ヒラマン書13
戻る 次へ

レーマンじんサムエルがニーファイじんかたったげん

つぎだい十三-十五しょうがそれにそうとうする。

第13章

レーマンじんサムエル,ニーファイじんあらためなければめつぼうすることをげんする。ニーファイじんかれらのとみはのろわれる。ニーファイじんげんしゃたちをこばんでいしげつけ,あくれいたちにかこまれ,ざいあくおこなうことにたのしみをもとめる。げんぜんやくねん

1 さて,だい八十六ねんにも,ニーファイじんぜんとしてあくを,まことにおおきなあくつづけていた。いっぽうレーマンじんは,モーセのりっぽうしたがってかみいましめをげんみつまもるようにつとめていた。

2 そしてこのとしに,レーマンじんのサムエルというものがゼラヘムラのにやってて,たみおしえをはじめた。かれいくにちものあいだたみあらためをつたえたが,たみかれしたので,かれぶんくにかえろうとした。

3 ところがよ,しゅこえかれこえて,もういちかえし,こころなかかぶことを,どのようなことであろうとたみげんするようにわれた。

4 さて,たみは,かれまちはいるのをゆるさなかった。そこでかれは,まちじょうへきうえのぼり,ばしておおごえさけび,しゅこころあたえてくださることをすべてたみげんした。

5 かれたみった。「よ,わたし,レーマンじんサムエルは,しゅがわたしのこころあたえてくださるしゅことげる。よ,このたみげるようにしゅがわたしのこころあたえてくださったことはつぎのとおりである。ばつつるぎいまこのたみのうえにせまっている。四百ねんたたないうちに,ばつつるぎはこのたみのうえにろされる。

6 まことに,ひどいめつぼうがこのたみけており,それはかならずこのたみくだる。あらためて,しゅイエス・キリスト,すなわち,しょうらいかならずこのて,おおくのくるしみをけ,ぶんたみのためにころされるしゅイエス・キリストをしんじるがいに,なにごともこのたみすくうことはできない。

7 そしてよ,しゅてん使がそれをわたしにげた。またしゅてん使は,わたしによろこのおとずれをたずさえてた。よ,あなたがたもそのよろこばしいおとずれをられるように,わたしはあなたがたにそれをらせるためにつかわされたのである。しかしよ,あなたがたはわたしをれようとしなかった。

8 したがって,しゅつぎのようにわれる。『ニーファイじんたみこころがかたくなであるので,かれらがあらためなければ,かれらからわたしのことろう。また,わたしのれいろう。そしてわたしは,もはやかれらをそのままにはしておかず,かれらの同胞はらからかれらにたいするてきたいしんいだかせよう。

9 四百ねんたたないうちに,わたしはかれらがたれるようにしよう。まことに,わたしはつるぎきんえきびょうかれらにおよぼそう。

10 まことにわたしは,はげしいいかりをもってかれらをばっしよう。あなたがたのてきだいだいものなかには,ながらえて,あなたがたのかんぜんめつぼうものがいるであろう。あなたがたがあらためなければ,このことはかならこる』と,しゅわれる。『そのだいだいものたちがあなたがたをほろぼすであろう。

11 しかし,もしあなたがたがあらためて,しゅなるあなたがたのかみかえならば,わたしはいかりをこう』と,しゅわれる。まことに,しゅつぎのようにわれる。『あらためてわたしにかえろうとするものさいわいである。しかし,あらためないものわざわいである。

12 まことに,このおおきなゼラヘムラのまちわざわである。よ,このまちいますくわれているのは,まもっているものたちのおかげである。まことに,このおおきなまちわざわいである。おおくのもの,まことにこのおおきなまちたいはんものしょうらいわたしにたいしてこころをかたくなにすることを,わたしはっているからである』と,しゅわれる。

13 『しかし,あらためるものさいわいである。わたしはそのものたちのいのちすくうからである。しかしよ,もしこのおおきなまちじんがいなければ,よ,わたしはてんからくだし,このまちほろぼしていたであろう。

14 しかしよ,このまちいまたすかっているのは,じんのためである。しかしよ,あなたがたがじんときる。そのとき,あなたがたのめつぼうじゅくする』と,しゅわれる。『まことに,このおおきなまちは,そのなかにあるあくまわしいおこないのためにわざわいである。

15 また,ギデオンのまちも,そのなかにあるあくまわしいおこないのためにわざわいである。

16 また,まわりのにあるニーファイじんしょゆうしているすべてのまちは,そのなかにあるあくまわしいおこないのためにわざわいである。』

17 またよ,ばんぐんしゅわれる。『このにいるたみのために,まことにかれらのあくまわしいおこないのために,のろいくだるであろう。』

18 そしてこのように,ばんぐんしゅ,まことにわたしたちのおおいなるまことのかみわれる。『ちゅうたからかくものは,そのものじんであって,しゅたくしてそれをかくすのでなければ,のひどいのろいのために,もはやとそれをいだせないであろう。』

19 しゅわれる。『たからかくものはわたしにたくしてかくすようにわたしはのぞむ。わたしにたくすことなくたからかくものはのろわれる。じんがいにはだれも,わたしにたくしてたからかくさないからである。わたしにたくすことなくたからかくものはのろわれるし,そのたからものろわれる。また,がのろわれるために,それをものはだれもいない。

20 ひとびととみしゅうちゃくしてぶんたからかくる。ひとびとぶんとみしゅうちゃくし,てきまえからげるときにぶんたからかくすであろう。しかし,かれらはたからかくすときにわたしにたくさないので,かれらもたからものろわれる。そしてそのかれらはたれる』と,しゅわれる。

