アルマ書 48
    脚注

    第​48​章

    アマリキヤ、レーマンじん​を​せんどう​して​ニーファイじん​に​反感はんかん​を​いだかせる。モロナイ、クリスチャン​の​たい​を​まもる​ため​に​たみ​を​そなえる。モロナイ​は​ゆう​と​かいほう​を​よろこぶ​だい​な​かみ​の​ひと​で​ある。げんぜんやく​七十二​ねん

    1 ​さて、アマリキヤ​は​おう​を​る​や​いなや、ニーファイ​の​たみ​に​反感はんかん​を​いだく​よう​に​レーマンじん​の​こころ​を​あおり​はじめた。かれ​は​いくにん​か​の​もの​たち​を​にんじて、ほうぼう​の​とう​から​レーマンじん​に​かって​ニーファイじん​の​悪口あっこう​を​わせた。

    2 ​この​よう​に​して、かれ​は​ニーファイじん​に​反感はんかん​を​いだく​よう​に​かれら​の​こころ​を​あおった。そして、さばきつかさ​の​とうだい十九​ねん​の​すえ​に、かれ​は​それ​まで​ぶん​の​くわだて​を​げて​いた​ので、すなわち​すでに​レーマンじん​を​おさめる​おう​に​なって​いた​ので、ぜん​と​ぜん​の​すべて​の​ひと、すなわち​レーマンじん​だけ​で​なく​ニーファイじん​を​も​はい​しよう​と​した。

    3 かれ​は​レーマンじん​の​こころ​を​かたくな​に​し、おもい​を​くらまし、かれら​の​いかり​を​かきてる​の​に​せいこう​して、ぶん​の​くわだて​を​げた​ので、ニーファイじん​に​たいして​たたかい​に​て​く​ため​に​大軍たいぐん​を​召集しょうしゅう​した。

    4 かれ​は​ぶん​の​たみ​が​おびただしい​かず​で​あった​ので、ニーファイじん​を​ち​かして​れい​に​しよう​と​けつ​した。

    5 ​その​ため​かれ​は、ゾーラムじん​の​なか​から​連隊長れんたいちょう​を​にんめい​した。ゾーラムじん​が​ニーファイじん​の​たたかう​ちから​と、かれら​が​​を​かくす​しょ​と、ほうぼう​の​まち​の​もっとも​よわい​しょ​を​もっとも​よく​って​いた​ので、ぐんたい​の​連隊長れんたいちょう​に​にんめい​した​の​で​あった。

    6 ​そして​かれら​は、それぞれ​ぐんたい​を​ひきいて、ゼラヘムラ​の​​を​して​​の​なか​を​すすんだ。

    7 ​さて、アマリキヤ​が​この​よう​に​まん​と​いつわり​に​よって​けんりょく​を​​に​れて​いた​あいだいっぽう​で​モロナイ​は、しゅ​なる​かみ​に​ちゅうじつ​で​ある​よう​に​たみ​の​こころ​を​そなえ​させて​いた。

    8 ​また​かれ​は、ニーファイじん​の​ぐんたい​を​きょう​し、ちいさい​とりで、すなわち​​を​かくす​しょ​を​いくつ​も​きずき、ぐんたい​を​かこむ​​を​つくり、また​ぐんたい​を​かこむ​石垣いしがき​も​きずいて、ニーファイじん​の​ほうぼう​の​まち​と​ほうぼう​の​​の​さかい、まことに​くに​の​しゅう一帯いったい​を​かこった。

    9 ​また​かれ​は、ぼうぎょ​の​もっとも​よわい​とりで​に​さらに​おおく​の​へい​を​はい​した。この​よう​に​して​かれ​は、ニーファイじん​の​しょゆう​する​​の​ぼう​を​かため、きょう​した。

    10 ​この​よう​に​かれ​は、ニーファイじん​の​ゆう​と​さいへい​を​​する​そなえ​を​して、かれら​が​しゅ​なる​かみ​の​ため​に​きる​こと​が​できる​よう​に、また​てき​から​クリスチャン​の​たい​と​ばれて​いる​もの​を​たもつ​こと​が​できる​よう​に​した。

    11 ​モロナイ​は​くっきょう​で​いきおい​の​ある​ひと​で​あり、完全かんぜん​な​かいりょく​を​そなえた​ひと​で​あり、また​りゅうけつ​を​よろこばない​ひと​で​あった。そして、ぶん​の​くに​が​ゆう​で​あり、同胞はらから​が​そくばく​や​れい​の​じょうたい​に​ない​こと​を​よろこび​と​した​ひと​で​あった。

    12 ​まことに​かれ​は、かみ​が​たみ​に​さずけて​くださった​おおく​の​とっけん​と​しゅくふく​に​ついて、かみ​へ​の​感謝かんしゃ​で​むね​を​いっぱい​に​した​ひと​で​あり、たみ​の​さいわい​と​安全あんぜん​の​ため​に​おおいに​はたらいた​ひと​で​あった。

    13 ​また​かれ​は、かっ​と​して​キリスト​を​しんじた​ひと​で​あり、​を​ながして​で​も、ぶん​の​たみ​と、ぶん​の​けん​と、ぶん​の​くに​と、ぶん​の​宗教しゅうきょう​を​まもる​と​かたく​ちかって​いた。

