アルマ書 43
    脚注

    第​43​章

    アルマ​と​その​むす​たち、こと​を​べ​つたえる。ゾーラムじん​と​ほか​の​ニーファイじん​の​はんしゃ​たち、レーマンじん​と​なる。レーマンじん、ニーファイじん​を​める。モロナイ、ニーファイじん​に​ぼうぎょよう​の​​を​け​させる。しゅ、アルマ​に​レーマンじん​の​作戦さくせん​を​あきらか​に​される。ニーファイじんぶん​たち​の​いえ​と​ゆうぞく宗教しゅうきょう​を​まもる。モロナイ​の​ぐんたい​と​リーハイ​の​ぐんたい、レーマンじん​を​ほう​する。げんぜんやく​七十四​ねん

    1 ​さて、アルマ​の​むす​たち​は​こと​を​げ​らせる​ため​に​たみ​の​なか​に​て​った。また、アルマ​しん​も​やすんで​いる​こと​が​できず、かれ​も​また​て​った。

    2 ​ところで、かれら​の​宣教せんきょう​に​ついて​は​これ​じょうべない​が、ただ、かれら​が​げん​と​けい​の​れい​に​よって​こと​と​しん​を​べ​つたえた​と​だけ​って​おく。かれら​は​されて​いる​かみ​の​せい​なる​くらい​に​したがって​おしえ​を​いた。

    3 ​ここ​で、ニーファイじん​と​レーマンじん​の​あいだ​の​せんそう​の​はなし​に​もどろう。それ​は​さばきつかさ​の​とうだい十八​ねん​の​こと​で​ある。

    4 ​さて​よ、​ゾーラムじん​は​レーマンじん​と​なって​しまった。そして​だい十八​ねん​の​はじめ​に、ニーファイじん​の​たみ​は​レーマンじん​が​め​せて​る​の​を​て、せんそう​の​じゅん​を​した。すなわち、かれら​は​ジェルション​の​​に​ぐんたい​を​あつめた。

    5 ​さて、レーマンじん​は​すうせんにん​の​軍勢ぐんぜい​で​やって​る​と、ゾーラムじん​の​​で​ある​アンテオヌム​の​​に​はいって​た。かれら​の​かん​は​ゼラヘムナ​と​いう​​の​おとこ​で​あった。

    6 ​ところで、アマレカイ​じん​は​元来がんらい​レーマンじん​より​も​もっと​じゃあく​で、さつじん​を​このむ​しつ​を​った​もの​たち​で​あった​ので、ゼラヘムナ​が​レーマンじん​を​ひきいる​連隊長れんたいちょう​として​にんめい​した​もの​たち​は​みな、アマレカイ​じん​と​ゾーラムじん​で​あった。

    7 かれ​が​この​よう​に​した​の​は、レーマンじん​に​つづき​ニーファイじん​を​にくませ、レーマンじん​を​服従ふくじゅう​させて​ぶん​の​くわだて​を​たす​ため​で​あった。

    8 よ、かれ​の​くわだて​は、レーマンじん​を​そそのかして​ニーファイじん​に​たいして​いかり​を​いだかせる​こと​で​あった。かれ​が​この​よう​に​した​の​は、レーマンじん​を​はい​する​おおきな​けんりょく​を​ぶん​の​もの​と​し、さらに​ニーファイじん​を​れい​に​して​かれら​を​はい​する​けんりょく​を​も​る​ため​で​あった。

    9 ​ところが、ニーファイじん​の​もくてき​は、ぶん​たち​の​​と​いえさい​を​​して、これら​の​もの​が​てき​の​​に​ちない​よう​に​する​こと、また​ぶん​たち​の​けん​と​とっけん​と、のぞみ​の​まま​に​かみ​を​れいはい​できる​ゆう​を​たもつ​こと​で​あった。

    10 かれら​は、もし​レーマンじん​の​​に​ちれば、れい​と​まこと​を​もって​かみ​を、すなわち​まこと​の​ける​かみ​を​れいはい​する​もの​を​みな、レーマンじん​が​ころす​こと​を​って​いた​から​で​ある。

