マタイによる福音書24
    脚注

    第24章

    1 イエスがみやからこうとしておられると、弟子でしたちは近寄ちかよってきて、みや建物たてものにイエスの注意ちゅういうながした。

    2 そこでイエスはかれらにむかってわれた、「あなたがたは、これらすべてのものをないか。よくっておく。そのいし一つでもくずされずに、そこにいしうえのこることもなくなるであろう」。

    3 またオリブやまですわっておられると、弟子でしたちが、ひそかにみもとにきてった、「どうぞおはなしください。いつ、そんなことがおこるのでしょうか。あなたがまたおいでになるときや、おわりには、どんな前兆ぜんちょうがありますか」。

    4 そこでイエスはこたえてわれた、「ひとまどわされないようにをつけなさい。

    5 おおくのものがわたしののってあらわれ、自分じぶんがキリストだとって、おおくのひとまどわすであろう。

    6 また、戦争せんそう戦争せんそうのうわさとをくであろう。注意ちゅういしていなさい、あわててはいけない。それはおこらねばならないが、まだおわりではない。

    7 たみたみに、くにくに敵対てきたいしてがるであろう。またあちこちに、ききんがおこり、また地震じしんがあるであろう。

    8 しかし、すべてこれらはみのくるしみのはじめである。

    9 そのとき人々ひとびとは、あなたがたをくるしみにあわせ、またころすであろう。またあなたがたは、わたしののゆえにすべてのたみにくまれるであろう。

    10 そのとき、おおくのひとがつまずき、またたがい裏切うらぎり、にくうであろう。

    11 またおおくのにせ預言者よげんしゃおこって、おおくのひとまどわすであろう。

    12 また不法ふほうがはびこるので、おおくのひとあいえるであろう。

    13 しかし、最後さいごまでしのものすくわれる。

    14 そしてこの御国みくに福音ふくいんは、すべてのたみたいしてあかしをするために、ぜん世界せかいつたえられるであろう。そしてそれから最後さいごるのである。

    15 預言者よげんしゃダニエルによってわれたらすにくむべきものが、せいなる場所ばしょつのをたならば(読者どくしゃよ、さとれ)、

    16 そのとき、ユダヤにいる人々ひとびとやまげよ。

    17 屋上おくじょうにいるものは、いえからものをそうとしてしたにおりるな。

    18 はたけにいるものは、上着うわぎりにあとへもどるな。

    19 そのには、身重みおもおんな乳飲ちのをもつおんなとは、不幸ふこうである。

    20 あなたがたのげるのが、ふゆまたは安息日あんそくにちにならないようにいのれ。

    21 そのときには、はじめから現在げんざいいたるまで、かつてなく今後こんごもないようなおおきな患難かんなんおこるからである。

    22 もしその期間きかんちぢめられないなら、すくわれるものはひとりもないであろう。しかし、選民せんみんのためには、その期間きかんちぢめられるであろう。

    23 そのとき、だれかがあなたがたに『よ、ここにキリストがいる』、また、『あそこにいる』とっても、それをしんじるな。

    24 にせキリストたちや、にせ預言者よげんしゃたちがおこって、おおいなるしるしと奇跡きせきとをおこない、できれば、選民せんみんをもまどわそうとするであろう。

    25 よ、あなたがたにまえもってっておく。

    26 だから、人々ひとびとが『よ、かれ荒野あらのにいる』とっても、くな。また『よ、へやのなかにいる』とっても、しんじるな。

    27 ちょうど、いなずまがひがしから西にしにひらめきわたるように、ひとあらわれるであろう。

    28 死体したいのあるところには、はげたかがあつまるものである。

    29 しかし、そのときおこ患難かんなんのち、たちまちくらくなり、つきはそのひかりはなつことをやめ、ほしそらからち、天体てんたいうごかされるであろう。

    30 そのとき、ひとのしるしがてんあらわれるであろう。またそのとき、のすべての民族みんぞくなげき、そしてちからおおいなる栄光えいこうとをもって、ひとてんくもってるのを、人々ひとびとるであろう。

    31 また、かれおおいなるラッパのおととも御使みつかいたちをつかわして、てんのはてからはてにいたるまで、四方しほうからその選民せんみんあつめるであろう。

    32 いちじくのからこのたとえまなびなさい。そのえだやわらかになり、るようになると、なつちかいことがわかる。

    33 そのように、すべてこれらのことをたならば、ひと戸口とぐちまでちかづいているとりなさい。

    34 よくいておきなさい。これらのことが、ことごとくおこるまでは、この時代じだいほろびることがない。

    35 天地てんちほろびるであろう。しかしわたしの言葉ことばほろびることがない。

    36 その、そのときは、だれもらない。てん御使みつかいたちも、またらない、ただちちだけがっておられる。

    37 ひとあらわれるのも、ちょうどノアのときのようであろう。

    38 すなわち、洪水こうずいまえ、ノアが箱舟はこぶねにはいるまで、人々ひとびとい、み、めとり、とつぎなどしていた。

    39 そして洪水こうずいおそってきて、いっさいのものをさらってくまで、かれらはがつかなかった。ひとあらわれるのも、そのようであろう。

    40 そのとき、ふたりのものはたけにいると、ひとりはられ、ひとりはのこされるであろう。

    41 ふたりのおんながうすをひいていると、ひとりはられ、ひとりはのこされるであろう。

    42 だから、をさましていなさい。いつのにあなたがたのしゅがこられるのか、あなたがたには、わからないからである。

    43 このことをわきまえているがよい。いえ主人しゅじんは、盗賊とうぞくがいつごろるかわかっているなら、をさましていて、自分じぶんいえることをゆるさないであろう。

    44 だから、あなたがたも用意よういをしていなさい。おもいがけないときひとるからである。

    45 主人しゅじんがそのいえしもべたちのうえてて、ときおうじて食物しょくもつをそなえさせる忠実ちゅうじつ思慮しりょぶかしもべは、いったい、だれであろう。

    46 主人しゅじんかえってきたとき、そのようにつとめているのをられるしもべは、さいわいである。

    47 よくっておくが、主人しゅじんかれてて自分じぶんぜん財産ざいさん管理かんりさせるであろう。

    48 もしそれがわるしもべであって、自分じぶん主人しゅじんかえりがおそいとこころなかおもい、

    49 そのしもべ仲間なかまをたたきはじめ、また酒飲さけの仲間なかま一緒いっしょべたりんだりしているなら、

    50 そのしもべ主人しゅじんおもいがけないがつかないときかえってきて、

    51 かれ厳罰げんばつしょし、偽善者ぎぜんしゃたちとおなにあわせるであろう。かれはそこでさけんだり、がみをしたりするであろう。