モルモン書1
戻る 次へ

モルモンしょ

第1章

アマロン,しんせいかずかずろくについてモルモンにあたえる。ニーファイじんとレーマンじんあいだせんそうはじまる。三にんのニーファイじん,よそにられる。あくしんこうひろがり,じゅつほうひろおこなわれる。げんやく三百二十一ねんから三百二十六ねんいたる。

1 さて,わたしモルモンは,ぶんがこれまでにきしたことをろくして,これをモルモンしょぶ。

2 アマロンかずかずろくしゅたくしてかくしたころ,わたしのところにやってた。(とうわたしは十さいくらいで,わたしのたみきょういくほうほうしたがってかなりきょういくはじめていた。)そして,アマロンはわたしにった。「わたしはあなたがまじめなどもで,かんさつするどいことをっている。

3 だから,あなたが二十四さいくらいになったら,このたみについてあなたがてきたことをおもしてもらいたい。そして,そのねんれいになったら,アンタムのの,シムばれるおかきなさい。そこにわたしは,このたみのことがきざまれているすべてのしんせいろくを,しゅたくしてかくしてある。

4 よ,あなたはニーファイのはんし,のこりのはんいまそれがあるしょにそのままにしておきなさい。そして,このたみについてあなたがてきたことをすべてニーファイのはんきざみなさい。」

5 わたしモルモンはニーファイそんであり(わたしのちちもモルモンであった),わたしはアマロンからめいじられたことをおもした。

6 さて,わたしは十一さいのとき,ちちれられてなんぽう,ゼラヘムラへった。

7 ぜんめんたてものでいっぱいであり,ひとびとはまるでうみすなのようにおおぜいであった。

8 さてこのとしに,ニーファイじんとヤコブじん,ヨセフじん,ゾーラムじんからるニーファイじんあいだせんそうはじまった。このせんそうは,ニーファイじんたいして,レーマンじんとレムエルじんとイシマエルじんたたかったものであった。

9 ところで,レーマンじんとレムエルじん,それにイシマエルじんはレーマンじんばれていたので,このたたかいはニーファイじんとレーマンじんとのあいだおこなわれたものであった。

10 さて,そのせんそうは,シドンのみずのそばにあるゼラヘムラのさかいはじまった。

11 そしてニーファイじんは,三まんにんえるおおぜいへいあつめていた。このとしかれらはなんたたかい,ニーファイじんはレーマンじんかして,おおくのものころした。

12 そこでレーマンじんかれらのくわだてをて,へいになった。そして,およそ四ねんかんへいつづき,まったくりゅうけつがなかった。

13 しかし,あくぜんおもてひろがったので,しゅぶんあいするたちをよそにってしまわれた。そして,たみざいあくのために,せきいやしのわざはやんだ。

14 また,たみあくしんこうのために,しゅからなんたまものあたえられず,せいれいはだれにもくだられなかった。

15 わたしは十五さいで,しょうまじめなこころぬしであったので,しゅおとずれをけ,イエスのいつくしみをあじわってった。

16 そこで,わたしはこのたみおしえをこうとしたが,わたしのくちじられ,かれらにおしえをくことをきんじられた。よ,かれらがかみそむいたからである。また,あいされたたちは,たみざいあくのためにそのからよそにられてしまった。

17 しかし,わたしはたみなかのこった。それでも,かれらのこころがかたくなであったので,かれらにおしえをくことはきんじられた。そして,かれらがかたくなであったので,かれらのためにのろわれた

18 また,レーマンじんなかにいたガデアントンのごうとうたちが,このらしまわったので,このものたちは,ぶんたちのたからちゅうかくすようになった。ところが,しゅがすでにをのろっておられたので,かれらのたからはなくなりやすくなってしまい,かれらはそれらのたからたもつことも,ふたたしょゆうすることもできなくなった。

19 そして,じゅつほうじゅじゅつおこなわれ,しきものちからぜんめんはたらいて,まことにアビナダイのこととレーマンじんのサムエルのことがすべてじつとなったのであった。