エテル書2
戻る 次へ

第2章

ヤレドじんやくそくたびようをする。やくそくはえりきのであり,このひとびとはキリストにつかえなければいっそうされる。しゅは三かんヤレドのきょうだいかたられる。ヤレドじんすうせきふねつくる。しゅはヤレドのきょうだいに,どのようにしてせんないあかるくすることをのぞむかおたずねになる。

1 さて,ヤレドとかれきょうだいと,かれらのぞくと,ヤレドのゆうじんたちと,ヤレドのきょうだいゆうじんたちと,ゆうじんたちのぞくは,かれらのあつめたあらゆるちくれをおすめすれて,ほっぽうにあるたにくだってった。(そのたには,ちからある狩人かりゅうどにちなんでけられ,ニムロデといった。)

2 かれらはまた,わなをけてそらとりらえた。また,うつわようしてみずうおはこんだ。

3 また,かれらはデゼレトもはこんだ。デゼレトとは,みつばちというである。このようにして,かれらはいくつかのはちれをはこび,またおもてにあるあらゆるもの,あらゆるたねたずさえてった。

4 さて,かれらがニムロデのたにくだってくと,しゅくだってて,ヤレドのきょうだいはなされた。しかし,しゅくもなかにおられたので,ヤレドのきょうだいにはしゅえなかった。

5 そこでしゅかれらに,なかへ,すなわち,これまでひとけっしてんだことのないほうくようにめいじられた。そして,しゅかれらのまえかれた。また,しゅくもなかってかれらとはなし,かれらのたびをするほうこうについてあたえられた。

6 そこで,かれらはたびし,すうせきふねつくってそれでおおくのみずわたり,えずしゅみちびかれてった。

7 しゅは,かれらがうみえたにとどまることをゆるさず,かれらがやくそくまでくことをのぞまれた。やくそくとは,ほかのあらゆるまさったえりきので,しゅなるかみにかなったたみのためにのこしておかれたところである。

8 またしゅはげしくいかって,このやくそくしょゆうするものはだれでもそのときからのちとこしえに,しゅに,すなわちまことのゆいいつかみつかえなければならず,さもなければかみかぎりないいかりがかれらにくだるときにかれらはいっそうされると,ヤレドのきょうだいちかっておられた。

9 さて,わたしたちは,やくそくであるこのについてかみさだめをることができる。このしょゆうするこくみんはどのこくみんかみつかえなければならない。さもなければ,かみかぎりないいかりがかれらにくだるときにかれらはいっそうされる。また,かれらのざいあくじゅくしたときに,かみかぎりないいかりがかれらにくだるのである。

10 よ,まことにこのが,ほかのあらゆるまさったえりきのだからである。したがって,このしょゆうするものかみつかえなければならない。さもなければいっそうされる。これはかみえいえんさだめである。しかし,このらのなかざいあくちるまで,かれらがいっそうされることはない。

11 おお,ほうじんよ,このろくをあなたがたにつたえるのは,あなたがたにかみさだめをらせるためである。また,あなたがたがあらためて,ざいあくちるまであなたがたのざいあくつづけることのないように,またこれまで,このたみぶんのうえにかみかぎりないいかりをまねいてきたようなことを,あなたがたもすることのないようにさせるためである。

12 よ,このはえりきのであり,このしょゆうするたみはどのこくみんも,このかみつかさえすれば,れいじょうたいにもとらわれのにもなることなくてんのほかのどのようなこくみんからもはいけない。このかみとはイエス・キリストであり,わたしたちがしるしてきたことによって,あきらかにされたかたである。

13 さて,わたしはぶんろくつづけよう。よ,しゅはヤレドとかれどうこうしゃたちを,りくりくけているおおうみまでみちびかれた。そこでかれらは,うみくとてんまくり,そのしょをモリアンカマーとけた。そして,かれらはてんまくんだ。かれらは四年間ねんかん,そのかいがんてんまくんだ。

14 さて,四ねんわりに,しゅふたたびヤレドのきょうだいおとずれ,くもなかってかれはなされた。そして,しゅは三かんヤレドのきょうだいはなし,かれしゅことをおもこさなかったので,かれらしめられた

15 そこでヤレドのきょうだいは,ぶんおこなったあくあらため,ぶんとともにいたどうこうしゃたちのためにしゅんだ。すると,しゅかれわれた。「わたしはあなたをゆるし,またあなたのどうこうしゃたちのつみゆるそう。あなたはもうつみおかしてはならない。あなたがたはおぼえておきなさい。わたしのたまはいつでもひとはげますわけではない。したがってあなたがたは,つみじゅくするまでつみおかすならば,しゅまえからたれるであろう。これが,ぎとしてあなたがたにあたえるについてのわたしのかんがえである。なぜならば,このは,ほかのあらゆるまさったえりだからである。」

16 またしゅは,「ごとりかかり,あなたがたがまえつくったふねならってふねつくりなさい」とわれた。そこで,ヤレドのきょうだいかれどうこうしゃたちはごとりかかり,しゅのとおりに,かれらがかつてつくったほうほうすうせきふねつくった。そのふねちいさく,みずうえかるき,まるでみずうえかるいたとりのようであった。

17 またそのふねは,がなくじょうによくつくられており,みずれないことはさらのようであった。そのふなぞこさらのようにがなく,せんぷくさらのようにがなく,ふねのへさきとともはとがっており,ふねさらのようにがなく,そのふねながさは一ぽんながさであった。また,ふねぐちは,じるとさらのようにがなかった。

18 さて,ヤレドのきょうだいしゅいのってった。「おお,しゅよ,わたしはあなたからめいじられたつとめをたし,あなたからされたとおりにふねつくりました。

19 まことに,おお,しゅよ,ふねなかにはひかりがありません。わたしたちはどこへかえばよいのでしょうか。また,わたしたちはんでしまうことでしょう。ふねなかにあるくうだけではきゅうができなくなるからです。それゆえ,わたしたちはんでしまうでしょう。」

20 すると,しゅはヤレドのきょうだいわれた。「よ,ふなぞこに一つずつあなつくりなさい。そして,くうくるしむようになったら,そのあなせんいてくうれなさい。もしみずはいってるようであれば,みずがあふれてぬことのないように,よ,そのあなをふさぎなさい。」

21 そこでヤレドのきょうだいは,しゅからめいじられたとおりにした。

22 そして,かれふたたしゅいのってった。「おお,しゅよ,らんのとおり,わたしはあなたからめいじられたようにおこないました。そして,わたしのたみのためにふねじゅんしました。そして,らんのとおり,ふねなかにはひかりがありません。まことに,おお,しゅよ,あなたはわたしたちに,くらやみなかでこのおおうみわたらせようとなさるおつもりですか。」

23 しゅはヤレドのきょうだいわれた。「あなたがたは,ふねなかひかりがあるようにするために,わたしになにをしてもらいたいのか。まどはばらばらにくだけるので,よ,まどけることはできない。また,たずさえることもない。ひかり使つかってたびをすることはないからである。

24 よ,あなたがたは,うみなかくじらのようになるであろう。やまのようななみがあなたがたにちつける。しかし,わたしはふたたうみふかみからあなたがたをそう。かぜはわたしのくちからし,またあめおおくのみずもわたしはおくした。

25 よ,わたしはこれらのものにたいしてあなたがたをそなえさせる。わたしがうみなみと,きつけるかぜと,おおくのみずたいしてあなたがたをそなえさせなければ,あなたがたはこのおおいなるふかみをわたることができないからである。したがって,あなたがたがうみふかみにのまれるときにひかりがあるように,あなたがたはわたしになにをしてもらいたいか。」