マルコによる福音書6
    脚注

    第6章

    1 イエスはそこをって、郷里きょうりかれたが、弟子でしたちもしたがってった。

    2 そして、安息日あんそくにちになったので、会堂かいどうおしえはじめられた。それをいたおおくの人々ひとびとは、おどろいてった、「このひとは、これらのことをどこでならってきたのか。また、このひとさずかった知恵ちえはどうだろう。このようなちからあるわざがそのおこなわれているのは、どうしてか。

    3 このひと大工だいくではないか。マリヤのむすこで、ヤコブ、ヨセ、ユダ、シモンの兄弟きょうだいではないか。またその姉妹しまいたちも、ここにわたしたちと一緒いっしょにいるではないか」。こうしてかれらはイエスにつまずいた。

    4 イエスはわれた、「預言者よげんしゃは、自分じぶん郷里きょうり親族しんぞくいえ以外いがいでは、どこででもうやまわれないことはない」。

    5 そして、そこではちからあるわざを一つもすることができず、ただ少数しょうすう病人びょうにんをおいていやされただけであった。

    6 そして、かれらの信仰しんこうおどろあやしまれた。それからイエスは、附近ふきん村々むらむらめぐりあるいておしえられた。

    7 また十二弟子でしせ、ふたりずつつかわすことにして、かれらにけがれたれいせいする権威けんいあたえ、

    8 またたびのために、つえ一ぽんのほかにはなにたないように、パンも、ぶくろも、おびなかぜにたず、

    9 ただわらじをはくだけで、下着したぎも二まいないようにめいじられた。

    10 そしてかれらにわれた、「どこへっても、いえにはいったなら、その土地とちるまでは、そこにとどまっていなさい。

    11 また、あなたがたをむかえず、あなたがたのはなしきもしないところがあったなら、そこからくとき、かれらにたいする抗議こうぎのしるしに、あしうらのちりをはらおとしなさい」。

    12 そこで、かれらはって、悔改くいあらためをつたえ、

    13 おおくの悪霊あくれいし、おおぜいの病人びょうにんあぶらをぬっていやした。

    14 さて、イエスのれわたって、ヘロデおうみみにはいった。ある人々ひとびとは「バプテスマのヨハネが、死人しにんなかからよみがえってきたのだ。それで、あのようなちからかれのうちにはたらいているのだ」とい、

    15 人々ひとびとは「かれはエリヤだ」とい、また人々ひとびとは「むかし預言者よげんしゃのような預言者よげんしゃだ」とった。

    16 ところが、ヘロデはこれをいて、「わたしがくびったあのヨハネがよみがえったのだ」とった。

    17 このヘロデは、自分じぶん兄弟きょうだいピリポのつまヘロデヤをめとったが、そのことで、ひとをつかわし、ヨハネをとらえてごくにつないだ。

    18 それは、ヨハネがヘロデに、「兄弟きょうだいつまをめとるのは、よろしくない」とったからである。

    19 そこで、ヘロデヤはヨハネをうらみ、かれころそうとおもっていたが、できないでいた。

    20 それはヘロデが、ヨハネはただしくてせいなるひとであることをって、かれおそれ、かれ保護ほごくわえ、またそのおしえいて非常ひじょうなやみながらも、なおよろこんでいていたからである。

    21 ところが、よい機会きかいがきた。ヘロデは自分じぶん誕生たんじょういわいに、高官こうかん将校しょうこうやガリラヤの重立おもだったひとたちをまねいて宴会えんかいもよおしたが、

    22 そこへ、このヘロデヤのむすめがはいってきてまいをまい、ヘロデをはじめ列座れつざひとたちをよろこばせた。そこでおうはこの少女しょうじょに「ほしいものはなんでもいなさい。あなたにあげるから」とい、

