コリント人への第一の手紙13
    脚注
    Theme

    第13章

    1 たといわたしが、人々ひとびと言葉ことば御使みつかいたちの言葉ことばかたっても、もしあいがなければ、わたしは、やかましいかねさわがしい鐃鉢にょうはちおなじである。

    2 たといまた、わたしに預言よげんをするちからがあり、あらゆる奥義おくぎとあらゆる知識ちしきとにつうじていても、また、やまうつすほどのつよ信仰しんこうがあっても、もしあいがなければ、わたしはひとしい。

    3 たといまた、わたしが自分じぶんぜん財産ざいさんひとほどこしても、また、自分じぶんのからだをかれるためにわたしても、もしあいがなければ、いっさいは無益むえきである。

    4 あい寛容かんようであり、あい情深なさけぶかい。また、ねたむことをしない。あいたかぶらない、ほこらない、

    5 不作法ぶさほうをしない、自分じぶん利益りえきもとめない、いらだたない、うらみをいだかない。

    6 不義ふぎよろこばないで真理しんりよろこぶ。

    7 そして、すべてをしのび、すべてをしんじ、すべてをのぞみ、すべてをえる。

    8 あいはいつまでもえることがない。しかし、預言よげんはすたれ、異言いげんはやみ、知識ちしきはすたれるであろう。

    9 なぜなら、わたしたちのるところは一部分ぶぶんであり、預言よげんするところも一部分ぶぶんにすぎない。

    10 まったきものがときには、部分ぶぶんてきなものはすたれる。

    11 わたしたちがおさであったときには、おさらしくかたり、おさらしくかんじ、また、おさらしくかんがえていた。しかし、おとなとなったいまは、おさらしいことをててしまった。

    12 わたしたちは、いまは、かがみうつしてるようにおぼろげにている。しかしそのときには、かおかおとをわせて、るであろう。わたしのるところは、いまは一部分ぶぶんにすぎない。しかしそのときには、わたしが完全かんぜんられているように、完全かんぜんるであろう。

    13 このように、いつまでも存続そんぞくするものは、信仰しんこう希望きぼうあいと、この三つである。このうちでもっとおおいなるものは、あいである。