教義と聖約 97
    脚注

    第​97​章

    千八百三十三​ねん​八がつふつ、オハイオ​しゅう​カートランド​に​おいて、げんしゃ​ジョセフ・​スミス​を​とおして​あたえられた​けい(『きょうかいれき』​だい一​かん、四百-四百二​ページ)。この​けい​は、とくに​ミズーリ​しゅう​ジャクソン​ぐん​シオン​に​おける​せい​たち​の​こと​を​あつかって​おり、げんしゃ​が​しゅ​に​みちびき​を​もとめた​こと​へ​の​こたえ​として​あたえられた​もの​で​ある。とう、ミズーリ​しゅう​の​きょうかい​の​会員かいいん​たち​は​きびしい​はくがい​を​けて​おり、かれら​は​ジャクソン​ぐん​を​る​と​いう​ごうしょ​に、千八百三十三​ねん​七がつ​二十三​にち​に​やり​しょめい​させられて​いた。

    1-2(ミズーリ​しゅう​ジャクソン​ぐん)シオン​の​せい​たち​の​おおく​は、かれら​の​ちゅうじつさ​の​ゆえ​に​しゅくふく​される。​3-5​パーリー・​P・​プラット​は、シオン​に​おける​がっこう​で​の​はたらき​を​められる。​6-9せいやく​を​まもる​もの​は、しゅ​に​よって​れられる。​10-17こころ​の​きよい​もの​が​かみ​に​まみえる​しょ​で​ある​一つ​の​みや​を、シオン​に​て​なければ​ならない。​18-21​シオン​と​は、こころ​の​きよい​もの​で​ある。​22-28​シオン​は、ちゅうじつ​で​あれ​ば​しゅ​の​らしめ​を​まぬがれる。

    1 まことに、わたし​は​とも​で​ある​あなたがた​に​う。わたし​の​こえ、すなわち​わたし​の​たま​の​こえ​を​もって​あなたがた​に​かたる。それ​は、シオン​の​​に​おける​あなたがた​の​きょうだい​たち、その​おおく​が​こころ​から​へりくだり、​を​て​しん​を​いだそう​と​熱心ねっしん​に​つとめて​いる​その​きょうだい​たち​に​ついて、わたし​の​おもい​を​あなたがた​に​しめす​ため​で​ある。

    2 まことに、まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。その​よう​な​もの​は​それ​を​る​ので、さいわい​で​ある。しゅ​なる​わたし​は、にゅう​な​もの​すべて​と、わたし​の​ほっする​もの​すべて​に​あわれみ​を​しめす​から​で​ある。それ​は、わたし​が​かれら​を​さばく​とき​に、わたし​が​ただしい​と​される​ため​で​ある。

    3 よ、わたし​は、シオン​に​おける​じゅく​に​かんして​あなたがた​に​う。しゅ​なる​わたし​は、シオン​に​じゅく​が​ある​こと​を​こころ​から​よろこんで​おり、また​わたし​の​しもべパーリー・​P・​プラット​の​こと​も、かれ​が​わたし​に​つながって​いる​ので​こころ​から​よろこんで​いる。

    4 そして、かれ​が​つづけて​わたし​に​つながって​いれ​ば、わたし​が​ほか​の​いましめ​を​かれ​に​あたえる​まで、かれ​は​シオン​の​​に​おける​じゅく​を​つづき​かん​する​で​あろう。

    5 また、わたし​は、かれ​が​シオン​に​おける​じゅく​と​きょうかい​を​きょう​する​ため​に、すべて​の​聖文せいぶん​と​おく​を​かせる​よう​に、おおく​の​しゅくふく​を​もって​かれ​を​しゅくふく​しよう。

    6 じゅく​の​のこり​の​もの​に、しゅ​なる​わたし​は​よろこんで​あわれみ​を​しめす。に​も​かかわらず、らしめ​を​け​なければ​ならない​もの​たち​が​おり、かれら​の​おこない​は​らされる​で​あろう。

    7 おの​は​​の​もと​に​かれて​いる。い​​を​むすばない​​は​ことごとく​り​たおされて、​の​なか​に​まれる​で​あろう。しゅ​なる​わたし​が​これ​を​かたった。

    8 まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。かれら​の​なか​で、その​こころ​が​しょうじき​で、くだかれて​いて、かつ​その​れい​が​いて​いる​こと​を​って​おり、また​せい​を​はらって、すなわち​しゅ​なる​わたし​が​めいじる​あらゆる​せい​を​はらって​ぶん​の​せいやく​を​すすんで​まもろう​と​する​すべて​の​もの​は、わたし​に​れられる。

    9 しゅ​なる​わたし​は、い​​で​きよらか​な​ながれ​の​ほとり​に​えられた、おおく​の​とうとい​​を​むすぶ​みのり​ゆたか​な​​の​よう​に、かれら​に​​を​むすばせる​から​で​ある。

    10 まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。わたし​の​おもい​は、わたし​が​あなたがた​に​あたえた​かた​に​ならって、シオン​の​​に​わたし​の​ため​に​一つ​の​いえ​を​てる​こと​で​ある。

