エテル書8


第8章

おうこくぜんたいたいりつあらそいがある。エーキシ,おうころすためにちかいのことむすばれたみつけっしゃつくる。みつけっしゃあくからたものであり,けっきょくくにぐにほろぼす。あらゆる,あらゆるこくみん,あらゆるくにぐにゆうくつがえそうとするみつけっしゃについて,げんだいほうじんけいこくはっせられる。

1 さて,シュールはオメルをもうけ,オメルがシュールにわってとうした。また,オメルはヤレドをもうけ,ヤレドはむすたちとむすめたちをもうけた。

2 そして,ヤレドはちちそむき,ヘテのってんだ。かれたくみなことおおくのひとにへつらい,とうとうおうこくはんぶんるにいたった。

3 そしてかれおうこくはんぶんると,ちちめ,ちちってとらわれのじょうたいき,とらわれのじょうたいつかえさせた。

4 オメルはかれとうあいだしょうがいはんぶんとらわれのごした。それからかれむすたちとむすめたちをもうけ,そのなかにエズロムとコリアンタマーがいた。

5 この二人ふたりぶんたちのあにヤレドのおこなったことをじょういかり,ぐんたいしきしてヤレドをめた。そしてよるまぎれて,二人ふたりかれめたのである。

6 そしてかれらは,ヤレドのぐんたいほろぼしてしまうと,ヤレドもころしてしまおうとした。するとヤレドは,ころさないでほしい,そうすればおうこくちちゆずわたそうとってこんがんした。そこでかれらはかれいのちゆるした。

7 さて,ヤレドはおうこくほまれにしゅうちゃくしていたので,おうこくうしなったことをじょうかなしくおもった。

8 ところで,ヤレドのむすめじょうこうであったので,ちちかなしんでいるのをて,ちちのためにおうこくもどさくこうじようとした。

9 ヤレドのむすめじょううつくしかった。そこでかのじょちちかたってった。「ちちうえはどうしてそのようにひどくかなしんでおられるのですか。わたしたちのせんおおいなるふかみをわたってってろくを,おみになったことがないのですか。まことに,みつのはかりごとによっておうおおきなえいた,むかしひとびとについてのはなしがあるではありませんか。

10 ちちうえ,キムノルのむすのエーキシをむかえにやってください。まことに,わたしはうつくしいので,かれまえおどかれよろこばせて,わたしをつまにしたいとおもわせるようにしましょう。もしかれがわたしをつまにしたいとちちうえねがったら,そのときちちうえは,『おうであるわたしのちちくびをわたしのところにってればむすめあたえよう』とってください。」

11 オメルはエーキシのゆうじんであった。さて,ヤレドがエーキシをむかえにやると,ヤレドのむすめかれまえおどってかれよろこばせたので,かれかのじょつまにしたいとおもった。そして,かれはヤレドに,「あなたのむすめをわたしにつまとしてください」とった。

12 そこで,ヤレドはかれった。「おうであるわたしのちちくびをわたしのところにってればむすめあたえよう。」

13 そこでエーキシは,ヤレドのいえぶんしんぞくみなあつめてった。「わたしがこれからたのむことについて,わたしにちゅうせいちかってくれるだろうか。」

14 そこでかれらはみな,エーキシがもとめたえんじょおこなわないものはだれでもくびをはねられ,また,エーキシかららされたことをなにごとでもらすものはだれでもいのちうしなうと,てんかみにかけて,またてんにかけ,にかけて,さらにぶんあたまにかけてかれちかった

15 そして,かれらはエーキシにどうした。そこでエーキシは,けんりょくもとめてむかしひとびとおこなったちかかれらにてさせた。これらのちかいは,はじめからひとごろしであったカインからつたえられてきたものである。

16 このちかいは,たみにこのちかいをてさせてたみくらやみなかにとどめるために,またけんりょくもとめるものけんりょくさせ,さつじんりゃくだついつわりと,あらゆるあくとみだらなおこないをおかさせるために,あくちからによってたもたれてきたものであった。

17 ヤレドのこころなかに,これらのむかしのことをさぐちをこさせたのは,ヤレドのむすめであった。そして,ヤレドがそのちをエーキシのこころなかこさせたので,エーキシはぶんしんぞくゆうじんたちにちかいをてさせ,もっともらしいやくそくかれらをまどわして,ぶんもとめることをなにごとでもおこなわせたのであった。

18 そして,かれらはむかしひとびとのようにみつけっしゃつくった。このけっしゃは,かみからて,どのようなものにもしてもっとまわしく,じゃあくなものである。

19 しゅみつけっしゃによってことおこなわれることはなく,またしゅは,ひとながすことをのぞまれず,ひとつくられてらいあらゆることにおいてそれをきんじてこられた。

20 さて,わたしモロナイは,かれらのちかいのほうほうけっしゃようしきについてしるさない。これらがあらゆるたみなかにあり,レーマンじんなかにもあることが,わたしにらされたからである。

21 これらが,わたしのいまべているこのたみめつぼうこしたのである。また,ニーファイのたみめつぼうおなじである。

22 けんりょくえきるために,このようなみつけっしゃぜんひろがるまでえんするこくみんは,よ,どのようなこくみんでもほろぼされる。なぜならば,みつけっしゃによってながされるしゅせいたちのが,みつけっしゃへのほうふくうったえてからいつまでもしゅさけぶのに,しゅみつけっしゃほうふくなさらないということはありないからである。

23 おお,あなたがたほうじんよ,これらのことがあなたがたにらされるのは,かみにかなっている。それによってあなたがたがつみあらためることができるようにするためであり,またけんりょくえきるためにきずかれるこれらのさつじんけっしゃはいされることのないようにするためであり,そのわざ,すなわちめつぼうわざがあなたがたにおよばないようにするためである。もしこれらのことがこるのをゆるすならば,えいえんなるかみばつつるぎがあなたがたにくだり,あなたがたはたおされ,ほろびるであろう。

24 そこで,しゅはあなたがたに,これらのものがあなたがたのなかこるのをるときに,ぶんたちがひどいじょうたいにいるというしきめるようにとめいじておられる。このみつけっしゃがあなたがたのなかにあるからである。ころされたものたちののゆえに,みつけっしゃわざわいである。これらのものたちのが,みつけっしゃへの,またみつけっしゃきずいたものたちへのほうふくうったえて,からさけぶからである。

25 さて,みつけっしゃきずものはあらゆるこくみんくにぐにゆうくつがえそうとする。そして,みつけっしゃはあらゆるたみめつぼうをもたらす。それはあらゆるいつわりのちちであるあくによってきずかれるからである。あくはわたしたちのだましたあのいつわものであり,またはじめからひとさつじんおかさせたあのいつわものであり,またひとびとこころをかたくなにして,はじめからひとびとげんしゃころさせ,いしたせ,させたあのいつわものである。

26 そこでわたしモロナイは,これらのことをしるすようにめいじられている。このことによって,あくがなくなるようにするためであり,またサタンがひとらのこころはいするちからつことなくかれらがえずぜんおこなうようにうながされてあらゆるみなもとて,すくわれるときるようにするためである。