    11 かれら​は​また、レーマンじん​が​かれら​の​同胞はらから、すなわち​アンモン​の​たみ​と​ばれて​いる​アンタイ・​ニーファイ・​リーハイ​じん​に​たいして​ひどい​にくしみ​を​いだいて​いる​こと​も​って​いた。アンモン​の​たみ​は​​を​ろう​と​しなかった。かれら​は​せいやく​を​わして​おり、それ​を​やぶろう​と​は​しなかった。したがって、もし​レーマンじん​の​​に​ちれば、かれら​は​ほろぼされた​で​あろう。

    12 ​ニーファイじん​は、かれら​が​ほろぼされる​まま​に​して​おく​の​を​のぞまなかった​ので、かれら​に​ぎ​として​​を​ゆずった。

    13 ​そして、アンモン​の​たみ​は​ニーファイじん​に、かれら​の​ぐんたい​を​えん​する​ため​に​ぶん​たち​の​もの​の​おおく​を​提供ていきょう​した。この​よう​な​わけ​で、ニーファイじん​は​やむをず​単独たんどく​で​レーマンじん​に​かう​こと​に​なった。いっぽう​レーマンじん​は、レーマン​と​レムエル​と​イシマエル​の​むす​たち​の​そん、および​ニーファイじん​から​はん​して​アマレカイ​じん​や​ゾーラムじん​に​なった​すべて​の​もの、ならびに​ノア​の​さい​たち​の​そん​から​って​いた。

    14 ​その​そん​は​ニーファイじん​と​ほぼ​同数どうすう​で​あった。したがって、ニーファイじん​は​ぶん​たち​の​同胞はらから​と​​を​ながして​で​も​たたかわざる​を​なかった。

    15 ​さて、レーマンじん​の​ぐんたい​が​アンテオヌム​の​​に​あつまって​いた​ので、よ、ニーファイじん​の​ぐんたい​は​ジェルション​の​​で​かれら​と​たたかい​を​まじえる​よう​を​した。

    16 ​ところで、ニーファイじん​の​かん、すなわち​ニーファイじん​を​ひきいる​れいかん​に​にんめい​された​ひと、この​れいかん​が​ニーファイじん​の​ぜんぐん​の​​を​った​が、その​ひと​は​モロナイ​と​いう​​で​あった。

    17 ​モロナイ​は​いっさい​の​​を​り、軍政ぐんせい​を​つかさどった。かれ​が​ニーファイじん​の​ぐんたい​を​ひきいる​れいかん​に​にんめい​された​の​は、わずか​二十五​さい​の​とき​で​あった。

    18 ​さて、かれ​は​ジェルション​の​​の​さかい​で​レーマンじん​と​相対あいたい​した。この​とき、かれ​の​たみ​は​つるぎ​と​づきとう、その​ほか​あらゆる​​で​そう​して​いた。

    19 ​レーマンじん​の​ぐんたい​が​ニーファイ​の​たみ​を​る​と、モロナイ​は​むねて​と​腕盾うでたて​と、とう​を​ぼうぎょ​する​ぼう​を​かれ​の​たみ​に​そう​させて​いた。また、かれら​は​あつ​の​ころも​を​て​いた。

    20 ​ところが、ゼラヘムナ​の​ぐんたい​は​その​よう​な​もの​は​けて​おらず、ただ​つるぎ​と​づきとうゆみ​と​いし​と​いしげ​を​たずさえて​いる​だけ​で​あった。また、こし​に​かわ​を​まとって​いる​ほか​は​はだか​で​あった。ゾーラムじん​と​アマレカイ​じんがいぜんいん​が​はだか​で​あった。

    21 ​その​よう​に、かれら​は​むねて​や​たて​で​そう​して​いなかった​ので、ニーファイじん​より​人数にんずう​が​おおかった​に​も​かかわらず、ニーファイじん​の​ぐんたい​の​​を​て​ひどく​おそれた。

