聖典
ローマ人への手紙2
戻る 次へ

第2章

1 だから、ああ、すべてひとをさばくものよ。あなたには弁解べんかい余地よちがない。あなたは、他人たにんをさばくことによって、自分じぶん自身じしんつみさだめている。さばくあなたも、おなじことをおこなっているからである。

2 わたしたちは、かみのさばきが、このようなことおこなものどものうえただしくくだることを、っている。

3 ああ、このようなことおこなものどもをさばきながら、しかもみずかおなじことをおこなひとよ。あなたは、かみのさばきをのがれうるとおもうのか。

4 それとも、かみ慈愛じあいがあなたを悔改くいあらためにみちびくこともらないで、その慈愛じあい忍耐にんたい寛容かんようとのとみかろんじるのか。

5 あなたのかたくなな、悔改くいあらためのないこころのゆえに、あなたは、かみただしいさばきのあらわれるいかりののためにかみいかりを、自分じぶんんでいるのである。

6 かみは、おのおのに、そのわざにしたがってむくいられる。

7 すなわち、一方いっぽうでは、しのんでぜんおこなって、光栄こうえいとほまれとちぬものとをもとめるひとに、永遠えいえんのいのちがあたえられ、

8 他方たほうでは、党派心とうはしんをいだき、真理しんりしたがわないで不義ふぎしたがひとに、いかりとはげしいいきどおりとがくわえられる。

9 あくおこなうすべてのひとには、ユダヤじんをはじめギリシヤじんにも、患難かんなん苦悩くのうとがあたえられ、

10 ぜんおこなうすべてのひとには、ユダヤじんをはじめギリシヤじんにも、光栄こうえいとほまれと平安へいあんとがあたえられる。

11 なぜなら、かみには、かたよりることがないからである。

12 そのわけは、律法りっぽうなしにつみおかしたものは、また律法りっぽうなしにほろび、律法りっぽうのもとでつみおかしたものは、律法りっぽうによってさばかれる。

13 なぜなら、律法りっぽうものが、かみまえなるものではなく、律法りっぽうおこなものが、とされるからである。

14 すなわち、律法りっぽうたない異邦人いほうじんが、自然しぜんのままで、律法りっぽうめいじることおこなうなら、たとい律法りっぽうたなくても、かれらにとっては自分じぶん自身じしん律法りっぽうなのである。

15 かれらは律法りっぽう要求ようきゅうがそのこころにしるされていることをあらわし、そのことをかれらの良心りょうしんともにあかしをして、その判断はんだんたがいにあるいはうったえ、あるいは弁明べんめいうのである。

16 そして、これらのことは、わたしの福音ふくいんによれば、かみがキリスト・イエスによって人々ひとびとかくれたことがらをさばかれるそのに、あきらかにされるであろう。

17 もしあなたが、みずからユダヤじんしょうし、律法りっぽうやすんじ、かみほこりとし、

18 御旨みむねり、律法りっぽうおしえられて、なすべきことをわきまえており、

19, 20 さらに、知識ちしき真理しんりとが律法りっぽうなかかたちをとっているとして、みずか盲人もうじん手引てびき、やみにおるものひかりおろかなものみちびおさ教師きょうしをもってにんじているのなら、

21 なぜ、ひとおしえて自分じぶんおしえないのか。ぬすむなとひといて、みずからはぬすむのか。

22 姦淫かんいんするなとって、みずからは姦淫かんいんするのか。偶像ぐうぞうみきらいながら、みずからはみやものをかすめるのか。

23 律法りっぽうほこりとしながら、みずからは律法りっぽう違反いはんして、かみあなどっているのか。

24 聖書せいしょいてあるとおり、「かみ御名みなは、あなたがたのゆえに、異邦人いほうじんあいだけがされている」。

25 もし、あなたが律法りっぽうおこなうなら、なるほど、割礼かつれいやくとう。しかし、もし律法りっぽうおかすなら、あなたの割礼かつれい割礼かつれいとなってしまう。

26 だから、もし割礼かつれいもの律法りっぽう規定きていまもるなら、その割礼かつれい割礼かつれいなされるではないか。

27 かつ、うまれながら割礼かつれいものであって律法りっぽうまっとうするものは、律法りっぽう文字もんじ割礼かつれいとをちながら律法りっぽうおかしているあなたを、さばくのである。

28 というのは、外見がいけんうえのユダヤじんがユダヤじんではなく、また、外見がいけんうえにくにおける割礼かつれい割礼かつれいでもない。

29 かえって、かくれたユダヤじんがユダヤじんであり、また、文字もんじによらずれいによるこころ割礼かつれいこそ割礼かつれいであって、そのほまれはひとからではなく、かみからるのである。