コリント人への第一の手紙2
    脚注
    Theme

    第2章

    1 兄弟きょうだいたちよ。わたしもまた、あなたがたのところったとき、かみのあかしをつたえるのに、すぐれた言葉ことば知恵ちえもちいなかった。

    2 なぜなら、わたしはイエス・キリスト、しかも十字架じゅうじかにつけられたキリスト以外いがいのことは、あなたがたのあいだではなにるまいと、決心けっしんしたからである。

    3 わたしがあなたがたのところったときには、よわくかつおそれ、ひどく不安ふあんであった。

    4 そして、わたしの言葉ことばもわたしの宣教せんきょうも、たくみな知恵ちえ言葉ことばによらないで、れいちからとの証明しょうめいによったのである。

    5 それは、あなたがたの信仰しんこうひと知恵ちえによらないで、かみちからによるものとなるためであった。

    6 しかしわたしたちは、円熟えんじゅくしているものあいだでは、知恵ちえかたる。この知恵ちえは、このもの知恵ちえではなく、このほろ支配者しはいしゃたちの知恵ちえでもない。

    7 むしろ、わたしたちがかたるのは、かくされた奥義おくぎとしてのかみ知恵ちえである。それはかみが、わたしたちのける栄光えいこうのために、はじまらぬさきから、あらかじめさだめておかれたものである。

    8 この支配者しはいしゃたちのうちで、この知恵ちえっていたものは、ひとりもいなかった。もしっていたなら、栄光えいこうしゅ十字架じゅうじかにつけはしなかったであろう。

    9 しかし、聖書せいしょいてあるとおり、「がまだず、みみがまだかず、ひとこころおもうかびもしなかったことを、かみは、ご自分じぶんあいするものたちのためにそなえられた」のである。

    10 そして、それをかみは、御霊みたまによってわたしたちに啓示けいじしてくださったのである。御霊みたまはすべてのものをきわめ、かみふかみまでもきわめるのだからである。

    11 いったい、人間にんげんおもいは、そのうちにある人間にんげんれい以外いがいに、だれがっていようか。それとおなじようにかみおもいも、かみ御霊みたま以外いがいには、るものはない。

    12 ところが、わたしたちがけたのは、このれいではなく、かみからのれいである。それによって、かみからたまわっためぐみをさとるためである。

    13 この賜物たまものについてかたるにも、わたしたちは人間にんげん知恵ちえおしえる言葉ことばもちいないで、御霊みたまおしえる言葉ことばもちい、れいによってれいのことを解釈かいしゃくするのである。

    14 うまれながらのひとは、かみ御霊みたま賜物たまものけいれない。それはかれにはおろかなものだからである。また、御霊みたまによって判断はんだんされるべきであるから、かれはそれを理解りかいすることができない。

    15 しかし、れいひとは、すべてのものを判断はんだんするが、自分じぶん自身じしんはだれからも判断はんだんされることはない。

    16 「だれがしゅおもいをって、かれおしえることができようか」。しかし、わたしたちはキリストのおもいをっている。