ガラテヤ人への手紙3
    脚注

    第3章

    1 ああ、ものわかりのわるいガラテヤびとよ。十字架じゅうじかにつけられたイエス・キリストが、あなたがたのまええがされたのに、いったい、だれがあなたがたをまどわしたのか。

    2 わたしは、ただこの一つのことを、あなたがたにいてみたい。あなたがたが御霊みたまけたのは、律法りっぽうおこなったからか、それとも、いてしんじたからか。

    3 あなたがたは、そんなにものわかりがわるいのか。御霊みたまはじめたのに、いまになってにく仕上しあげるというのか。

    4 あれほどのおおきな経験けいけんをしたことは、むだであったのか。まさか、むだではあるまい。

    5 すると、あなたがたに御霊みたまたまい、ちからあるわざをあなたがたのあいだでなされたのは、律法りっぽうおこなったからか、それとも、いてしんじたからか。

    6 このように、アブラハムは「かみしんじた。それによって、かれみとめられた」のである。

    7 だから、信仰しんこうによるものこそアブラハムのであることを、るべきである。

    8 聖書せいしょは、かみ異邦人いほうじん信仰しんこうによってとされることを、あらかじめって、アブラハムに、「あなたによって、すべての国民こくみん祝福しゅくふくされるであろう」とのらせを、予告よこくしたのである。

    9 このように、信仰しんこうによるものは、信仰しんこうひとアブラハムとともに、祝福しゅくふくけるのである。

    10 いったい、律法りっぽうおこないによるものは、みなのろいのもとにある。「律法りっぽうしょいてあるいっさいのことをまもらず、これをおこなわないものは、みなのろわれる」といてあるからである。

    11 そこで、律法りっぽうによっては、かみのみまえにとされるものはひとりもないことが、あきらかである。なぜなら、「信仰しんこうによる義人ぎじんきる」からである。

    12 律法りっぽう信仰しんこうもとづいているものではない。かえって、「律法りっぽうおこなもの律法りっぽうによってきる」のである。

    13 キリストは、わたしたちのためにのろいとなって、わたしたちを律法りっぽうののろいからあがないしてくださった。聖書せいしょに、「にかけられるものは、すべてのろわれる」といてある。

    14 それは、アブラハムのけた祝福しゅくふくが、イエス・キリストにあって異邦人いほうじんおよぶためであり、約束やくそくされた御霊みたまを、わたしたちが信仰しんこうによってけるためである。

    15 兄弟きょうだいたちよ。のならわしをれいにとっておう。人間にんげん遺言ゆいごんでさえ、いったん作成さくせいされたら、これを無効むこうにしたり、これにくわえたりすることは、だれにもできない。

    16 さて、約束やくそくは、アブラハムとかれ子孫しそんとにたいしてなされたのである。それは、多数たすうをさして「子孫しそんたちとに」とわずに、ひとりをさして「あなたの子孫しそんとに」とっている。これは、キリストのことである。

    17 わたしの意味いみは、こうである。かみによってあらかじめてられた契約けいやくが、四百三十ねんのちにできた律法りっぽうによって破棄はきされて、その約束やくそくがむなしくなるようなことはない。

    18 もし相続そうぞくが、律法りっぽうもとづいてなされるとすれば、もはや約束やくそくもとづいたものではない。ところが事実じじつかみ約束やくそくによって、相続そうぞくめぐみをアブラハムにたまわったのである。

    19 それでは、律法りっぽうはなんであるか。それは違反いはんうながすため、あとからくわえられたのであって、約束やくそくされていた子孫しそんるまで存続そんぞくするだけのものであり、かつ、天使てんしたちをとおし、仲介者ちゅうかいしゃによって制定せいていされたものにすぎない。

    20 仲介者ちゅうかいしゃなるものは、一方いっぽうだけにぞくするものではない。しかし、かみはひとりである。

    21 では、律法りっぽうかみ約束やくそくあいいれないものか。だんじてそうではない。もしひとかすちからのある律法りっぽうあたえられていたとすれば、はたしかに律法りっぽうによって実現じつげんされたであろう。

    22 しかし、約束やくそくが、しんじる人々ひとびとにイエス・キリストにたいする信仰しんこうによってあたえられるために、聖書せいしょはすべてのひとつみもとめたのである。

    23 しかし、信仰しんこうあらわれるまえには、わたしたちは律法りっぽうもと監視かんしされており、やがて啓示けいじされる信仰しんこうときまでめられていた。

    24 このようにして律法りっぽうは、信仰しんこうによってとされるために、わたしたちをキリストにれて養育掛よういくがかりとなったのである。

    25 しかし、いったん信仰しんこうあらわれた以上いじょう、わたしたちは、もはや養育掛よういくがかりのもとにはいない。

    26 あなたがたはみな、キリスト・イエスにある信仰しんこうによって、かみなのである。

    27 キリストにうバプテスマをけたあなたがたは、みなキリストをたのである。

    28 もはや、ユダヤじんもギリシヤじんもなく、奴隷どれい自由人じゆうじんもなく、おとこおんなもない。あなたがたはみな、キリスト・イエスにあって一つだからである。

    29 もしキリストのものであるなら、あなたがたはアブラハムの子孫しそんであり、約束やくそくによる相続人そうぞくにんなのである。