    22 よ、そこで​かれら​は、ジェルション​の​​の​さかい​で​あえて​ニーファイじん​を​めよう​と​せず、アンテオヌム​を​って​​へ​かった。そして、はるか​シドン​がわ​の​みなもと​の​ちかく​を、​の​なか​を​遠回とおまわり​して​すすみ、マンタイ​の​​に​はいって​その​​を​占領せんりょう​しよう​と​した。かれら​は​ぶん​たち​が​どこ​へ​った​か​モロナイ​の​ぐんたい​に​は​からない​で​あろう​と​おもった​から​で​ある。

    23 ​しかし、かれら​が​​に​かって​しゅっぱつ​する​と​すぐに、モロナイ​は​すうにん​の​密偵みってい​を​​に​おくんで、かれら​の​陣営じんえい​を​うかがわせた。モロナイ​は​また、アルマ​の​数々かずかず​の​げん​の​こと​を​って​いた​ので、ある​人々ひとびと​を​アルマ​の​もと​に​つかわし、レーマンじん​を​ふせぐ​ため​に​ニーファイじん​の​ぐんたい​は​​どこ​へ​け​ば​よい​か、しゅ​に​たずねて​ほしい​と​ねがった。

    24 ​そこで、しゅ​の​こと​が​アルマ​に​くだった。そして、アルマ​は​モロナイ​の​使しゃ​たち​に、レーマンじん​の​ぐんたい​は​​の​なか​を​遠回とおまわり​して​すすんで​おり、かれら​は​マンタイ​の​​へ​って​たみ​の​よわい​ぶん​に​こうげき​を​けよう​と​して​いる​と​げた。そこで、使しゃ​たち​は​かえって、モロナイ​に​その​伝言でんごん​を​つたえた。

    25 ​そこで​モロナイ​は、ぐんたい​の​いち​を​ジェルション​の​​に​のこして、レーマンじん​の​いち​が​その​​に​やって​て​まち​を​占領せんりょう​する​こと​の​ない​よう​に​そなえて​おき、ぐんたい​の​のこり​を​ひきいて​マンタイ​の​​へ​しんぐん​した。

    26 ​そして​モロナイ​は、その​​の​すべて​の​ひと​を​あつめ、レーマンじん​と​たたかって​かれら​の​​と​くにけん​と​ゆう​を​まもらせる​よう​に​した。この​よう​に​して​かれら​は、レーマンじん​の​来襲らいしゅう​に​そなえた​の​で​ある。

    27 ​さて、モロナイ​は、シドン​がわ​の​きし​に​ちかい​たに​に​ぶん​の​ぐんたい​を​かくした。そこ​は​シドン​がわ​の​西方せいほう​の​​の​なか​で​あった。

    28 ​また​モロナイ​は、ほうぼう​に​密偵みってい​を​はい​し、レーマンじん​の​ぐんたい​が​た​とき​に​それ​が​かる​よう​に​した。

    29 ​モロナイ​は​レーマンじん​の​もくてき​を​って​いた。かれら​の​もくてき​は、ぶん​たち​の​同胞はらから​を​ほろぼす​か、そう​で​なければ​同胞はらから​を​服従ふくじゅう​させて​れい​に​し、ぜん​に​かれら​しん​の​ため​の​おうこく​を​きずく​こと​で​あった。

    30 ​また​モロナイ​は、ニーファイじん​の​ただ​一つ​の​のぞみ​が​ぶん​たち​の​​と​ゆう​と​きょうかい​を​まもる​こと​で​ある​の​を​って​いた​ので、計略けいりゃく​を​もちいて​ニーファイじん​を​まもる​こと​は​すこしも​つみ​で​は​ない​と​おもった。そこで​かれ​は​何人なんにん​も​の​密偵みってい​を​使つかって、レーマンじん​が​どの​しん​を​ろう​と​して​いる​か​を​さぐった。

    31 ​その​けっかれ​は​ぶん​の​ぐんたい​を​けて、いち​を​かわ​を​わたらせて​たに​に​れ、とうほう​に、すなわち​リプラ​の​おか​の​南方なんぽう​に​かれら​を​かくした。

