マルコによる福音書13
    脚注

    第13章

    1 イエスがみやからかれるとき、弟子でしのひとりがった、「先生せんせい、ごらんなさい。なんという見事みごといし、なんという立派りっぱ建物たてものでしょう」。

    2 イエスはわれた、「あなたは、これらのおおきな建物たてものをながめているのか。そのいし一つでもくずされないままで、いしうえのこることもなくなるであろう」。

    3 またオリブやまで、みやにむかってすわっておられると、ペテロ、ヤコブ、ヨハネ、アンデレが、ひそかにおたずねした。

    4 「わたしたちにおはなしください。いつ、そんなことがおこるのでしょうか。またそんなことがことごとく成就じょうじゅするような場合ばあいには、どんな前兆ぜんちょうがありますか」。

    5 そこで、イエスははなしはじめられた、「ひとまどわされないようにをつけなさい。

    6 おおくのものがわたしののってあらわれ、自分じぶんがそれだとって、おおくのひとまどわすであろう。

    7 また、戦争せんそう戦争せんそうのうわさとをくときにも、あわてるな。それはおこらねばならないが、まだおわりではない。

    8 たみたみに、くにくに敵対てきたいしてがるであろう。またあちこちに地震じしんがあり、またききんがおこるであろう。これらはみのくるしみのはじめである。

    9 あなたがたは自分じぶんをつけていなさい。あなたがたは、わたしのために、衆議所しゅうぎしょきわたされ、会堂かいどうたれ、長官ちょうかんたちやおうたちのまえたされ、かれらにたいしてあかしをさせられるであろう。

    10 こうして、福音ふくいんはまずすべてのたみつたえられねばならない。

    11 そして、人々ひとびとがあなたがたをれてってきわたすとき、なにおうかと、まえもって心配しんぱいするな。その場合ばあい自分じぶんしめされることをかたるがよい。かたものはあなたがた自身じしんではなくて、聖霊せいれいである。

    12 また兄弟きょうだい兄弟きょうだいを、ちちころすためにわたし、両親りょうしんさからってち、かれらをころさせるであろう。

    13 また、あなたがたはわたしののゆえに、すべてのひとにくまれるであろう。しかし、最後さいごまでしのものすくわれる。

    14 らすにくむべきものが、ってはならぬところつのをたならば(読者どくしゃよ、さとれ)、そのとき、ユダヤにいる人々ひとびとやまげよ。

    15 屋上おくじょうにいるものは、したにおりるな。またいえからものそうとしてうちにはいるな。

    16 はたけにいるものは、上着うわぎりにあとへもどるな。

    17 そのには、身重みおもおんな乳飲ちのをもつおんなとは、不幸ふこうである。

    18 このことふゆおこらぬようにいのれ。

    19 そのには、かみ万物ばんぶつつくられた創造そうぞうはじめから現在げんざいいたるまで、かつてなく今後こんごもないような患難かんなんおこるからである。

    20 もししゅがその期間きかんちぢめてくださらないなら、すくわれるものはひとりもないであろう。しかし、えらばれた選民せんみんのために、その期間きかんちぢめてくださったのである。

    21 そのとき、だれかがあなたがたに『よ、ここにキリストがいる』、『よ、あそこにいる』とっても、それをしんじるな。

    22 にせキリストたちや、にせ預言者よげんしゃたちがおこって、しるしと奇跡きせきとをおこない、できれば、選民せんみんをもまどわそうとするであろう。

    23 だから、をつけていなさい。いっさいのことを、あなたがたにまえもってっておく。

    24 そのには、この患難かんなんのちくらくなり、つきはそのひかりはなつことをやめ、

    25 ほしそらからち、天体てんたいうごかされるであろう。

    26 そのとき、おおいなるちから栄光えいこうとをもって、ひとくもってるのを、人々ひとびとるであろう。

    27 そのとき、かれ御使みつかいたちをつかわして、のはてからてんのはてまで、四方しほうからその選民せんみんあつめるであろう。

    28 いちじくのからこのたとえまなびなさい。そのえだやわらかになり、るようになると、なつちかいことがわかる。

    29 そのように、これらのことおこるのをたならば、ひと戸口とぐちまでちかづいているとりなさい。

    30 よくいておきなさい。これらのことが、ことごとくおこるまでは、この時代じだいほろびることがない。

    31 天地てんちほろびるであろう。しかしわたしの言葉ことばほろびることがない。

    32 その、そのときは、だれもらない。てんにいる御使みつかいたちも、またらない、ただちちだけがっておられる。

    33 をつけて、をさましていなさい。そのときがいつであるか、あなたがたにはわからないからである。

    34 それはちょうど、たびひといえるにあたり、そのしもべたちに、それぞれ仕事しごとてて責任せきにんをもたせ、門番もんばんにはをさましておれと、めいじるようなものである。

    35 だから、をさましていなさい。いつ、いえ主人しゅじんかえってるのか、夕方ゆうがたか、夜中よなかか、にわとりのくころか、がたか、わからないからである。

    36 あるいはきゅうかえってきて、あなたがたのねむっているところをつけるかもれない。

    37 をさましていなさい。わたしがあなたがたにうこの言葉ことばは、すべての人々ひとびとうのである」。