聖典
教義と聖約 65
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第​65​章

千八百三十一​ねん​十がつ、オハイオ​しゅう​ハイラム​に​おいて、げんしゃ​ジョセフ・​スミス​を​とおして​あたえられた​けい(『きょうかいれき』​だい一​かん、二百十八​ページ)。げんしゃ​は​この​けい​を​一つ​の​いのり​と​しょうして​いる。

1-2かみ​の​おうこく​の​かぎ​が​じょう​の​ひと​に​ゆだねられて​おり、ふくいん​の​たい​は​しょう​を​る。​3-6ふくせんねん​の​てん​の​おうこく​が​て、じょう​の​かみ​の​おうこく​と​一つ​に​なる。

1 よ、たかい​ところ​から​つかわされた​ものちからづよく​勢力せいりょく​の​ある​もの​の​て​まで​て​く​もの、まことに​その​こえ​が​人々ひとびと​に​およぶ​もの​の​こえ​を​き​なさい。「しゅ​の​みち​を​そなえ、その​道筋みちすじ​を​まっすぐ​に​せよ。」

2 かみ​の​おうこく​の​かぎ​は​じょう​の​ひと​に​ゆだねられて​おり、あたかも​ひと​に​よらず​に​やま​から​された​いし​が​ぜん​に​ちる​まで​ころがり​すすむ​よう​に、そこ​から​ふくいん​は​​の​て​まで​ころがり​すすむ​で​あろう。

3 まことに、一つ​の​こえ​は​さけぶ。「あなたがた​は​しゅ​の​みち​を​そなえ、ひつじ​の​婚宴こんえん​を​そなえ、花婿はなむこ​の​ため​に​よう​を​せよ。」

4 しゅ​に​いのり、しゅ​の​せい​なる​​を​び、しゅ​の​おどろく​べき​わざ​を​人々ひとびと​の​あいだ​に​らせ​なさい。

5 しゅ​に​び​もとめて、しゅ​の​おうこく​が​じょう​に​すすみ​く​よう​に​して、​に​む​もの​が​それ​を​れて​きたる​べき​とき​に​そなえられる​よう​に​しなさい。その​とき、ひと​の​​は、じょう​に​てられた​かみ​の​おうこく​に​う​ため​に、その​えいこう​の​かがやき​を​まとっててん​の​なか​を​くだって​る​で​あろう。

6 その​ため​に、かみ​の​おうこく​が​すすみ​き​ます​よう​に。それ​に​よって、てん​の​おうこく​が​て、おお、かみ​よ、あなた​が​てん​で​も​じょう​で​も​たたえられ、あなた​の​てき​が​征服せいふく​され​ます​よう​に。ほまれ​と​ちから​と​えいこう​は、とこしえ​に​いつまで​も​あなた​の​もの​です。アーメン。