    32 ​また、のこり​の​へい​を​シドン​がわ​の​西方せいほう​の​西にし​の​たに​に、マンタイ​の​​の​さかい​に​いたる​まで​かくした。

    33 ​この​よう​に​かれ​は、ぶん​の​のぞむ​まま​に​ぐんたい​を​はい​し、レーマンじん​と​たたかい​を​まじえる​よう​を​した。

    34 ​そして、レーマンじん​は​モロナイ​の​ぐんたい​の​いち​が​かくれて​いる​おか​の​北方ほっぽう​を​のぼって​た。

    35 ​そして​かれら​は、リプラ​の​おか​を​ぎて​たに​に​はいり、シドン​がわ​を​わたり​はじめた。そこで、おか​の​南方なんぽう​に​かくれて​いて、​リーハイ​と​いう​​の​ひと​に​ひきいられて​いた​ぐんたい​が、かれ​の​​の​もと​に​とうほう​から​レーマンじん​の​はい​を​ほう​した。

    36 ​そこで​レーマンじん​は、ニーファイじん​が​はい​から​めて​る​の​を​て、き​を​えて​リーハイ​の​ぐんたい​と​たたかい​はじめた。

    37 ​そして、そうほう​ともに​しゃ​が​はじめた​が、しゃ​は​レーマンじん​の​ほう​が​はるか​に​おおかった。レーマンじん​は​ニーファイじん​の​つるぎ​と​づきとう​に​よる​はげしい​こうげき​に​その​はだか​の​からだ​を​さらして​おり、ほとんど​ひと​ごと​に​んだ​から​で​ある。

    38 いっぽう、ニーファイじん​は​からだ​の​とくに​大切たいせつ​な​ぶん​が​​されて​いた​ので、すなわち、からだ​の​とくに​大切たいせつ​な​ぶん​が​むねて​と​腕盾うでたて​と​かぶと​で​レーマンじん​の​こうげき​から​​されて​いた​ので、レーマンじん​の​つるぎ​に​れ、​を​うしなった​こと​に​より​たおれる​もの​が​時折ときおり​いた​くらい​で​あった。この​よう​に​ニーファイじん​は​レーマンじん​を​ころし​つづけた。

    39 ​そこで​レーマンじん​は、かた​が​おおぜいころされた​こと​で​おびえ、とうとう​シドン​がわ​の​ほう​へ​げ​はじめた。

    40 ​そして​かれら​は、リーハイ​と​かれ​の​へい​たち​に​追撃ついげき​され、リーハイ​に​よって​シドン​の​みず​の​なか​に​まれて、シドン​の​みず​を​わたった。しかし​リーハイ​は、ぐんたい​を​シドン​がわ​の​きし​に​とどめ、かれら​に​は​かわ​を​わたらせなかった。

    41 ​そして、モロナイ​と​かれ​の​ぐんたい​が​シドン​がわ​の​対岸たいがん​の​たに​で​レーマンじん​を​むかえ、め​かかって​かれら​を​ころし​はじめた。

    42 ​そこで​レーマンじん​は、ふたたび​かれら​の​まえ​から​し、マンタイ​の​​へ​かった。ところが、また​して​も​モロナイ​の​ぐんたい​に​って​しまった。

    43 ​すると​このたび​は、レーマンじん​も​はげしく​たたかった。レーマンじん​は​いまだ​かつて​られて​いない​ほど、すなわち、両者りょうしゃ​の​せんそう​が​はじまって​らいいち​も​なかった​ほど、じょう​に​おおきな​ちから​と​ゆう​を​ふるって​たたかった。

