聖典
モルモン書4


第4章

せんそうぎゃくさつつづく。あくにんあくにんばっする。これまでイスラエル全体ぜんたいのどこにもなかったひどいあくひろがる。おんなどもぐうぞうのいけにえにされる。レーマンじん,ニーファイじんいっそうはじめる。げんやく三百六十三ねんから三百七十五ねんいたる。

1 さて,だい三百六十三ねんに,ニーファイじんはレーマンじんたたかうために,デソレションのからかれらのぐんたいとともにのぼってった。

2 さて,ニーファイじんぐんたいはデソレションのかえされた。そして,かれらがまだつかれているうちに,レーマンじんあらぐんたいかれらをめた。そして,はげしいたたかいがあって,レーマンじんがデソレションのまちせんりょうし,おおくのニーファイじんころし,おおくのものりょにした。

3 のこりのものげて,テアンクムのまちものたちにごうりゅうした。テアンクムのまちかいがんちかさかいにあり,デソレションのまちにもちかかった。

4 ニーファイじんたれはじめたのは,かれらのぐんたいがレーマンじんのところにのぼってったためである。もしそのようにしなければ,レーマンじんはニーファイじんはいするけんりょくてなかったであろう。

5 しかしよ,かみさばきはあくにんくだる。そして,あくにんによってあくにんばっせられるひとらのこころをあおりててりゅうけつしょうじさせるのはあくにんだからである。

6 さて,レーマンじんはテアンクムのまちめるじゅんととのえ,

7 そして,だい三百六十四ねんに,テアンクムのまちせんりょうしようとして,テアンクムのまちめた。

8 さて,かれらはニーファイじんによってげき退たいされ,かえされた。するとニーファイじんは,ぶんたちがレーマンじんはらったのをて,またもやぶんたちのちからほこった。そしてかれらは,ぶんちからだけにたよってき,デソレションのまちをもういちかえした。

9 さて,このようなことがわってみると,そうほうで,すなわち,ニーファイじんとレーマンじんりょうほうなんぜんものひとびとせんしていた。

10 さて,だい三百六十六ねんり,レーマンじんがまたニーファイじんたたかうためにやってた。それでもニーファイじんは,ぶんたちのおこなってきたあくあらためず,えずあくつづけていた。

11 ニーファイじんとレーマンじんそうほうたみなかられた,りゅうけつぎゃくさつのすさまじいありさまは,くちべることができず,ひとがそれをかんぜんびょうしゃしてしるすことものうである。かれらは一人ひとりのこらずこころをかたくなにし,ながすことをえずよろこびとした。

12 このたみなかにあったようなひどいあくは,リーハイのすべてのそんなかに,またしゅことによれば,イスラエルのいえぞくするすべてのものなかにも,これまでけっしてなかった。

13 そして,レーマンじんはデソレションのまちせんりょうした。これができたのは,かれらのにんずうがニーファイじんにんずうよりもおおかったからである。

14 そしてかれらは,さらにテアンクムのまちかってしんぐんし,そのまちからたみはらい,おんなどもおおぜいりょにし,ぶんたちのぐうぞうかみにいけにえとしてささげた。

15 さて,だい三百六十七ねんに,ニーファイじんはレーマンじんぶんたちのおんなどもをいけにえにしたことにはらて,じょうげきしてレーマンじんかってったので,またもやレーマンじんかし,かれらをぶんたちのからした。

16 そののちだい三百七十五ねんまで,レーマンじんふたたびニーファイじんめてることはなかった。

17 しかしこのとしに,かれらはぜんぐんでニーファイじんかってくだってた。かれらのにんずうはあまりにもおおくて,かぞえられなかった。

18 このときらい,ニーファイじんはレーマンじんちからられず,あさつゆえるようにレーマンじんによっていっそうされはじめた。

19 そしてレーマンじんは,デソレションのまちくだってた。そして,デソレションのじょうはげしいたたかいがあり,そのたたかいでレーマンじんがニーファイじんかした。

20 そこでニーファイじんは,レーマンじんまえからまたし,ボアズのまちいたった。そして,かれらはそこでじょういさましくレーマンじんかったので,レーマンじんは二こうげきをかけるまでニーファイじんかせなかった。

21 そして,レーマンじんが二せたとき,ニーファイじんはらわれ,じょうおおぜいものころされた。さらにニーファイじんおんなどもが,またぐうぞうのいけにえにされた。

22 そこでニーファイじんは,かれらのまえからまたげ,ほうぼうまちむらのすべてのたみいっしょともなってった。

23 わたしモルモンは,レーマンじんがまさにぜんせいふくしようとしているのをて,シムおかき,アマロンがしゅたくしてかくしておいたすべてのろくした。