聖典
使徒行伝4
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第4章

1 かれらが人々ひとびとにこのようにかたっているあいだに、祭司さいしたち、宮守みやもりがしら、サドカイびとたちが近寄ちかよってきて、

2 かれらが人々ひとびとおしえき、イエス自身じしんおこった死人しにん復活ふっかつ宣伝せんでんしているのにをいらて、

3 かれらにをかけてとらえ、はやれていたので、よくあさまで留置りゅうちしておいた。

4 しかし、かれらのはなしいたおおくのひとたちはしんじた。そして、そのおとこかずが五千にんほどになった。

5 くる役人やくにん長老ちょうろう律法りっぽう学者がくしゃたちが、エルサレムに召集しょうしゅうされた。

6 大祭司だいさいしアンナスをはじめ、カヤパ、ヨハネ、アレキサンデル、そのほか大祭司だいさいし一族いちぞくもみなあつまった。

7 そして、そのまんなか使徒しとたちをたせて尋問じんもんした、「あなたがたは、いったい、なんの権威けんい、また、だれのによって、このことをしたのか」。

8 そのとき、ペテロが聖霊せいれいたされてった、「たみ役人やくにんたち、ならびに長老ちょうろうたちよ、

9 わたしたちが、きょう、取調とりしらべをけているのは、病人びょうにんたいしてしたいわざについてであり、このひとがどうしていやされたかについてであるなら、

10 あなたがたご一同いちどうも、またイスラエルの人々ひとびと全体ぜんたいも、っていてもらいたい。このひと元気げんきになってみんなのまえっているのは、ひとえに、あなたがたが十字架じゅうじかにつけてころしたのを、かみ死人しにんなかからよみがえらせたナザレびとイエス・キリストの御名みなによるのである。

11 このイエスこそは『あなたがたいえつくりらにてられたが、すみのかしらいしとなったいし』なのである。

12 このひとによる以外いがいすくいはない。わたしたちをすくいうるは、これをべつにしては、天下てんかのだれにもあたえられていないからである」。

13 人々ひとびとはペテロとヨハネとの大胆だいたんはなしぶりを、また同時どうじに、ふたりが無学むがくな、ただのひとたちであることをって、不思議ふしぎおもった。そしてかれらがイエスとともにいたものであることをみとめ、

14 かつ、かれらにいやされたものがそのそばにっているのをては、まったくかえ言葉ことばがなかった。

15 そこで、ふたりに議会ぎかいから退場たいじょうするようにめいじてから、たがい協議きょうぎをつづけて

16 った、「あのひとたちを、どうしたらよかろうか。かれらによっていちじるしいしるしがおこなわれたことは、エルサレムの住民じゅうみん全体ぜんたいれわたっているので、否定ひていしようもない。

17 ただ、これ以上いじょうこのことが民衆みんしゅうあいだにひろまらないように、今後こんごはこのによって、いっさいだれにもかたってはいけないと、おどしてやろうではないか」。

18 そこで、ふたりをれて、イエスのによってかたることもくことも、いっさい相成あいならぬといわたした。

19 ペテロとヨハネとは、これにたいしてった、「かみしたがうよりも、あなたがたにしたがほうが、かみまえただしいかどうか、判断はんだんしてもらいたい。

20 わたしたちとしては、自分じぶんたこといたことを、かたらないわけにはいかない」。

21 そこで、かれらはふたりをさらにおどしたうえ、ゆるしてやった。みんなのものが、この出来事できごとのために、かみをあがめていたので、その人々ひとびと手前てまえ、ふたりをばっするすべがなかったからである。

22 そのしるしによっていやされたのは、四十さいあまりのひとであった。

23 ふたりはゆるされてから、仲間なかまものたちのところにかえって、祭司長さいしちょうたちや長老ちょうろうたちがったいっさいのことを報告ほうこくした。

24 一同いちどうはこれをくと、くちをそろえて、かみにむかいこえをあげてった、「てんうみと、そのなかのすべてのものとのつくりぬしなるしゅよ。

25 あなたは、わたしたちの先祖せんぞ、あなたのしもべダビデのくちをとおして、聖霊せいれいによって、こうおおせになりました、『なぜ、異邦人いほうじんらは、さわち、もろもろのたみは、むなしいことをはかり、

26 地上ちじょうおうたちは、ちかまえ、支配者しはいしゃたちは、とうんで、しゅとそのキリストとにさからったのか』。

27 まことに、ヘロデとポンテオ・ピラトとは、異邦人いほうじんらやイスラエルのたみ一緒いっしょになって、このみやこあつまり、あなたからあぶらそそがれたせいなるしもべイエスにさからい、

28 とみむねとによって、あらかじめさだめられていたことを、なしげたのです。

29 しゅよ、いま、かれらの脅迫きょうはくをとめ、しもべたちに、おもって大胆だいたん御言葉みことばかたらせてください。

30 そしてみばしていやしをなし、せいなるしもべイエスのによって、しるしと奇跡きせきとをおこなわせてください」。

31 かれらがいのえると、そのあつまっていた場所ばしょうごき、一同いちどう聖霊せいれいたされて、大胆だいたんかみことばかたした。

32 しんじたものれは、こころを一つにしおもいを一つにして、だれひとりそのもの自分じぶんのものだと主張しゅちょうするものがなく、いっさいのもの共有きょうゆうにしていた。

33 使徒しとたちはしゅイエスの復活ふっかつについて、非常ひじょう力強ちからづよくあかしをした。そしておおきなめぐみが、かれ一同いちどうそそがれた。

34 かれらのなかとぼしいものは、ひとりもいなかった。地所じしょ家屋かおくっているひとたちは、それをり、ったもの代金だいきんをもってきて、

35 使徒しとたちのあしもとにいた。そしてそれぞれの必要ひつようおうじて、だれにでもあたえられた。

36 クプロうまれのレビびとで、使徒しとたちにバルナバ(「なぐさめの」との)とばれていたヨセフは、

37 自分じぶん所有しょゆうするはたけり、その代金だいきんをもってきて、使徒しとたちのあしもとにいた。