モーサヤ書17
次へ

第17章

アルマ,アビナダイのことしんじてめる。アビナダイ,かれてぬ。アビナダイ,ぶんころものたちがびょうになり,またかれてぬことをげんする。げんぜんやく百四十八ねん

1 さて,アビナダイがこれらのことかたえると,おうさいたちに,かれらえてころさせるようにめいじた。

2 ところが,さいたちのなかアルマというものがいて,かれもまたニーファイのそんであった。かれとしわかおとこで,アビナダイがかたったことしんじた。アビナダイがかれらにかってしょうげんしたざいあくのことを,かれっていたからである。そこで,かれおうに,アビナダイをいからずに,かれやすらかにるのをゆるすようにこんがんはじめた。

3 しかし,おうはますますはらてて,かれらのなかからアルマをさせ,そのうえ,使つかいたちにかれあとわせてころさせようとした。

4 しかし,アルマはかれらのまえからし,かれらにつからないようにかくした。かれいくにちかくれたままで,そのあいだにアビナダイがかたったことをすべてしるした

5 さて,おうえいへいにアビナダイをかこんでらえさせた。そこでえいへいかれしばり,ろうんだ。

6 それからみっおうさいたちとそうだんしたすえ,アビナダイをもういちぶんまえれてさせた。

7 そしておうかれった。「アビナダイよ,おまえのざいじょうかくていしている。おまえはあたいする。

8 かみみずかひとらのなかくだってるとったからだ。だから,わたしとわたしのたみについてわざわいをべたことをすべてさないかぎり,おまえはこのゆうころされることになる。」

9 すると,アビナダイはおうった。「わたしはおうもうげます。わたしがこのたみについてあなたにもうげたことしんじつですから,わたしはしません。わたしはそのことたしかであることをあなたにっていただくために,みずからあなたのちることにしたのです。

10 そして,わたしはいたるまでもくるしみにえ,ぶんことすことはせず,そのことはあなたをめるあかしとなるでしょう。わたしをころすならば,あなたはつみのないものながすことになり,これもまた,わりのにあなたをめるあかしとなるでしょう。」

11 そこでノアおうは,かれことおそれ,かれしゃくほうしようとした。かみさばきがぶんくだることをおそれたからである。

12 ところがさいたちは,かれたいしてこえげ,かれのことをうったえて,「このおとこおうをののしった」とった。そのためおうは,かれたいするいかりをかきてられ,かれころすためにわたした。

13 そこでさいたちはアビナダイをらえてしばげ,たきぎやしてそのはだくるしめ,あぶりにしてころした。

14 さて,ほのおからだはじめると,かれさいたちにさけんでった。

15 よ,まことにあなたがたがわたしにおこなったように,あなたがたのそんおおくのひとに,わたしがいまけているくるしみ,あぶりのくるしみをあたえるであろう。そのひとびとが,しゅなるかれらのかみすくいをしんじているというゆうでそうするのである。

16 そしてあなたがたは,ぶんざいあくのために,あらゆるびょうくるしむであろう。

17 またあなたがたは,いたところたれせいひつじれがもうじゅうわれるように,われてあちらこちらにらされるであろう。

18 そのにあなたがたはされ,てきらえられ,そののち,わたしがいまけているように,あぶりのくるしみをけるであろう。

19 このようにして,かみぶんたみほろぼすものほうふくをされる。おお,かみよ,わたしのれいをおけください。」

20 アビナダイはこれらのことえると,たおれてんだ。まことに,かれかみめいれいこばもうとしなかったためにころされ,ぶんことしんじつであることをによってたしかなものとしたのである。