聖典
コリント人への第一の手紙7
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第7章

1 さて、あなたがたがいてよこしたことについてこたえると、男子だんし婦人ふじんにふれないがよい。

2 しかし、不品行ふひんこうおちいることのないために、男子だんしはそれぞれ自分じぶんつまち、婦人ふじんもそれぞれ自分じぶんおっとつがよい。

3 おっとつまにそのぶんはたし、つま同様どうようおっとにそのぶんはたすべきである。

4 つま自分じぶんのからだを自由じゆうにすることはできない。それができるのはおっとである。おっと同様どうよう自分じぶんのからだを自由じゆうにすることはできない。それができるのはつまである。

5 たがいこばんではいけない。ただし、合意ごういうえいのり専心せんしんするために、しばらく相別あいわかれ、それからまた一緒いっしょになることは、さしつかえない。そうでないと、自制力じせいりょくのないのにじょうじて、サタンがあなたがたを誘惑ゆうわくするかもれない。

6 以上いじょうのことは、譲歩じょうほのつもりでうのであって、命令めいれいするのではない。

7 わたしとしては、みんなのものがわたし自身じしんのようになってほしい。しかし、ひとりびとりかみからそれぞれの賜物たまものをいただいていて、あるひとはこうしており、ひとはそうしている。

8 つぎに、未婚者みこんしゃたちとやもめたちとにうが、わたしのように、ひとりでおれば、それがいちばんよい。

9 しかし、もしせいすることができないなら、結婚けっこんするがよい。じょうえるよりは、結婚けっこんするほうが、よいからである。

10 さらに、結婚けっこんしているものたちにめいじる。めいじるのは、わたしではなくしゅであるが、つまおっとからわかれてはいけない。

11 (しかし、万一まんいちわかれているなら、結婚けっこんしないでいるか、それともおっと和解わかいするかしなさい)。またおっとつま離婚りこんしてはならない。

12 そのほかの人々ひとびとう。これをうのは、しゅではなく、わたしである。ある兄弟きょうだい不信者ふしんじゃつまがあり、そしてともにいることをよろこんでいる場合ばあいには、離婚りこんしてはいけない。

13 また、ある婦人ふじんおっと不信者ふしんじゃであり、そしてともにいることをよろこんでいる場合ばあいには、離婚りこんしてはいけない。

14 なぜなら、不信者ふしんじゃおっとつまによってきよめられており、また、不信者ふしんじゃつまおっとによってきよめられているからである。もしそうでなければ、あなたがたのけがれていることになるが、実際じっさいはきよいではないか。

15 しかし、もし不信者ふしんじゃほうはなれてくのなら、はなれるままにしておくがよい。兄弟きょうだい姉妹しまいも、こうした場合ばあいには、束縛そくばくされてはいない。かみは、あなたがたを平和へいわくらさせるために、されたのである。

16 なぜなら、つまよ、あなたがおっとすくいうるかどうか、どうしてわかるか。また、おっとよ、あなたもつますくいうるかどうか、どうしてわかるか。

17 ただ、各自かくじは、しゅからたまわったぶんおうじ、またかみされたままの状態じょうたいにしたがって、あゆむべきである。これが、すべての教会きょうかいたいしてわたしのめいじるところである。

18 されたとき割礼かつれいけていたら、そのあとをなくそうとしないがよい。また、されたとき割礼かつれいけていなかったら、割礼かつれいけようとしないがよい。

19 割礼かつれいがあってもなくても、それは問題もんだいではない。大事だいじなのは、ただかみいましめをまもることである。

20 各自かくじは、されたままの状態じょうたいにとどまっているべきである。

21 されたとき奴隷どれいであっても、それをにしないがよい。しかし、もし自由じゆうになりうるなら、むしろ自由じゆうになりなさい。

22 しゅにあってされた奴隷どれいは、しゅによって自由人じゆうじんとされたものであり、また、された自由人じゆうじんはキリストの奴隷どれいなのである。

23 あなたがたは、代価だいかはらっていとられたのだ。ひと奴隷どれいとなってはいけない。

24 兄弟きょうだいたちよ。各自かくじは、そのされたままの状態じょうたいで、かみのみまえにいるべきである。

25 おとめのことについては、わたしはしゅ命令めいれいけてはいないが、しゅのあわれみによりしんにんけているものとして、意見いけんべよう。

26 わたしはこうかんがえる。現在げんざいせまっている危機ききのゆえに、ひと現状げんじょうにとどまっているがよい。

27 もしつまむすばれているなら、こうとするな。つまむすばれていないなら、つまむかえようとするな。

28 しかし、たとい結婚けっこんしても、つみおかすのではない。また、おとめが結婚けっこんしても、つみおかすのではない。ただ、それらの人々ひとびとはその苦難くなんけるであろう。わたしは、あなたがたを、それからのがれさせたいのだ。

29 兄弟きょうだいたちよ。わたしのうことをいてほしい。ときちぢまっている。いまからはつまのあるものはないもののように、

30 ものかないもののように、よろこものよろこばないもののように、ものたないもののように、

31 交渉こうしょうのあるものは、それにふかりしないようにすべきである。なぜなら、この有様ありさまるからである。

32 わたしはあなたがたが、おもわずらわないようにしていてほしい。未婚みこん男子だんししゅのことにこころをくばって、どうかしてしゅよろこばせようとするが、

33 結婚けっこんしている男子だんしはこののことにこころをくばって、どうかしてつまよろこばせようとして、そのこころわかれるのである。

34 未婚みこん婦人ふじんとおとめとは、しゅのことにこころをくばって、たましいもきよくなろうとするが、結婚けっこんした婦人ふじんはこののことにこころをくばって、どうかしておっとよろこばせようとする。

35 わたしがこううのは、あなたがたの利益りえきになるとおもうからであって、あなたがたを束縛そくばくするためではない。そうではなく、ただしい生活せいかつおくって、余念よねんなくしゅ奉仕ほうしさせたいからである。

36 もしあるひとが、相手あいてのおとめにたいして、じょうねつをいだくようになった場合ばあい、それは適当てきとうでないとおもいつつも、やむをなければ、のぞみどおりにしてもよい。それはつみおかすことではない。ふたりは結婚けっこんするがよい。

37 しかし、かれこころうちかた決心けっしんしていて、無理むりをしないで自分じぶんおもいをせいすることができ、そのうえで、相手あいてのおとめをそのままにしておこうと、こころなかめたなら、そうしてもよい。

38 だから、相手あいてのおとめと結婚けっこんすることはさしつかえないが、結婚けっこんしないほうがもっとよい。

39 つまおっときているあいだは、そのおっとにつながれている。おっとねば、のぞひと結婚けっこんしてもさしつかえないが、それはしゅにあるものとにかぎる。

40 しかし、わたしの意見いけんでは、そのままでいたなら、もっと幸福こうふくである。わたしもかみれいけているとおもう。