モルモンの言葉1
戻る 次へ

モルモンのこと

第1章

モルモン,ニーファイのたいはんみじかくまとめ,しょうはんをほかのはんいっしょにする。ベニヤミンおうこくないへいかくりつする。げんやく三百八十五ねん

1 ところで,わたしモルモンは,これまでぶんつくってきたろくむすモロナイのわたそうとしている。よ,わたしはすでにわたしのたみであるニーファイじんがほとんどすべてほろびてしまうのをた。

2 キリストのらいりんすうひゃくねんたったいま,わたしはこれらのろくむすわたす。むすは,わたしのたみかんぜんめつぼうもくげきするであろう。しかし,むすかれらよりもながきて,かれらについてしょうのことを,またキリストについてもしょうのことをしるして,それがいつのかれらをえきするものとなるようにかみいのる。

3 ところで,わたしはこれまでしるしてきたことについてすこべよう。わたしはニーファイのはんからみじかくまとめたものを,アマレカイのべたこのベニヤミンおうせいいたるまでつくえたのちぜんにわたしのわたされたいろいろなろく調しらべてみたところ,ヤコブからこのベニヤミンおうせいいたるまでのげんしゃたちのみじかはなしと,ニーファイのたくさんのことっているこのはんつかった。

4 このはんしるされていることのなかに,キリストのらいりんげんがあるので,わたしはよろこんでいる。わたしのせんは,げんおおくがじょうじゅしたのをっていた。そして,わたしもまた今日きょうまで,わたしたちについてげんされてきたことがすべてじょうじゅしたこと,またしょうらいについてのげんもすべてかならじょうじゅすることをっている。

5 それゆえ,わたしはこれらのことがらえらんで,それらにかんれんさせてわたしのろくえよう。わたしのろくのこりのぶんは,ニーファイのはんからいてこう。わたしは,ぶんたみのことをぶんの一しるすことができない。

6 しかしよ,わたしはこれらのげんけいっているこのはんって,わたしのろくのこりのぶんいっしょにしよう。これらのげんけいはわたしにとってとうといものであり,またわたしの同胞はらからにもとうといものになることをっているからである。

7 わたしは,あるけんめいもくてきのためにこのようにする。わたしのうちにあるしゅたまはたらきによって,わたしにそのようなささやきがあるからである。わたしはすべてのことをっているわけではないが,しゅしょうらいこることをすべてぞんである。したがってしゅは,ぶんこころどおりにおこなうように,わたしにはたらきかけられるのである。

8 わたしがかみにささげるいのは,わたしの同胞はらからのことであって,かれらがふたたかみについて,まことにキリストのあがないについてるようになり,またふたたよろこばしいたみとなれるようにということである。

9 さて,わたしモルモンは,ニーファイのはんからきしてつくるわたしのろくげるごとつづけよう。わたしはこのろくを,かみさずけてくださったしきかいおうじてつくる。

10 そこで,アマレカイがこのはんをベニヤミンおうわたしたところ,ベニヤミンおうはこれをって,かれだいまでれきだいおうゆずつたえてきたろくふくほかのはんいっしょにした。

11 そしてこれらは,ベニヤミンおうからゆずつたえられて,わたしのはいったのである。わたしモルモンは,これらがこれからさきのこされるようにかみいのっている。またこれらがのこされることをわたしはっている。これらのはんにはじゅうようことがらしるされており,わたしのたみとその同胞はらからは,しるされているかみことのとおりに,おおいなるわりのにそのことによってさばけるからである。

12 ところで,このベニヤミンおうのことであるが,かれだいたみなかしょうあらそいがあった。

13 そして,レーマンじんぐんたいニーファイのからくだってて,ベニヤミンおうたみめた。しかしよ,ベニヤミンおうぐんたいしょうしゅうしてかれらにかった。かれラバンのつるぎち,ぶんしんうでちからるってたたかった。

14 そして,ベニヤミンおうぐんたいしゅちからいただいててきたたかい,ついにレーマンじんなんぜんにんころした。かれらはレーマンじんたたかって,ぶんたちのぎのぜんいきからレーマンじんはらったのである。

15 また,にせキリストあらわれたが,かれらはくちざされ,ざいおうじてばっせられた。

16 そして,たみなかにせげんしゃにせせっきょうしゃにせきょうあらわれたが,かれらもみな,それぞれのざいおうじてばっせられた。また,おおくのあらそいがこり,おおくのものはんしてレーマンじんのもとへってったが,そののちよ,ベニヤミンおうは,たみなかにいるせいなるげんしゃたちのたすけをた。

17 よ,ベニヤミンおうせいなるひとであり,をもってぶんたみおさめた。また,こくないにはせいなるひとおおぜいおり,かれらはちからけんのうをもってかみことかたった。しかも,たみごうじょうであったために,かれらはじょうきびしいこともちいた。

18 こうして,ベニヤミンおうはこれらのひとびとたすけをて,ぶんたいりょくかぎりをくし,のうりょくかぎりをくしてはたらくことによって,げんしゃたちのたすけをけながら,こくないにもういちへいかくりつしたのであった。