ルカによる福音書九
    脚注

    第九章

    それからイエスは十二弟子でしあつめて、かれらにすべての悪霊あくれいせいし、病気びょうきをいやすちから権威けんいとをおさづけになった。

    またかみくにつたえ、かつ病気びょうきをなおすためにつかわして

    われた、「たびのためになにたずさえるな。つえもふくろもパンもぜにたず、また下着したぎも二まいつな。

    また、どこかのいえにはいったら、そこにとどまっておれ。そしてそこからかけることにしなさい。

    だれもあなたがたをむかえるものがいなかったら、そのまちくとき、かれらにたいする抗議こうぎのしるしに、あしからちりをはらおとしなさい」。

    弟子でしたちはって、村々むらむらめぐあるき、いたるところ福音ふくいんつたえ、また病気びょうきをいやした。

    さて、領主りょうしゅヘロデはいろいろな出来事できごとみみにして、あわてまどっていた。それは、あるひとたちは、ヨハネが死人しにんなかからよみがえったとい、

    またあるひとたちは、エリヤがあらわれたとい、またほかのひとたちは、むかし預言者よげんしゃのひとりが復活ふっかつしたのだとっていたからである。

    そこでヘロデがった、「ヨハネはわたしがすでにくびったのだが、こうしてうわさされているこのひとは、いったい、だれなのだろう」。そしてイエスにってみようとおもっていた。

    一〇 使徒しとたちはかえってきて、自分じぶんたちのしたことをすべてイエスにはなした。それからイエスはかれらをれて、ベツサイダというまちへひそかに退しりぞかれた。

    一一 ところが群衆ぐんしゅうがそれとって、ついてきたので、これをむかえてかみくにのことをかたかせ、また治療ちりょうようするひとたちをいやされた。

    一二 それからかたむきかけたので、十二弟子でしがイエスのもとにきてった、「群衆ぐんしゅう解散かいさんして、まわりの村々むらむら部落ぶらくって宿やどり、食物しょくもつにいれるようにさせてください。わたしたちはこんなさびしいところにきているのですから」。

    一三 しかしイエスはわれた、「あなたがたの食物しょくもつをやりなさい」。かれらはった、「わたしたちにはパン五つとうお二ひきしかありません、このおおぜいのひとのために食物しょくもついにくかしなければ」。

    一四 というのは、おとこが五千にんばかりもいたからである。しかしイエスは弟子でしたちにわれた、「人々ひとびとをおおよそ五十にんずつのくみにして、すわらせなさい」。

    一五 かれらはそのとおりにして、みんなをすわらせた。

    一六 イエスは五つのパンと二ひきのうおとをり、てんあおいでそれを祝福しゅくふくしてさき、弟子でしたちにわたして群衆ぐんしゅうくばらせた。

    一七 みんなのものべて満腹まんぷくした。そして、そのあまりくずをあつめたら、十二かごあった。

    一八 イエスがひとりでいのっておられたとき、弟子でしたちがちかくにいたので、かれらにたずねてわれた、「群衆ぐんしゅうはわたしをだれとっているか」。

    一九 かれらはこたえてった、「バプテスマのヨハネだと、っています。しかしほかのひとたちは、エリヤだとい、またむかし預言者よげんしゃのひとりが復活ふっかつしたのだと、っているものもあります」。

    二〇 かれらにわれた、「それでは、あなたがたはわたしをだれとうか」。ペテロがこたえてった、「かみのキリストです」。

    二一 イエスはかれらをいましめ、このことをだれにもうなとめいじ、そしてわれた、

    二二 ひとかならおおくのくるしみをけ、長老ちょうろう祭司長さいしちょう律法りっぽう学者がくしゃたちにてられ、またころされ、そして三によみがえる」。

    二三 それから、みんなのものわれた、「だれでもわたしについてきたいとおもうなら、自分じぶんて、日々ひび自分じぶん十字架じゅうじかうて、わたしにしたがってきなさい。

    二四 自分じぶんいのちすくおうとおもものはそれをうしない、わたしのために自分じぶんいのちうしなものは、それをすくうであろう。

    二五 ひとぜん世界せかいをもうけても、自分じぶん自身じしんうしないまたはそんしたら、なんのとくになろうか。

    二六 わたしとわたしの言葉ことばとをじるものたいしては、ひともまた、自分じぶん栄光えいこうと、ちちせいなる御使みつかいとの栄光えいこうのうちにあらわれてるとき、そのものじるであろう。

    二七 よくいておくがよい、かみくにるまでは、あじわわないものが、ここにっているものなかにいる」。

    二八 これらのことをはなされたのち、八ほどたってから、イエスはペテロ、ヨハネ、ヤコブをれて、いのるためにやまのぼられた。

    二九 いのっておられるあいだに、みかおさまかわり、みころもがまばゆいほどにしろかがやいた。

    三〇 するとよ、ふたりのひとがイエスとかたっていた。それはモーセとエリヤであったが、

    三一 栄光えいこうなかあらわれて、イエスがエルサレムでげようとする最後さいごのことについてはなしていたのである。

    三二 ペテロとその仲間なかまものたちとは熟睡じゅくすいしていたが、をさますと、イエスの栄光えいこう姿すがたと、ともっているふたりのひととをた。

    三三 このふたりがイエスをはなろうとしたとき、ペテロは自分じぶんなにっているのかわからないで、イエスにった、「先生せんせい、わたしたちがここにいるのは、すばらしいことです。それで、わたしたちは小屋こやを三つてましょう。一つはあなたのために、一つはモーセのために、一つはエリヤのために」。