    44 かれら​は​ぶん​たち​の​連隊長れんたいちょう​で​あり​かん​で​ある​​ゾーラムじん​と​アマレカイ​じん、および​そう隊長たいちょう​すなわち​そうかん​で​あり​そうれいかん​で​ある​ゼラヘムナ​に​はげまされた。まことに、かれら​は​りゅう​の​よう​に​たたかい、おおく​の​ニーファイじん​が​かれら​の​​に​よって​ころされた。まことに、かれら​は​ニーファイじん​の​かぶと​を​たくさん​ち​り、ニーファイじん​の​むねて​を​たくさん​し​つらぬき、ニーファイじん​の​うで​を​たくさん​とした。この​よう​に​レーマンじん​は​はげしく​いかって​ち​かかった。

    45 ​しかし、ニーファイじん​は​もっと​い​どう​に​はげまされて​いた。かれら​は​君主くんしゅせい​の​ため​に​たたかった​の​で​は​なく、けんりょく​の​ため​で​も​なく、ぶん​たち​の​いえ​と​ゆう​と、さい​と、ぶん​たち​の​すべて​の​もの​の​ため​に、とくに​れいはい​の​しき​と​きょうかい​の​ため​に​たたかって​いた。

    46 かれら​は、かみ​に​​を​って​いる​と​かんじて​いた​こと​を​おこなって​いた​の​で​ある。しゅ​は​かれら​に、また​かれら​の​せん​に、「​あなたがた​は​さいしょ​の​こうげき​に​ついて​も、二​の​こうげき​に​ついて​も、つみ​を​おかして​いない​かぎり、てき​の​​に​よって​ころされる​に​まかせて​は​ならない」と​われた​から​で​ある。

    47 しゅ​は​また、「あなたがた​は​​を​ながして​で​も​ぶん​たち​の​ぞく​を​まもり​なさい」と​も​われた。したがって、ニーファイじん​は​ぶんしん​と​ぞくくにけん宗教しゅうきょう​を​まもる​ため​に​レーマンじん​と​たたかって​いた​の​で​ある。

    48 ​さて、モロナイ​の​へい​たち​は、レーマンじん​の​勇猛ゆうもう​ぶり​と​いかり​を​る​と、おそれ​を​なして​そう​と​した。しかし​モロナイ​は、へい​たち​の​おもい​を​く​と、使しゃ​を​し、つぎ​の​こと、すなわち​ぶん​たち​の​​と​ゆう​の​こと、まことに​れい​の​じょうたい​に​おちいる​の​を​まぬがれる​こと​を​おも​させて、かれら​の​こころ​を​ふるたせた。

    49 ​そこで​かれら​は、レーマンじん​の​ほう​に​なおり、こえ​を​わせて​しゅ​なる​かみ​に、ゆう​を​たもち、れい​の​じょうたい​に​おちいる​の​を​まぬがれる​こと​が​できる​よう​に​さけび​もとめた。

    50 ​そして​かれら​は、ちから​を​て​レーマンじん​に​かった。すると、かれら​が​しゅ​に​ゆう​を​さけび​もとめる​と​どう​に​レーマンじん​は​かれら​の​まえ​から​げ​はじめ、シドン​の​水際みずぎわ​まで​退しりぞいた。

    51 ​レーマンじん​は​ニーファイじん​より​も​おおく、まことに​ばいじょう​の​人数にんずう​で​あった​に​も​かかわらず、かれら​は​いやられて、その​たに​で​シドン​がわ​の​きし​に​一団いちだん​と​なって​あつまった。

    52 ​そこで、モロナイ​の​ぐんたい​は​かれら​を​ほう​した。すなわち、リーハイ​の​へい​たち​が​かわ​の​ひがしがわ​に​いた​ため、かわ​の​両側りょうがわ​から​ほう​する​かたち​に​なった。

    53 ​ゼラヘムナ​は​シドン​がわ​の​ひがし​に​いる​リーハイ​の​へい​と​シドン​がわ​の​西にし​に​いる​モロナイ​の​ぐんたい​を​て、ぶん​たち​が​ニーファイじん​に​ほう​されて​いる​の​を​り、かれら​は​おそれ​おののいた。

    54 ​モロナイ​は​かれら​が​おそれて​いる​の​を​て、​を​ながす​の​を​やめる​よう​に​へい​に​めいじた。