使徒行伝26
    脚注

    第26章

    1 アグリッパはパウロに、「おまえ自身じしんのことをはなしてもよい」とった。そこでパウロは、をさしべて、弁明べんめいをしはじめた。

    2 「アグリッパおうよ、ユダヤじんたちからうったえられているすべてのことかんして、きょう、あなたのまえ弁明べんめいすることになったのは、わたしのしあわせにおもうところであります。

    3 あなたは、ユダヤじんのあらゆる慣例かんれい問題もんだいを、よくいておられるかたですから、わたしのもうすことを、寛大かんだいなおこころいていただきたいのです。

    4 さて、わたしはわか時代じだいには、はじめから国民こくみんなかで、またエルサレムでごしたのですが、そのころのわたしの生活せいかつぶりは、ユダヤじんがみんなよくっているところです。

    5 かれらはわたしをはじめからっているので、証言しょうげんしようとおもえばできるのですが、わたしは、わたしたちの宗教しゅうきょうもっと厳格げんかくにしたがって、パリサイびととしての生活せいかつをしていたのです。

    6 いまわたしは、かみがわたしたちの先祖せんぞ約束やくそくなさった希望きぼうをいだいているために、裁判さいばんけているのであります。

    7 わたしたちの十二の部族ぶぞくは、夜昼よるひる熱心ねっしんかみつかえて、その約束やくそくようとのぞんでいるのです。おうよ、この希望きぼうのために、わたしはユダヤじんからうったえられています。

    8 かみ死人しにんをよみがえらせるということが、あなたがたには、どうしてしんじられないこととおもえるのでしょうか。

    9 わたし自身じしんも、以前いぜんには、ナザレびとイエスのさからって反対はんたい行動こうどうをすべきだと、おもっていました。

    10 そしてわたしは、それをエルサレムで敢行かんこうし、祭司長さいしちょうたちから権限けんげんあたえられて、おおくの聖徒せいとたちをごくめ、かれらがころされるときには、それに賛成さんせいあらわしました。

    11 それから、いたるところの会堂かいどうで、しばしばかれらをばっして、無理むりやりにかみをけがす言葉ことばわせようとし、かれらにたいしてひどくくるい、ついに外国がいこく町々まちまちにまで、迫害はくがいをのばすにいたりました。

    12 こうして、わたしは、祭司長さいしちょうたちから権限けんげん委任いにんとをけて、ダマスコにったのですが、

    13 おうよ、その途中とちゅう真昼まひるに、ひかりてんからさしてるのをました。それは、太陽たいようよりも、もっとひかかがやいて、わたしと同行者どうこうしゃたちとをめぐりてらしました。

    14 わたしたちはみなたおれましたが、そのときヘブルでわたしにこうびかけるこえきました、『サウロ、サウロ、なぜわたしを迫害はくがいするのか。とげのあるむちをければ、きずうだけである』。

    15 そこで、わたしが『しゅよ、あなたはどなたですか』とたずねると、しゅわれた、『わたしは、あなたが迫害はくがいしているイエスである。

    16 さあ、きあがって、自分じぶんあしちなさい。わたしがあなたにあらわれたのは、あなたがわたしにったことと、あなたにあらわれてしめそうとしていることとをあかしし、これをつたえるつとめに、あなたをにんじるためである。

    17 わたしは、この国民こくみん異邦人いほうじんとのなかから、あなたをすくし、あらためてあなたをかれらにつかわすが、

    18 それは、かれらのひらき、かれらをやみからひかりへ、悪魔あくま支配しはいからかみのみもとへかえらせ、また、かれらがつみのゆるしを、わたしをしんじる信仰しんこうによって、せいべつされた人々ひとびとくわわるためである』。

    19 それですから、アグリッパおうよ、わたしはてんよりの啓示けいじにそむかず、

    20 まずはじめにダマスコにいる人々ひとびとに、それからエルサレムにいる人々ひとびと、さらにユダヤ全土ぜんど、ならびに異邦人いほうじんたちに、あらためてかみかえり、悔改くいあらためにふさわしいわざをおこなうようにと、すすめました。

    21 そのために、ユダヤじんは、わたしをみやとらえてころそうとしたのです。

    22 しかし、わたしは今日こんにちいたるまでかみ加護かごけ、このようにって、ちいさいものにもおおきいものにもあかしをなし、預言者よげんしゃたちやモーセが、今後こんごおこるべきだとかたったことを、そのままべてきました。

    23 すなわち、キリストが苦難くなんけること、また、死人しにんなかから最初さいしょによみがえって、この国民こくみん異邦人いほうじんとに、ひかりつたえるにいたることを、あかししたのです」。

    24 パウロがこのように弁明べんめいをしていると、フェストは大声おおごえった、「パウロよ、おまえはくるっている。博学はくがくが、おまえをくるわせている」。

    25 パウロがった、「フェスト閣下かっかよ、わたしはくるってはいません。わたしは、まじめな真実しんじつ言葉ことばかたっているだけです。

    26 おうはこれらのことをよくっておられるので、おうたいしても、率直そっちょくもうげているのです。それは、かたすみでおこなわれたのではないのですから、一つとして、おうのがされたことはないとしんじます。

    27 アグリッパおうよ、あなたは預言者よげんしゃしんじますか。しんじておられるとおもいます」。

    28 アグリッパがパウロにった、「おまえはすこいただけで、わたしをクリスチャンにしようとしている」。

    29 パウロがった、「くことがすこしであろうと、おおくであろうと、わたしがかみいのるのは、ただあなただけでなく、きょう、わたしの言葉ことばいたひともみな、わたしのようになってくださることです。このようなくさりべつですが」。

    30 それから、おう総督そうとくもベルニケも、また列席れっせき人々ひとびとも、みなちあがった。

    31 退場たいじょうしてから、たがいかたってった、「あのひとは、投獄とうごくあたるようなことをしてはいない」。

    32 そして、アグリッパがフェストにった、「あのひとは、カイザルに上訴じょうそしていなかったら、ゆるされたであろうに」。