    三四 かれがこうっているあいだに、くもがわきおこってかれらをおおいはじめた。そしてそのくもかこまれたとき、かれらはおそれた。

    三五 するとくもなかからこえがあった、「これはわたしの、わたしのえらんだものである。これにけ」。

    三六 そしてこえんだとき、イエスがひとりだけになっておられた。弟子でしたちは沈黙ちんもくまもって、自分じぶんたちがたことについては、そのころだれにもはなさなかった。

    三七 翌日よくじつ一同いちどうやまりてると、おおぜいの群衆ぐんしゅうがイエスを出迎でむかえた。

    三八 すると突然とつぜん、あるひと群衆ぐんしゅうなかから大声おおごえをあげてった、「先生せんせい、おねがいです。わたしのむすこをてやってください。このはわたしのひとりむすこですが、

    三九 れいりつきますと、かれきゅうさけすのです。それから、れいかれをひきつけさせて、あわをかせ、かれよわてさせて、なかなかかないのです。

    四〇 それで、お弟子でしたちに、このれいしてくださるようにねがいましたが、できませんでした」。

    四一 イエスはこたえてわれた、「ああ、なんという信仰しんこうな、まがった時代じだいであろう。いつまで、わたしはあなたがたと一緒いっしょにおられようか、またあなたがたに我慢がまんができようか。あなたのをここにれてきなさい」。

    四二 ところが、そのがイエスのところにときにも、悪霊あくれいかれたおして、きつけさせた。イエスはこのけがれたれいをしかりつけ、その子供こどもをいやして、父親ちちおやにおわたしになった。

    四三 人々ひとびとはみな、かみ偉大いだいちから非常ひじょうおどろいた。みんなのものがイエスのしておられた数々かずかずこと不思議ふしぎおもっていると、弟子でしたちにわれた、

    四四 「あなたがたはこの言葉ことばみみにおさめてきなさい。ひと人々ひとびとわたされようとしている」。

    四五 しかし、かれらはなんのことかわからなかった。それがかれらにかくされていて、さとることができなかったのである。またかれらはそのことについてたずねるのをおそれていた。

    四六 弟子でしたちのあいだに、かれらのうちでだれがいちばんえらいだろうかということで、議論ぎろんがはじまった。

    四七 イエスはかれらのこころおもいを見抜みぬき、ひとりのおさりあげて自分じぶんのそばにたせ、かれらにわれた、

    四八 「だれでもこのおさをわたしののゆえにけいれるものは、わたしをけいれるのである。そしてわたしをけいれるものは、わたしをおつかわしになったかたをけいれるのである。あなたがたみんなのなかでいちばんちいさいものこそ、おおきいのである」。

    四九 するとヨハネがこたえてった、「先生せんせい、わたしたちはあるひとがあなたの使つかって悪霊あくれいしているのをましたが、そのひとはわたしたちの仲間なかまでないので、やめさせました」。

    五〇 イエスはかれわれた、「やめさせないがよい。あなたがたに反対はんたいしないものは、あなたがたの味方みかたなのである」。

    五一 さて、イエスがてんげられるちかづいたので、エルサレムへこうと決意けついして、そのほうかおをむけられ、

    五二 自分じぶん先立さきだって使者ししゃたちをおつかわしになった。そしてかれらがサマリヤびとむらへはいってき、イエスのために準備じゅんびをしようとしたところ、

    五三 村人むらびとは、エルサレムへむかってすすんでかれるというので、イエスを歓迎かんげいしようとはしなかった。

    五四 弟子でしのヤコブとヨハネとはそれをった、「しゅよ、いかがでしょう。かれらをはらってしまうように、てんからをよびもとめましょうか」。

    五五 イエスはりかえって、かれらをおしかりになった。

    五六 そして一同いちどうはほかのむらった。

    五七 みちすすんでくと、あるひとがイエスにった、「あなたがおいでになるところならどこへでもしたがってまいります」。

    五八 イエスはそのひとわれた、「きつねにはあながあり、そらとりにはがある。しかし、ひとにはまくらするところがない」。

    五九 またほかのひとに、「わたしにしたがってきなさい」とわれた。するとそのひとった、「まず、ちちほうむりにかせてください」。

    六〇 かれわれた、「その死人しにんほうむることは、死人しにんまかせておくがよい。あなたは、ってかみくにげひろめなさい」。

    六一 またほかのひとった、「しゅよ、したがってまいりますが、まずいえものわかれをいにかせてください」。

    六二 イエスはわれた、「をすきにかけてから、うしろをものは、かみくににふさわしくないものである」。