モーサヤ書 5
    脚注

    第​5​章

    せい​たち​は、しんこう​に​よって​キリスト​の​むす​および​むすめ​と​なる。そののち、キリスト​の​​に​よって​ばれる。ベニヤミン​おうかっ​と​して​らぐ​こと​なく​い​おこない​を​する​よう​に​たみ​に​き​すすめる。げんぜんやく​百二十四​ねん

    1 ​さて、ベニヤミン​おう​は​この​よう​に​たみ​に​かたり​える​と、ぶん​の​かたった​こと​を​たみ​が​しんじて​いる​か​どう​か​りたい​と​おもい、使つかい​を​たみ​の​なか​に​つかわした。

    2 ​すると​たみ​は​みなこえ​を​わせて​さけんだ。「その​とおり、わたしたち​は、おう​が​わたしたち​に​かたって​くださった​こと​を​すべて​しんじて​います。また、ぜんのう​の​しゅ​の​たま​の​おかげ​で、わたしたち​は​おう​の​こと​が​たしか​で​真実しんじつ​で​ある​こと​を​って​います。たま​は、わたしたち​が​あく​を​おこなう​性癖せいへき​を​もう​​と​つ​こと​なく、えず​ぜん​を​おこなう​のぞみ​を​つ​よう​に、わたしたち​の​なか​に、すなわち​わたしたち​の​こころ​の​なか​に​おおきな​へん​を​しょうじ​させて​ください​ました。

    3 ​そして、わたしたち​しん​も​また、かみ​の​かぎりない​いつくしみ​と​かみ​の​たま​の​あらわれ​に​よって、将来しょうらいこる​こと​を​はっきり​と​しめされて​おり、ふさわしけれ​ば​すべて​の​ものごと​に​ついて​げん​する​こと​が​でき​ます。

    4 ​また、この​だい​な​しき​が​あたえられた​の​は、わたしたち​が、おう​が​かたって​くださった​こと​を​しんじた​から​です。その​けっ、わたしたち​は​この​よう​に、じょう​に​おおきな​よろこび​を​て​います。

    5 ​そして​わたしたち​は、のこり​の​ぜん生涯しょうがいかみ​の​こころ​を​おこない、かみ​から​めいじられる​すべて​の​こと​に​ついて​かみ​の​いましめ​に​したがう​と​いう​せいやく​を​わし​ます。そして、てん使​に​よって​げられた​よう​な、けっして​わる​こと​の​ない​つう​を​ぶんしん​に​まねく​こと​の​ない​よう​に、また​かみ​の​はげしい​いかり​の​さかずき​から​まない​よう​に​します。」

    6 ​さて、これ​は​ベニヤミン​おう​が​かれら​から​きたい​と​のぞんで​いた​こと​で​あった。そこで、おう​は​かれら​に​った。「あなたがた​は、わたし​の​のぞんで​いた​こと​を​かたって​くれた。あなたがた​が​わした​せいやく​は​​に​かなった​せいやく​で​ある。

    7 ​さて、あなたがた​が​わした​せいやく​の​ため​に、あなたがた​は​キリスト​の​​と​ばれ、キリスト​の​むす​および​むすめ​と​ばれる。よ、それ​は、今日こんにち​キリスト​が​霊的れいてき​に​あなたがた​を​​として​​もうけられた​から​で​ある。あなたがた​は、キリスト​の​​を​しんじて​こころ​が​あらたまった​と​う。だから、あなたがた​は​キリスト​から​まれ、キリスト​の​むす​および​むすめ​と​なった​の​で​ある。

    8 ​そして​あなたがた​は、この​しょうごう​の​もと​で​ゆう​を​た。​この​ほか​に​は​あなたがた​に​ゆう​を​​させる​しょうごう​は​ない。すくい​を​もたらす​​は​ほか​に​あたえられて​いない。だから、キリスト​の​​を​けて、かみ​と​せいやく​を​わした​あなたがた​は​みな生涯しょうがい​の​さい​まで​従順じゅうじゅん​で​あって​ほしい。

    9 ​そして、この​とおり​に​する​もの​は​だれでも、ぶん​が​どの​よう​な​​で​ばれる​か​かる​ので、かみ​の​みぎ​に​いだされる​で​あろう。なぜなら​ば、キリスト​の​​で​ばれる​から​で​ある。

    10 ​そして、キリスト​の​​を​けない​もの​は​だれでも、なにか​​ほか​の​​で​ばれる。それゆえ、かみ​の​ひだり​に​いる​ぶん​に​づく​で​あろう。

    11 ​そして、これ​こそ​が、いましめ​に​そむかなければ​けっして​される​こと​の​ない​​で、わたし​が​あなたがた​に​あたえる​と​った​その​​で​ある​こと​を​あなたがた​は​おぼえて​おいて​ほしい。だから、この​​が​あなたがた​の​こころ​から​えて​なくならない​よう​に、あなたがた​は​いましめ​に​そむく​こと​の​ない​よう​ちゅう​しなさい。

    12 ​わたし​は​あなたがた​に​う。あなたがた​は​この​​を​いつも​こころ​に​しっかり​と​しるして​おく​こと​を​わすれない​よう​に​して​ほしい。そう​すれ​ば​あなたがた​は、かみ​の​ひだり​に​いだされる​こと​が​なく、ぶん​が​どの​こえ​で​ばれ、どの​​で​ばれる​か​が​いて​かる​で​あろう。

    13 ​なぜなら​ば、つかえた​こと​も​なく、​も​らぬ​にん​で、こころ​の​おもい​と​こころざし​を​こと​に​して​いる​主人しゅじん​を、どの​よう​に​して​ひと​は​る​こと​が​できよう​か。

    14 ひと​は​また、隣人りんじん​の​もの​で​ある​ろば​を​れてて、これ​を​う​だろう​か。その​よう​な​こと​は​しない​と、わたし​は​あなたがた​に​おう。ひと​は、その​ろば​が​ぶん​の​れ​の​なか​で​くさ​を​はむ​こと​さえ​ゆるさず、それ​を​てて​す​で​あろう。わたし​は​あなたがた​に​う。もし​あなたがた​が​どの​​で​ばれる​の​か​らなければ、おなじ​よう​な​こと​が​あなたがた​の​なか​で​こる​で​あろう。

    15 ​したがって、あなたがた​は​かっ​と​して​らぐ​こと​なく、いつも​おおく​の​い​おこない​を​して、ぜんのうしゃ​で​ある​しゅ​なる​かみ、キリスト​から​ぶん​の​もの​として​いん​を​される​よう​に、また​てん​に​まねき​れられて、永遠えいえん​の​すくい​と​永遠えいえん​の​いのち​に​あずかる​よう​に​して​ほしい。この​永遠えいえん​の​すくい​と​永遠えいえん​の​いのち​は、てん​の​万物ばんぶつ​を​そうぞう​された、あらゆる​もの​に​まさる​かみ​の​​と​ちからこうせいあわれみ​に​よって​あたえられる​もの​で​ある。アーメン。」