだからである。

    二六 もろもろのたみのすべてのかみはむなしい。しかししゅてんつくられた。

    二七 ほまれ威厳いげんとはそのみまえにあり、ちからよろこびとはその聖所せいじょにある。

    二八 もろもろのたみのやからよ、しゅせよ、栄光えいこうちからとをしゅせよ。

    二九 そのみにふさわしい栄光えいこうしゅせよ。そなものたずさえてしゅのみまえにきたれ。せいなるよそおいをしてしゅおがめ。

    三〇 ぜんよ、そのみまえにおののけ。世界せかいかたって、うごかされることはない。

    三一 てんよろこび、はたのしみ、もろもろの国民くにたみなかえ、「しゅおうであられる」と。

    三二 うみとそのなかつるものとはりどよめき、田畑たはたとそのなかのすべてのものよろこべ。

    三三 そのときはやしのもろもろのしゅのみまえよろこうたう。しゅをさばくためにこられるからである。

    三四 しゅ感謝かんしゃせよ、しゅめぐみふかく、そのいつくしみはとこしえにえることがない。

    三五 またえ、「われわれのすくいかみよ、われわれをすくい、もろもろの国民くにたみなかからわれわれをあつめておすくいください。そうすればあなたのせいなるみ感謝かんしゃし、あなたのほまれほこるでしょう。

    三六 イスラエルのかみしゅは、とこしえからとこしえまでほむべきかな」と。そのときすべてのたみは「アァメン」とってしゅをほめたたえた。

    三七 ダビデはアサフとその兄弟きょうだいたちをしゅ契約けいやくはこまえにとめおいて、つねはこまえつかえ、日々ひびのわざをおこなわせた。

    三八 オベデ・エドムとその兄弟きょうだいたちはわせて六十八にんである。またエドトンのオベデ・エドムおよびホサは門守かどもりであった。

    三九 祭司さいしザドクとその兄弟きょうだいである祭司さいしたちはギベオンにあるたかところしゅ幕屋まくやまえつかえ、

    四〇 しゅがイスラエルにめいじられた律法りっぽうにしるされたすべてのことにしたがって燔祭はんさいだんうえ朝夕あさゆうたえず燔祭はんさいしゅにささげた。

    四一 またかれらとともにヘマン、エドトンおよびほかのえらばれてをしるされたものどもがいて、しゅのいつくしみの世々よよかぎりなきことについてしゅ感謝かんしゃした。

    四二 すなわちヘマンおよびエドトンはかれらとともにいて、ラッパ、シンバルおよびその聖歌せいかのための楽器がっきをとって音楽おんがくそうし、エドトンのらはもんまもった。

    四三 こうしてたみみなおのおのいえかえり、ダビデはその家族かぞく祝福しゅくふくするためにかえってった。