エテル書15
戻る 次へ

第15章

すうひゃくまんにんのヤレドじんたたかいでぬ。シズとコリアンタマー,たみをことごとくあつめてけっせんそなえる。しゅたまたみはげますのをやめる。ヤレドじんくにかんぜんほろびる。コリアンタマー,ただ一人ひとりのこる。

1 さて,コリアンタマーはきずかいふくすると,エテルがげたことおもした。

2 かれは,たみが二百まんにんほどつるぎころされたのをて,こころなかなげいた。また,二百まんにんくっきょうおとこだけでなく,かれらのさいころされていた。

3 かれぶんがこれまでおこなってきたあくあらたはじめ,すべてのげんしゃたちのくちとおしてべられてきたことおもした。かれはこれまでそれらのげんがことごとくじょうじゅしたのをて,なげかなしみ,けっしてやすらぐことはなかった。

4 そして,かれはシズにがみき,たみいのちたすけてほしい,そうすればたみいのちわりにおうゆずろうとげた。

5 そこでシズは,コリアンタマーのがみるとへんき,もしコリアンタマーしんがシズのつるぎころされるためにそのわたすならば,たみいのちたすけるとげた。

6 さて,たみざいあくあらためなかった。そして,コリアンタマーのたみはシズのたみたいしていかりをかきてられ,シズのたみもコリアンタマーのたみたいしていかりをかきてられた。そこでシズのたみは,コリアンタマーのたみめかかった。

7 コリアンタマーはぶんがまさにやぶれそうであるのをて,またもやシズのたみまえからげた。

8 そして,かれはリプリアンクムのうみいた。リプリアンクムとは,こうだいな,すなわち,すべてをしのぐというである。かれらはこのうみくと,てんまくった。シズもまたかれらのちかくにてんまくった。そしてよくじつかれらはたたかいにた。

9 そして,かれらはじょうはげしくたたかい,コリアンタマーはまたしょうし,うしなってしきをなくした。

10 さて,コリアンタマーのぐんたいはシズのぐんたいててかし,かれらをはいそうさせた。そして,シズのぐんたいなんぽうげて,オーガスとばれたしょてんまくった。

11 そして,コリアンタマーのぐんたいは,ラマのおかちかくにてんまくった。そのおかは,わたしのちちモルモンがしゅたくしてしんせいろくかくしたあのおかである。

12 そしてかれらは,それまでにころされなかったぜんめんたみを,エテルをのぞいてことごとくあつめた。

13 さて,エテルはたみおこなったことをすべてた。かれは,コリアンタマーにかたするものがコリアンタマーのぐんたいあつまり,シズにかたするものがシズのぐんたいあつまるのをた。

14 かれらは四ねんあいだおもてにいるすべてのものあつめて,られるかぎりのへいりょくをすべてようと,たみあつつづけた。

15 そして,すべてのものさいともない,それぞれぶんのぞぐんたいあつまった。おとこおんなどもも,かため,たてむねとかぶとをけ,たたかいのいでたちであつまった。それからかれらは,たたかうためにたがいにしんぐんし,いちにちじゅうたたかったが,しょうがつかなかった。

16 そしてよるになると,かれらはつかてて,それぞれの宿しゅくえいげた。そしてかれらは宿しゅくえいげたのちたみころされたものたちのためにさけび,かなしんだ。かれらのさけび,かなしむこえじょうおおきく,たいはげしくつんざくほどであった。

17 そしてよくじつかれらはまたたたかいにた。そのたいへんおそろしいであったが,それでもしょうがつかなかった。そして,またよるがやってると,かれらはたみころされたものたちのためにさけび,かなしむこえたいをつんざくほどであった。

18 そこでコリアンタマーは,ふたたびシズにがみいて,もうたたかいにないように,おうゆずってよいのでたみいのちたすけてほしいとげた。

19 しかしよ,しゅたまたみはげますのをやめており,サタンたみこころかんぜんはいしていた。そしてかれらはこころをかたくなにし,おもいをくらませるにまかされ,ほろびにいたるようにされたのである。そこでかれらは,またもやたたかいにった。

20 そして,かれらはいちにちじゅうたたかい,よるになると,つるぎにしたままねむった。

21 よくじつも,かれらはよるになるまでたたかった。

22 よるになると,かれらはまるでぶどうしゅっているもののように,いかりにった。そして,またつるぎにしたままねむった。

23 そのよくじつかれらはまたたたかった。そして,よるになったときには,五十二にんのコリアンタマーのたみと六十九にんのシズのたみのぞいて,ぜんいんつるぎたおれていた。

24 そしてこののこったものたちは,そのよるつるぎにしたままねむり,よくじつふたたたたかった。かれらはつるぎたてをもって,いちにちじゅうちからかぎたたかった。

25 そして,よるになったときには,シズのたみが三十二にんで,コリアンタマーのたみが二十七にんになっていた。

26 そこでかれらはべてねむり,よくじつそなえた。かれらはからだおおきな,たいりょくのあるおとこたちであった。

27 そして,かれらは三かんたたかい,うしなってしきをなくした。

28 さて,コリアンタマーのへいたちは,ちからあるけるようになると,いのちしんでそうとした。ところがよ,シズとかれへいたちはがり,シズはコリアンタマーをころす,そうでなければつるぎぬと,いかってちかいをてた。

29 そのため,かれはコリアンタマーのたみいかけて,よくじつかれらにいつき,かれらはまたつるぎたたかった。そして,コリアンタマーとシズをのぞぜんいんつるぎたおれたのちよ,シズはうしなってしきをなくした。

30 そこでコリアンタマーは,ぶんつるぎりかかってすこやすんでから,シズのくびとした。

31 そして,かれがシズのくびとしたところ,シズはりょうをもたげてからたおれ,いきをしようともがいたのちんだ。

32 そして,コリアンタマーたおれ,まるでんだもののようになった。

33 そこで,しゅはエテルに,「きなさい」とわれた。そして,エテルはくと,しゅことがことごとくじょうじゅしたのをた。そして,かれろくえて(わたしはその百ぶんの一もいていない),それをかくし,のちにリムハイのたみがそれをはっけんしたのである。

34 エテルしるしたさいことは,つぎのとおりである。「しゅがわたしのえてわたしをてんうつすことをのぞまれようと,あるいはわたしがにくにあってながらえ,しゅこころしたがうことをのぞまれようと,わたしはかみおうこくすくわれるのであれば,それはどうでもよい。アーメン。」