聖典
ヤコブ書3


第3章

こころきよものは,よろこびをもたらすかみことれる。レーマンじんがニーファイじんをしのぐ。ヤコブ,ていこうしょく,そのほかあらゆるつみとおざけるようにいましめる。げんぜんやく五百四十四ねんから四百二十一ねんいたる。

1 「しかしよ,わたしヤコブは,こころきよいあなたがたにべたい。かっとしたおもいをもってかみたより,あつしんこうをもっていのりなさい。そうすれば,かみなんのときにあなたがたをなぐさめてくださる。また,あなたがたのことをべんしてくださり,あなたがたをほろぼそうとするものたちにばつくだされる。

2 おお,あなたがた,こころきよいすべてのひとよ,あたまげて,よろこびをもたらすかみことれ,かみあいをよくあじわいなさい。あなたがたのおもいがかっとしていれば,とこしえにそうすることができるからである。

3 しかし,こころきよくなく,今日きょうかみまえけがれているものわざわいである。わざわいである。あらためなければ,はあなたがたのためにのろわれるからである。レーマンじんはひどいのろいをもってのろわれているが,あなたがたのようにけがれてはいない。そのレーマンじんがあなたがたをひどくくるしめ,ほろぼすであろう。

4 また,あなたがたがあらためなければ,レーマンじんがあなたがたのぎのしょゆうし,さらにしゅなるかみがあなたがたのなかからじんされるときすみやかにる。

5 よ,あなたがたは,ぶんたちの同胞はらからであるレーマンじんを,かれらがきたなく,またのろいをそのはだけていることできらうけれども,かれらはあなたがたよりもにかなっている。かれらは,わたしたちのちちあたえられたしゅいましめ,すなわち,つま一人ひとりしかってはならない,そばめは一人ひとりってはならない,たみなかにみだらなおこないがあってはならない,といういましめをいまでもわすれていないからである。

6 かれらはいまも,このいましめをまもるようにつとめている。したがって,このいましめをまもろうとこのようにつとめているので,しゅなるかみかれらをほろぼすことなく,かれらにあわれみしめされる。そして,かれらはいつのか,しゅくふくされたたみになるであろう。

7 よ,レーマンじんおっとつまあいつまおっとあいし,おっとつまどもたちをあいしている。かれらのしんこうとあなたがたにたいするにくしみは,かれらのせんざいあくのためである。そうであるとすれば,おおいなるそうぞうぬしからて,あなたがたはかれらよりどれほどりっだとえるだろうか。

8 おお,わたしの同胞はらからよ,あなたがたがつみあらためなければ,かれらとともにかみまえされるとき,かれらのはだはあなたがたのはだよりもしろいであろう。

9 さて,わたしはいましめをあなたがたにあたえる。これはかみことである。あなたがたはかれらのはだくろずんでいるからといって,かれらをとののしってはならない。きたないからといってかれらをののしってはならない。むしろ,あなたがたしんけがれをおもこし,かれらがきたないのはかれらのせんのためであることをおぼえておきなさい。

10 そして,あなたがたはぶんどもたちのことをおもこし,ぶんかれらのまえしめしたほんで,どれほどかれらのこころかなしませてきたかをかんがえなさい。また,あなたがたはぶんけがれのためにどもたちをほろびにいたらせるおそれがあり,そうなればかれらのつみが,わりのにあなたがたのこうべげられるということをおぼえておきなさい。

11 おお,わたしの同胞はらからよ,わたしのこときなさい。あなたのせいしん宿やどのうりょくふるたせなさい。ふるわせてねむりからなさい。あく使つかとなってだい二のであるあのおういけまれることのないように,ごくくるしみからぶんしんはなしなさい。」

12 さて,わたしヤコブはこのほかにもおおくのことをニーファイのたみかたり,ていこうしょく,そのほかあらゆるつみとおざけるようにいましめ,これらのつみがもたらすおそろしいけっげた。

13 いまやおびただしいかずになりはじめたこのたみおこないは,百ぶんの一もこのはんしるせない。しかし,おおきいはんにはたみおこないのおおくがしるされており,せんそうあらそい,おうたちのとうのこともしるされている。

14 このはんはヤコブのはんばれているが,ニーファイのつくられたものである。ここでこれらのことをべるのをわりにする。