    11 すなわち、わたし​の​たみ​の​おさめる​じゅうぶん​の​いち​に​よって​すみやか​に​それ​を​て​なさい。

    12 よ、これ​は、シオン​の​すくい​の​ため​に​わたし​に​一つ​の​いえ​を​てる​よう​に、しゅ​なる​わたし​が​かれら​の​​に​もとめる​じゅうぶん​の​いち​と​せい​で​ある。

    13 すなわち、この​いえ​は、すべて​の​せい​たち​が​感謝かんしゃ​を​ささげる​しょ​として、また​それぞれ​の​し​と​しょく​の​すべて​に​おいて​ほう​の​わざ​に​された​すべて​の​ひと​を​おしえる​しょ​として​てられる​もの​で​ある。

    14 それ​は、かれら​の​つとめ​を​かい​する​こと​に​おいて、ろん​に​おいて、原則げんそく​に​おいて、きょう​に​おいて、その​おうこく​の​かぎ​が​あなたがた​に​さずけられて​いる​じょう​の​かみ​の​おうこく​に​かんする​すべて​の​こと​に​おいて、かれら​が​完全かんぜん​に​なる​ため​で​ある。

    15 また、わたし​の​たみ​が​しゅ​の​​に​よって​わたし​に​一つ​の​いえ​を​て、それ​が​けがされない​よう​に、なん​で​あろう​と​きよくない​もの​が​そこ​に​はいる​の​を​ゆるさなければ、わたし​の​えいこう​は​その​うえ​に​とどまる​で​あろう。

    16 まことに​また、わたし​は​そこ​に​いる。わたし​は​そこ​に​る​から​で​ある。そして、そこ​に​はいって​る​こころ​の​きよい​もの​は​みなかみ​を​る​で​あろう。

    17 しかし、もしも​それ​が​けがされる​なら​ば、わたし​が​そこ​に​る​こと​は​なく、わたし​の​えいこう​は​そこ​に​ない。わたし​は​きよくない​神殿しんでん​に​は​ない​から​で​ある。

    18 さて​よ、シオン​が​これら​の​こと​を​おこなう​なら​ば、シオン​は​さかえ、みずから​を​ひろげ、じょう​に​えいこう​に​ちた、きわめて​おおいなる、そして​はなはだ​おそろしい​もの​と​なる​で​あろう。

    19 そして、​の​もろもろ​の​こくみん​は​シオン​を​とうとび、う​で​あろう。「たしか​に​シオン​は​我々われわれ​の​かみ​の​みやこ​で​あり、また、たしか​に​シオン​は​たおれる​こと​も、その​しょ​から​うつされる​こと​も​ありない。かみ​が​そこ​に​おられ、しゅ​の​​が​そこ​に​ある​から​で​ある。

    20 しゅ​は​シオン​の​すくい​と​なり​シオン​の​たかい​やぐら​に​なる​と、その​つよい​ちから​に​よって​ちかわれた。」

    21 それゆえ、しゅ​は​この​よう​に​う。まことに、シオン​を​よろこばせ​なさい。こころ​の​きよい​もの、これ​こそ​シオン​で​ある。それゆえ、シオン​を​よろこばせ​なさい。いっぽうあくにん​は​みななげき​かなしむ​で​あろう。

    22 よ、よ、ほうふく​は​かみ​を​うやまわない​もの​の​うえ​に​旋風せんぷう​の​よう​に​すみやか​に​およぶ。そして、だれ​が​それ​を​まぬがれる​で​あろう​か。

    23 しゅ​の​らしめ​は​よる​も​ひる​も​とおり​き、その​らせ​は​すべて​の​ひと​を​なやます。すなわち、しゅ​が​る​まで、それ​は​とどめられない​で​あろう。

    24 しゅ​の​いきどおり​は、かれら​の​まわしい​おこない​と​すべて​の​じゃあく​な​おこない​に​かって​えて​いる​から​で​ある。

    25 それでも、シオン​が​わたし​の​めいじた​すべて​の​こと​を​つとめて​おこなう​なら​ば、シオン​は​まぬがれる​で​あろう。

    26 しかし、もし​シオン​が​わたし​の​めいじた​こと​を​なん​で​あろう​と​つとめて​おこなう​よう​に​しなければ、わたし​は​シオン​の​すべて​の​おこない​に​おうじて、ひどい​なんえきびょうあくえきつるぎほうふくき​くす​​を​シオン​に​おう。

    27 しかしながら、このたび​に​かぎって、シオン​の​みみ​に​つぎ​の​こと​を​み​かせ​なさい。すなわち、しゅ​なる​わたし​は​シオン​の​ささげ​もの​を​れた。そして、シオン​が​これから​もう​つみ​を​おかさなければ、これら​の​こと​は​どれ​も​シオン​に​およばない​で​あろう。

    28 また、わたし​は​数々かずかず​の​しゅくふく​を​もって​シオン​を​しゅくふく​し、シオン​と、シオン​の​​の​そん​に​とこしえ​に​いつまで​も​おおく​の​しゅくふく​を​し​くわえる、と​しゅ​なる​あなたがた​の​かみ​は​う。アーメン。