    23 さらに「ほしければ、このくに半分はんぶんでもあげよう」とちかってった。

    24 そこで少女しょうじょをはずして、ははに「なにをおねがいしましょうか」とたずねると、ははは「バプテスマのヨハネのくびを」とこたえた。

    25 するとすぐ、少女しょうじょいそいでおうのところにってねがった、「いますぐに、バプテスマのヨハネのくびぼんにのせて、それをいただきとうございます」。

    26 おう非常ひじょうこまったが、いったんちかったのと、また列座れつざひとたちの手前てまえ少女しょうじょねがいを退しりぞけることをこのまなかった。

    27 そこで、おうはすぐに衛兵えいへいをつかわし、ヨハネのくびってるようにめいじた。衛兵えいへいき、獄中ごくちゅうでヨハネのくびり、

    28 ぼんにのせてってきて少女しょうじょあたえ、少女しょうじょはそれをははにわたした。

    29 ヨハネの弟子でしたちはこのことをき、その死体したいりにきて、はかおさめた。

    30 さて、使徒しとたちはイエスのもとにあつまってきて、自分じぶんたちがしたことやおしえたことを、みな報告ほうこくした。

    31 するとイエスはかれらにわれた、「さあ、あなたがたは、ひとけてさびしいところって、しばらくやすむがよい」。それは、出入でいりするひとおおくて、食事しょくじをするひまもなかったからである。

    32 そこでかれらはひとけ、ふねってさびしいところった。

    33 ところが、おおくの人々ひとびとかれらがかけてくのを、それとづいて、方々ほうぼう町々まちまちからそこへ、一せいにけつけ、かれらよりさきいた。

    34 イエスはふねからがっておおぜいの群衆ぐんしゅうをごらんになり、もののないひつじのようなその有様ありさまふかくあわれんで、いろいろとおしえはじめられた。

    35 ところが、はやときもおそくなったので、弟子でしたちはイエスのもとにきてった、「ここはさびしいところでもあり、もうときもおそくなりました。

    36 みんなを解散かいさんさせ、めいめいでなにべるものいに、まわりの部落ぶらく村々むらむらかせてください」。

    37 イエスはこたえてわれた、「あなたがたの食物しょくもつをやりなさい」。弟子でしたちはった、「わたしたちが二百デナリものパンをってきて、みんなにべさせるのですか」。

    38 するとイエスはわれた、「パンはいくつあるか。てきなさい」。かれらはたしかめてきて、「五つあります。それにうおが二ひき」とった。

    39 そこでイエスは、みんなを組々くみぐみけて、青草あおくさうえにすわらせるようにめいじられた。

    40 人々ひとびとは、あるいは百にんずつ、あるいは五十にんずつ、れつをつくってすわった。

    41 それから、イエスは五つのパンと二ひきのうおとをり、てんあおいでそれを祝福しゅくふくし、パンをさき、弟子でしたちにわたしてくばらせ、また、二ひきのうおもみんなにおけになった。

    42 みんなのものべて満腹まんぷくした。

    43 そこで、パンくずやうおのこりをあつめると、十二のかごにいっぱいになった。

    44 パンをべたものおとこ五千にんであった。

    45 それからすぐ、イエスは自分じぶん群衆ぐんしゅう解散かいさんさせておられるあいだに、しいて弟子でしたちをふねませ、こうぎしのベツサイダへさきにおやりになった。

    46 そして群衆ぐんしゅうわかれてから、いのるためにやま退しりぞかれた。

    47 夕方ゆうがたになったとき、ふねうみのまんなかており、イエスだけが陸地りくちにおられた。

    48 ところが逆風ぎゃくふういていたために、弟子でしたちがこぎなやんでいるのをごらんになって、夜明よあけの四ごろ、うみうえあるいてかれらにちかづき、そのそばをとおぎようとされた。

    49 かれらはイエスがうみうえあるいておられるのをて、幽霊ゆうれいだとおもい、大声おおごえさけんだ。

    50 みんなのものがそれをて、おじおそれたからである。しかし、イエスはすぐかれらにこえをかけ、「しっかりするのだ。わたしである。おそれることはない」とわれた。

    51 そして、かれらのふねまれると、かぜはやんだ。かれらはこころなかで、非常ひじょうおどろいた。

    52 さきのパンのことをさとらず、そのこころにぶくなっていたからである。

    53 かれらはうみわたり、ゲネサレのいてふねをつないだ。

    54 そしてふねからあがると、人々ひとびとはすぐイエスとって、

    55 その地方ちほうをあまねくけめぐり、イエスがおられるとけば、どこへでも病人びょうにんとこにのせてはこびはじめた。

    56 そして、むらでもまちでも部落ぶらくでも、イエスがはいってかれるところでは、病人びょうにんたちをその広場ひろばにおき、せめてその上着うわぎのふさにでも、さわらせてやっていただきたいと、おねがいした。そしてさわったものみないやされた。