ヨハネの黙示録二〇
    脚注

    第二〇章

    またわたしがていると、ひとりの御使みつかいが、そこれぬところのかぎとおおきなくさりとをって、てんからりてきた。

    かれは、悪魔あくまでありサタンであるりゅう、すなわち、かのとしたへびをとらえて千ねんあいだつなぎおき、

    そして、そこれぬところみ、入口いりぐちじてそのうえ封印ふういんし、千ねん期間きかんおわるまで、しょ国民こくみんまどわすことがないようにしておいた。そののち、しばらくのあいだだけ解放かいほうされることになっていた。

    またていると、かずおおくのがあり、そのうえ人々ひとびとがすわっていた。そして、かれらにさばきのけんあたえられていた。また、イエスのあかしをしかみことばつたえたためにくびられた人々ひとびとれいがそこにおり、また、けものをもそのぞうをもおがまず、その刻印こくいんひたいけることをしなかった人々ひとびとがいた。かれらはきかえって、キリストとともに千ねんあいだ支配しはいした。

    (それ以外いがい死人しにんは、千ねん期間きかんおわるまできかえらなかった。)これがだい一の復活ふっかつである。

    このだい一の復活ふっかつにあずかるものは、さいわいなものであり、またせいなるものである。このひとたちにたいしては、だい二のはなんのちからもない。かれらはかみとキリストとの祭司さいしとなり、キリストとともに千ねんあいだ支配しはいする。

    ねん期間きかんおわると、サタンはそのごくから解放かいほうされる。

    そして、き、四方しほうにいるしょ国民こくみん、すなわちゴグ、マゴグをまどわし、かれらをたたかいのために召集しょうしゅうする。そのかずは、うみすなのようにおおい。

    かれらは地上ちじょうひろところのぼってきて、聖徒せいとたちの陣営じんえいあいされていたみやことを包囲ほういした。すると、てんからくだってきて、かれらをつくした。

    一〇 そして、かれらをまどわした悪魔あくまは、硫黄いおうとのいけまれた。そこには、けものもにせ預言者よげんしゃもいて、かれらは世々よよかぎりなく日夜にちやくるしめられるのである。

    一一 またていると、おおきなしろ御座みざがあり、そこにいますかたがあった。てん御顔みかおまえからって、あとかたもなくなった。

    一二 また、んでいたものが、おおいなるものちいさきものともに、御座みざまえっているのがえた。かずかずの書物しょもつひらかれたが、もう一つの書物しょもつひらかれた。これはいのちのしょであった。死人しにんはそのしわざにおうじ、この書物しょもつかれていることにしたがって、さばかれた。

    一三 うみはそのなかにいる死人しにんし、黄泉よみもそのなかにいる死人しにんし、そして、おのおのそのしわざにおうじて、さばきをけた。

    一四 それから、黄泉よみいけまれた。このいけだい二のである。

    一五 このいのちのしょがしるされていないものはみな、いけまれた。