ローマ人への手紙5
    脚注
    Theme

    第5章

    1 このように、わたしたちは、信仰しんこうによってとされたのだから、わたしたちのしゅイエス・キリストにより、かみたいして平和へいわている。

    2 わたしたちは、さらにかれにより、いまっているこのめぐみに信仰しんこうによってみちびれられ、そして、かみ栄光えいこうにあずかる希望きぼうをもってよろこんでいる。

    3 それだけではなく、患難かんなんをもよろこんでいる。なぜなら、患難かんなん忍耐にんたいし、

    4 忍耐にんたい錬達れんたつし、錬達れんたつ希望きぼうすことを、っているからである。

    5 そして、希望きぼう失望しつぼうおわることはない。なぜなら、わたしたちにたまわっている聖霊せいれいによって、かみあいがわたしたちのこころそそがれているからである。

    6 わたしたちがまだよわかったころ、キリストは、ときいたって、不信心ふしんじんものたちのためにんでくださったのである。

    7 ただしいひとのためにものは、ほとんどいないであろう。善人ぜんにんのためには、すすんでものもあるいはいるであろう。

    8 しかし、まだ罪人つみびとであったとき、わたしたちのためにキリストがんでくださったことによって、かみはわたしたちにたいするあいしめされたのである。

    9 わたしたちは、キリストのによっていまとされているのだから、なおさら、かれによってかみいかりからすくわれるであろう。

    10 もし、わたしたちがてきであったときでさえ、御子みこによってかみとの和解わかいけたとすれば、和解わかいけているいまは、なおさら、かれのいのちによってすくわれるであろう。

    11 そればかりではなく、わたしたちは、いま和解わかいさせてくださったわたしたちのしゅイエス・キリストによって、かみよろこぶのである。

    12 このようなわけで、ひとりのひとによって、つみがこのにはいり、またつみによってがはいってきたように、こうして、すべてのひとつみおかしたので、ぜん人類じんるいにはいりんだのである。

    13 というのは、律法りっぽう以前いぜんにもつみにあったが、律法りっぽうがなければ、つみつみとしてみとめられないのである。

    14 しかし、アダムからモーセまでのあいだにおいても、アダムの違反いはんおなじようなつみおかさなかったものも、支配しはいまぬがれなかった。このアダムは、きたるべきものかたである。

    15 しかし、めぐみの賜物たまもの罪過ざいか場合ばあいとはことなっている。すなわち、もしひとりの罪過ざいかのためにおおくのひとんだとすれば、まして、かみめぐみと、ひとりのひとイエス・キリストのめぐみによる賜物たまものとは、さらにゆたかにおおくの人々ひとびとちあふれたはずではないか。

    16 かつ、この賜物たまものは、ひとりのおかしたつみ結果けっかとはことなっている。なぜなら、さばきの場合ばあいは、ひとりの罪過ざいかから、つみさだめることになったが、めぐみの場合ばあいには、おおくのひと罪過ざいかから、とする結果けっかになるからである。

    17 もし、ひとりの罪過ざいかによって、そのひとりをとおして支配しはいするにいたったとすれば、まして、あふれるばかりのめぐみと賜物たまものとをけているものたちは、ひとりのイエス・キリストをとおし、いのちにあって、さらに力強ちからづよ支配しはいするはずではないか。

    18 このようなわけで、ひとりの罪過ざいかによってすべてのひとつみさだめられたように、ひとりのなる行為こういによって、いのちをさせるがすべてのひとおよぶのである。

    19 すなわち、ひとりのひと従順じゅうじゅんによって、おおくのひと罪人つみびととされたとおなじように、ひとりの従順じゅうじゅんによって、おおくのひと義人ぎじんとされるのである。

    20 律法りっぽうがはいりんできたのは、罪過ざいかくわわるためである。しかし、つみくわわったところには、めぐみもますますちあふれた。

    21 それは、つみによって支配しはいするにいたったように、めぐみもまたによって支配しはいし、わたしたちのしゅイエス・キリストにより、永遠えいえんのいのちをさせるためである。