ペテロの第二の手紙三
    脚注

    第三章

    あいするものたちよ。わたしはいまこのだい二の手紙てがみをあなたがたにきおくり、これらの手紙てがみによって記憶きおくおこし、あなたがたの純真じゅんしんこころふるたせようとした。

    それは、せいなる預言者よげんしゃたちがあらかじめかたった言葉ことばと、あなたがたの使徒しとたちがつたえたしゅなる救主すくいぬしいましめとを、おもさせるためである。

    まずつぎのことをるべきである。おわりのときにあざけるものたちが、あざけりながらてきて、自分じぶん欲情よくじょうのままに生活せいかつし、

    しゅ来臨らいりん約束やくそくはどうなったのか。先祖せんぞたちがねむりについてから、すべてのものは天地てんち創造そうぞうはじめからそのままであって、かわってはいない」とうであろう。

    すなわち、かれらはこのことをみとめようとはしない。ふるむかしてん存在そんざいし、かみことばによって、みずがもとになり、また、みずによってったのであるが、

    そのとき世界せかいは、御言みことばによりみずでおおわれてほろんでしまった。

    しかし、いまてんとは、おな御言みことばによって保存ほぞんされ、信仰しんこう人々ひとびとがさばかれ、ほろぼさるべきかれるときまで、そのままたもたれているのである。

    あいするものたちよ。この一事いちじわすれてはならない。しゅにあっては、一にちは千ねんのようであり、千ねんは一にちのようである。

    ある人々ひとびとがおそいとおもっているように、しゅ約束やくそく実行じっこうをおそくしておられるのではない。ただ、ひとりもほろびることがなく、すべてのもの悔改くいあらためにいたることをのぞみ、あなたがたにたいしてながく忍耐にんたいしておられるのである。

    一〇 しかし、しゅ盗人ぬすびとのようにおそってる。そのには、てん大音響だいおんきょうをたててり、天体てんたいけてくずれ、とそのうえつくされたものも、みなきつくされるであろう。

    一一 このように、これらはみなくずれちていくものであるから、かみ到来とうらい熱心ねっしんのぞんでいるあなたがたは、

    一二 極力きょくりょく、きよく信心しんじんぶかおこないをしていなければならない。そのには、てんえくずれ、天体てんたいけうせてしまう。

    一三 しかし、わたしたちは、かみ約束やくそくしたがって、あたらしいてんあたらしいとをのぞんでいる。

    一四 あいするものたちよ。それだから、このっているあなたがたは、しみもなくきずもなく、やすらかなこころで、かみのみまえにられるようにはげみなさい。

    一五 また、わたしたちのしゅ寛容かんようすくいのためであるとおもいなさい。このことは、わたしたちのあいする兄弟きょうだいパウロが、かれあたえられた知恵ちえによって、あなたがたにきおくったとおりである。

    一六 かれは、どの手紙てがみにもこれらのことをべている。その手紙てがみなかには、ところどころ、わかりにくい箇所かしょもあって、無学むがくこころさだまらないものたちは、ほかの聖書せいしょについてもしているように、無理むり解釈かいしゃくをほどこして、自分じぶん滅亡めつぼうまねいている。

    一七 あいするものたちよ。それだから、あなたがたはかねてからこころがけているように、非道ひどうものまどわしにさそまれて、あなたがた自身じしん確信かくしんうしなうことのないようにこころがけなさい。

    一八 そして、わたしたちのしゅまた救主すくいぬしイエス・キリストのめぐみと知識ちしきとにおいて、ますますゆたかになりなさい。栄光えいこうが、いまも、また永遠えいえんいたるまでも、しゅにあるように、アァメン。