21 よ,あなたがた,このおおきなまちたみよ,ちゅうはらい,わたしのことなさい。まことに,しゅわれることきなさい。よ,あなたがたはとみのためにのろわれると,しゅわれる。また,あなたがたがとみしゅうちゃくし,それをさずけてくださったかたことしたがわなかったので,あなたがたのとみものろわれると,しゅわれる。

22 あなたがたは,しゅなるかみさずけてくださったものについて,しゅおもこさない。あなたがたはいつもとみのことをこころにかけていて,しゅなるあなたがたのかみとみのことをかんしゃするのをわすれている。まことに,あなたがたのこころしゅいておらず,ひどくおごりたかぶってほこりやたいげんそうねたみあらそい,あくはくがいさつじん,そのほかあらゆるざいあくおちいっている。

23 このために,しゅなるかみは,のろいがくだるように,またあなたがたのとみにもくだるようにされた。それはあなたがたのざいあくのためである。

24 まことに,このたみわざわいである。あなたがたはむかしひとびとおこなったように,いまげんしゃたちを,あざけり,いしげつけ,かれらをころし,またかれらにたいしてあらゆるざいあくおこなっているからである。

25 あなたがたはかたるとき,『わたしたちは,もしむかしせんだいきていたならば,げんしゃたちをころさなかったであろう。げんしゃたちにいしげつけることも,かれらをすこともしなかったであろう』とう。

26 よ,あなたがたはかれらよりもわるい。しゅきておられるように,もしげんしゃがあなたがたのなかて,あなたがたのつみあかしするしゅことらせたならば,あなたがたはそのげんしゃのことをいかし,あらゆるほうほう使つかってころそうとする。まことに,かれがあなたがたのおこないはわるいとあかしするので,あなたがたは,かれにせげんしゃであり,つみびとであり,あくからものであるとう。

27 しかしよ,もしあるひとがあなたがたのなかて,『これをおこないなさい。おこなってもざいあくではない。それをおこないなさい。おこなってもくるしみをけない』とえば,また,『あなたしんこころたかぶりにしたがってあるきなさい。まことに,あなたのたかぶりにしたがってあるきなさい。あなたのこころのぞむことをなんでもおこないなさい』とえば,すなわち,もしあるひとがあなたがたのなかてこのようにえば,あなたがたはかれれ,かれげんしゃであるとうであろう。

28 まことに,あなたがたはかれをあがめ,かれにあなたがたのものあたえ,かれにあなたがたのきんぎんあたえ,またかれこうふくせるであろう。そして,かれがあなたがたにへつらいことかたり,ばんよしとうので,あなたがたはかれなんしないであろう。

29 おお,じゃあくでよこしまなひとびとよ,かたくなでごうじょうたみよ,あなたがたは,しゅがいつまであなたがたをそのままにしておかれるとおもっているのか。まことに,あなたがたはいつまでおろかなもうもくみちびたちにかれていくつもりか。まことに,あなたがたはいつまでひかりよりもやみえらぶつもりか。

30 まことによ,しゅいかりはすでにあなたがたにかってえている。よ,しゅはあなたがたのざいあくのためにをのろわれた。

31 またよ,しゅがあなたがたのとみをのろわれて,それがなくなりやすくなり,あなたがたがそれをたもつことのできないときる。あなたがたは,まずしいときにそれをたもてない。

32 あなたがたのまずしいときに,あなたがたはしゅさけもとめるであろう。しかし,あなたがたがさけもとめてもである。すでにこうはいがあなたがたにおよんでおり,あなたがたのめつぼうかくていしているからである。そして,『その,あなたがたはなみだながし,きわめくであろう』と,ばんぐんしゅわれる。また,そのときにあなたがたはなげいて,

33 『おお,わたしはあらたげんしゃたちをころさず,いしげつけず,さなければよかった』とうであろう。まことに,そのにあなたがたはうであろう。『おお,しゅなるわたしたちのかみとみあたえてくださったそのに,しゅおもこしておけばよかった。そうすれば,とみがなくなりやすくなって,それをうしなうということはなかったであろう。よ,わたしたちのとみいまはもうわたしたちのもとにない。

34 よ,わたしたちがここにどうくと,よくじつにはそれはなくなる。よ,たたかいのためにぶんつるぎさがには,それはなくなっている。

35 まことに,わたしたちはぶんたからかくしておいたのに,ののろいのためにうしなわれてしまった。

36 おお,しゅことがわたしたちにおよんだに,あらためておけばよかった。よ,はのろわれ,すべてのものがなくなりやすくなっており,わたしたちはそれらをたもてない。

37 よ,わたしたちはあくれいかこまれている。わたしたちのれいほろぼそうとしてきたもの使つかいにかこまれている。よ,わたしたちのざいあくおおきい。おお,しゅよ,あなたのいかりをいていただけませんでしょうか。』これがそのにあなたがたのことである。

38 しかしよ,あなたがたのためしのはすでにった。あなたがたはぶんすくいのばしたので,とうとうえいえんわなくなってしまい,あなたがたのめつぼうかくていしてしまった。まことに,あなたがたはれることのできないものを,しょうがいをかけてもとめてきたのである。あなたがたは,ざいあくおこないながらこうふくもとめてきた。それはわたしたちのおおいなるえいえんかしらうちにある,あのほんしつはんすることである。

39 おお,このたみよ,わたしのこといてもらいたい。わたしはしゅいかりがかれるように,またあなたがたがあらためてすくわれるようにといのっている。」