テトスヘの手紙2
    脚注
    Theme

    第2章

    1 しかし、あなたは、健全けんぜんおしえにかなうことをかたりなさい。

    2 老人ろうじんたちにはみずからをせいし、謹厳きんげんで、つつしふかくし、また、信仰しんこうあい忍耐にんたいとにおいて健全けんぜんであるようにすすめ、

    3 年老としおいたおんなたちにも、おなじように、たちふるまいをうやうやしくし、ひとをそしったり大酒たいしゅ奴隷どれいになったりせず、いことをおしえるものとなるように、すすめなさい。

    4 そうすれば、彼女かのじょたちは、わかおんなたちに、おっとあいし、子供こどもあいし、

    5 つつしふかく、純潔じゅんけつで、家事かじつとめ、善良ぜんりょうで、自分じぶんおっと従順じゅうじゅんであるようにおしえることになり、したがって、かみことばがそしりをけないようになるであろう。

    6 わかおとこにも、おなじく、万事ばんじにつけつつしぶかくあるように、すすめなさい。

    7 あなた自身じしんいわざの模範もはんとしてしめし、ひとおしえる場合ばあいには、清廉せいれん謹厳きんげんとをもってし、

    8 非難ひなんのない健全けんぜん言葉ことばもちいなさい。そうすれば、反対者はんたいしゃも、わたしたちについてなんの悪口あっこうえなくなり、みずかじいるであろう。

    9 奴隷どれいには、万事ばんじにつけその主人しゅじん服従ふくじゅうして、よろこばれるようになり、反抗はんこうをせず、

    10 ぬすみをせず、どこまでもこころをこめた真実しんじつしめすようにと、すすめなさい。そうすれば、かれらは万事ばんじにつけ、わたしたちの救主すくいぬしなるかみおしえかざることになろう。

    11 すべてのひとすくかみめぐみがあらわれた。

    12 そして、わたしたちをみちびき、不信心ふしんじんとこの情欲じょうよくとをてて、つつしぶかく、ただしく、信心しんじんぶかくこの生活せいかつし、

    13 祝福しゅくふくちたのぞみ、すなわち、おおいなるかみ、わたしたちの救主すくいぬしキリスト・イエスの栄光えいこう出現しゅつげんのぞむようにと、おしえている。

    14 このキリストが、わたしたちのためにご自身じしんをささげられたのは、わたしたちをすべての不法ふほうからあがないして、いわざに熱心ねっしんえらびのたみを、ご自身じしんのものとしてせいべつするためにほかならない。

    15 あなたは、権威けんいをもってこれらのことをかたり、すすめ、まためなさい。だれにもかろんじられてはならない。