    14 ​ニーファイじん​は、ひつよう​で​あれ​ば​​を​ながして​で​も​てき​に​たいして​えい​する​よう​に​おしえられて​いた。さらに、ぶん​から​がい​を​くわえない​よう​に、また​てき​に​かう​の​で​なければ、すなわち​ぶん​の​いのち​を​まもる​ため​で​なければ、けっして​つるぎ​を​げない​よう​に​と​も​おしえられて​いた。

    15 ​その​よう​に​すれ​ば、かみ​は​ぶん​たち​を​この​​で​さかえ​させて​くださる​と、かれら​は​しんじて​いた。い​えれば、かみ​の​いましめ​を​ちゅうじつ​に​まもる​なら​ば、かみ​は​ぶん​たち​を​この​​で​さかえ​させて​くださり、また​ぶん​たち​の​直面ちょくめん​する​けん​に​おうじて、のがれる​よう​に、あるいは​せんそう​の​じゅん​を​する​よう​に​けいこく​して​くださる​と、かれら​は​しんじて​いた。

    16 ​また、かみ​は​てき​を​ふせぐ​ため​に​どこ​へ​け​ば​よい​か​を​ぶん​たち​に​らせて​くださり、その​とおり​に​すれ​ば​しゅ​は​ぶん​たち​を​すくって​くださる​こと​も、かれら​は​しんじて​いた。これ​は​モロナイ​が​しんじて​いた​こと​で​あり、かれ​は​こころ​の​なか​で​その​こと​に​ほこり​を​かんじて​いた。すなわち、​を​ながす​こと​で​は​なく、ぜん​を​おこなう​こと、たみ​を​まもる​こと、かみ​の​いましめ​を​まもる​こと、ざいあく​に​かう​こと​に​ほこり​を​かんじて​いた。

    17 ​まことに、まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。もし​現在げんざいらい​の​すべて​の​ひと​が​モロナイ​の​よう​で​あれ​ば、よ、ごく​の​ちから​で​さえ​も​とこしえ​に​くじかれて​しまい、また​あく​は​けっして​ひと​の​ら​の​こころ​を​はい​する​ちから​を​たない​で​あろう。

    18 よ、モロナイ​は、モーサヤ​の​むす​アンモン​や、モーサヤ​の​ほか​の​むす​たち、また​アルマ​と​アルマ​の​むす​たち​の​よう​な​ひと​で​あった。かれら​は​みなかみ​の​ひと​で​あった​から​で​ある。

    19 ​さて​よ、ヒラマン​と​かれ​の​どうりょう​たち​も、モロナイ​に​おとらず​たみ​の​ため​に​よく​はたらいた。かれら​は​かみ​の​こと​を​べ​つたえ、また​かれら​の​こと​を​く​すべて​の​ひと​に​あらため​の​ため​の​バプテスマ​を​ほどこした。

    20 ​その​ため​に​かれら​は​て​った。そして​人々ひとびと​は、かれら​の​こと​の​ため​に​謙遜けんそん​に​なった​ので、しゅ​から​ゆたか​に​めぐみ​を​さずけられた。したがって​四​ねん​の​あいだ、ニーファイじん​の​なか​に​は​せんそう​も​あらそい​も​なかった。

    21 ​しかし、まえ​に​べた​よう​に、だい十九​ねん​の​すえ​に、ニーファイじん​の​なか​は​へい​で​あった​に​も​かかわらず、かれら​は​ほん​ながら​同胞はらから​の​レーマンじん​と​たたかわざる​を​なく​なった。

    22 ようするに、はなはだ​ほん​で​は​あった​が、レーマンじん​と​の​せんそう​が​長年ながねん​の​あいだえなかった。

    23 ​ニーファイじん​は​​を​ながす​こと​は​よろこばなかった​ので、レーマンじん​に​たいして​​を​る​の​を​​つらく​おもった。それ​だけ​で​は​ない。かみ​に​お​い​する​よう​が​できて​いない​おおく​の​同胞はらから​を、ぶん​たち​が​この​から​永遠えいえん​の​​に​おくむ​こと​に​なる​の​を​つらく​おもった。

    24 ​それでも、かれら​は​いのち​を​てる​わけ​に​は​いかなかった。いのち​を​てれば、つま​や​ども​たち​が、かつて​同胞はらから​で​あった​もの​たち​の​ばん​な​むごい​ち​に​よって​虐殺ぎゃくさつ​される​こと​に​なる​から​で​ある。その​同胞はらから​は​ニーファイじん​の​きょうかい​から​はん​し、かれら​の​もと​を​り、レーマンじん​に​くわわって​かれら​を​ほろぼそう​と​して​いた。

    25 ​まことに​ニーファイじん​は、かみ​の​いましめ​を​まもる​もの​が​いる​かぎり、その​同胞はらから​が​ニーファイじん​の​​を​ながす​こと​を​よろこぶ​の​に​えられなかった。それ​は、しゅ​の​いましめ​を​まもる​かぎり​ニーファイじん​は​その​​で​さかえる​で​あろう​と​いう、しゅ​の​やくそく​が​あった​から​で​ある。