モーサヤ書1
戻る 次へ

モーサヤしょ

第1章

ベニヤミンおうむすたちにかれらのせんことげんおしえる。いろいろなはんがれたろくのおかげで,かれらのしゅうきょうぶんめいのこされる。モーサヤ,おうとしてえらばれ,また,ろくとほかのしなじなかんするせきにんあたえられる。げんぜんやく百三十ねんから百二十四ねんいたる。

1 さて,ゼラヘムラのぜんでは,ベニヤミンおうしたがったすべてのたみなかに,もはやあらそいがこらなかったので,ベニヤミンおうのこしょうがいつづやすらかにおくった。

2 さて,かれには三にんむすがあって,それぞれモーサヤ,ヒローラム,ヒラマンとけられた。かれは,せんのすべてのことによってかれらが教育きょういくけられるようにし,それによってかれらがりょふんべつのあるものとなるように,またせんくちとおしてかたられ,しゅによってもたらされたかずかずげんについてることができるようにした。

3 またかれは,しんちゅうはんきざまれたろくについてもかれらにおしえ,つぎのようにった。「むすたちよ,これらのろくとこれらのいましめがっているこのはんがなかったならば,わたしたちはいまでもかみおくらずにのままでいたにちがいない。あなたがたは,このことをおぼえておいてほしい。

4 このはんたすけがなければ,せんのリーハイは,これらのことがらをすべておもしてどもたちにおしえることなどできなかったであろう。かれエジプトじんことおしえられていたので,これらのきざまれたものをみ,それをどもたちにおしえることができた。そして,どもたちもまたそのどもたちにおしえ,そのようにしてげんざいいたるまで,かみめいれいたされてきたのである。

5 むすたちよ,わたしはあなたがたにう。これらのものがかみによってがれ,そしてのこされたのは,わたしたちがこれをんでかみおくかいし,かみいましめをつねまえいておけるようにするためであって,もしこれらのものがなかったならば,わたしたちのせんでさえもしんこうおちいっていたであろう。そしてわたしたちは,同胞はらからのレーマンじんのようになっていたにちがいない。レーマンじんはこれらのことについてまったくらず,たとえおしえられても,かれらのせんただしくないつたがあるためにしんじないのである。

6 おお,むすたちよ,わたしがのぞむのは,これらのことしんじつであり,これらのろくしんじつであることをおぼえておいてほしいということである。そしてよ,エルサレムをたときからいまいたるまでのせんろくことっているニーファイのはんしんじつである。これがいまわたしのまえにあるので,これがたしかであることがかる。

7 さて,むすたちよ,あなたがたはこれらのろくつとめてていねい調しらべることをわすれず,それによってえきるようにしてほしい。また,かみいましめをまもしゅがわたしたちのせんてられたやくそくどおりに,このさかえることができるようにしてほしい。」

8 そしてベニヤミンおうは,ほかにもこのしょしるされていないおおくのことをむすたちにおしえた。

9 そして,むすたちにおしえたのち,ベニヤミンおうとしいて,ぶんももうすぐにのすべてのひとみちかなければならないことをっていたので,おうむす一人ひとりゆずほうのぞましいとかんがえた。

10 そこで,おうはモーサヤをぶんまえれてさせた。おうがモーサヤにかたったことつぎのとおりである。「むすよ,ぜんのすべてのたみに,すなわちこのんでいるゼラヘムラのたみとモーサヤのたみに,みなあつまるようにこくしてもらいたい。それは,わたしのくちから,あなたが,しゅなるわたしたちのかみたくしてくださった,たみおさめるおうでありとうしゃであることを,たみせんげんするためである。

11 そしてさらに,わたしはこのたみに一つのあたえ,しゅなるかみがエルサレムのかられてられたほかのすべてのたみべつできるようにしよう。わたしがこうするのは,かれらがしゅいましめをねっしんまもたみであったからである。

12 そしてわたしは,かれらにあたえるが,それはいましめにそむかなければけっしてされることはない。

13 また,わたしはさらにあなたにっておく。しゅあつめぐみをけているこのたみが,いましめにそむようになり,じゃあくたみとなるならば,しゅかれらをわたされる。そのけっかれらは同胞はらからのようによわなるであろう。そしてしゅは,これまでわたしたちのせんのこしてこられたように,もはやそのたぐいないおどろくべきちからでこのたみのこことはなさらない。

14 わたしはあなたにうが,もしもしゅうでべてわたしたちのせんのこしてくださらなかったならば,せんはレーマンじんちて,かれらのぞうせいになっていたにちがいない。」

15 そして,ベニヤミンおうむすにこれらのことかたえると,おうこくせいのすべてにかんするせきにんむすにゆだねた。

16 そしてさらに,かれしんちゅうはんきざまれたろくと,ニーファイのはんと,ラバンのつるぎと,なかせんみちびいたたま,すなわちについてもむすせきにんをゆだねた。このは,せんがそれぞれしゅけたちゅうりょくねつおうじてみちびかれるように,しゅによってそなえられたものである。

17 したがって,かれらがちゅうじつでないときには,たびじゅん調ちょうすすまず,またはかどらず,かえってもどされてかみきょうまねいた。そしてまたかれらは,ぶんたちのおもすようにうながきんと,ひどいかんなんなやまされたのであった。

18 さて,モーサヤはちちからめいじられたとおりにおこない,ゼラヘムラのにいるすべてのひとに,みなってモーサヤのちちかたことくためにしん殿でんあつまるようにこくした。