アルマ書 30
    脚注

    第​30​章

    はん​キリスト​の​コリホル、キリスト​と​贖罪しょくざい​と​げん​の​れい​を​あざける。コリホル、かみ​は​そんざい​せず、ひと​の​らく​は​なく、つみ​に​たいする​ばつ​は​なく、キリスト​も​そんざい​しない​と​おしえる。アルマ、将来しょうらい​キリスト​が​られる​こと​と、万物ばんぶつ​が​かみ​の​そんざい​を​しめして​いる​こと​を​あかし​する。コリホル、しるし​を​もとめ、もの​が​えなく​なる。あく​が​てん使​の​よう​に​コリホル​に​あらわれ、かたる​こと​を​かれ​に​おしえて​いた。コリホル、みつけられて​ぬ。げんぜんやく​七十六​ねん​から​七十四​ねん​に​いたる。

    1 ​さて​よ、​アンモン​の​たみ​が​ジェルション​の​​に​定住ていじゅう​した​のち、また​レーマンじん​が​その​​から​はらわれ、レーマンじん​の​たい​が​その​​の​たみ​に​よって​ほうむられた​のち

    2 ​レーマンじん​の​たい​は​おびただしい​かず​で​あった​ので​かぞえられる​こと​なく、ニーファイじん​の​しゃ​も​かぞえられなかった​が、その​​の​たみ​が​かれら​の​しゃ​を​ほうむった​のち、そして​断食だんじき​と​​と​いのり​の​​が​わった​のち、(ニーファイ​の​たみ​の​さばきつかさ​の​とうだい十六​ねん​に​は)ぜん​に​へい​が​つづく​よう​に​なった。

    3 ​そして​たみ​は、しゅ​の​いましめ​を​まもる​よう​に​つとめ、また​モーセ​の​りっぽう​に​したがって​かみ​の​しき​を​厳密げんみつ​に​まもった。かれら​は​モーセ​の​りっぽう​が​じょうじゅ​する​まで、その​りっぽう​を​まもる​よう​に​おしえられて​いた​から​で​ある。

    4 ​この​よう​に、ニーファイ​の​たみ​の​さばきつかさ​の​とうだい十六​ねん​に​は、一​年間ねんかんこくみん​の​あいだ​に​まったく​​が​なかった。

    5 ​そして、さばきつかさ​の​とうだい十七​ねん​の​はじめ​も、つづき​へい​で​あった。

    6 ​ところが、だい十七​ねん​の​すえ​に、ゼラヘムラ​の​​に​ひと​の​おとこ​が​やって​た。その​おとこ​は​はん​キリスト​で​あった。かれ​は​げんしゃ​たち​が​キリスト​の​らいりん​に​ついて​かたった​げん​に​反対はんたい​して、たみ​に​おしえ​を​き​はじめた。

    7 ​この​とき​に​は、ひと​の​信条しんじょう​を​きん​する​ほうりつ​は​なかった。人々ひとびと​を​びょうどう​な​たち​に​く​ほうりつ​が​ある​こと​は、まったく​かみ​の​いましめ​に​はんして​いた​から​で​ある。

    8 聖文せいぶん​に​は、「あなたがた​の​つかえる​もの​を、今日き ょ うえらび​なさい」と​ある。

    9 ​そこで、もし​ひと​が​かみ​に​つかえたい​と​おもう​なら​ば、かみ​に​つかえる​とっけん​が​あった。いや、その​ひと​が​かみ​を​しんじる​なら​ば、かみ​に​つかえる​とっけん​が​あった。しかし、たとえ​ひと​が​かみ​を​しんじなくて​も、その​ひと​を​ばっする​ほうりつ​は​なかった。

    10 ​しかし、人殺ひとごろし​を​すれ​ば、その​ひと​は​けい​に​しょせられた。また、略奪りゃくだつ​する​もの​も​ばっせられ、ぬすむ​もの​も​ばっせられ、姦淫かんいん​を​おこなう​もの​も​ばっせられた。まことに、すべて​この​よう​な​あく​を​おこなう​もの​は​ばっせられた。

    11 人々ひとびと​は​ざい​に​おうじて​さばかれる​と​いう​ほうりつ​が​あった​から​で​ある。に​も​かかわらず、ひと​の​信教しんきょう​に​反対はんたい​する​ほうりつ​は​なかった。したがって、ひと​は​ぶん​の​おこなった​犯罪はんざい​に​ついて​だけ​ばっせられた​ので、すべて​の​ひと​が​びょうどう​な​たち​に​あった。

    12 ​そして、まえ​を​コリホル​と​いう​この​はん​キリスト​は、(ほうりつ​は​かれ​を​まったく​こうそく​できなかった​ので)キリスト​は​いない​と​たみ​に​おしえ​を​き​はじめた。そして、かれ​は​つぎ​の​よう​に​べた。

    13 「おお、おろか​で​むなしい​ぼう​の​もと​に​しばられて​いる​人々ひとびと​よ、あなたがた​は​どうして​この​よう​な​おろか​な​こと​に​そくばく​されて​いる​の​か。あなたがた​は​どうして​キリスト​を​のぞんで​いる​の​か。だれ​も​将来しょうらいこる​こと​を​る​こと​は​できない。

    14 よ、あなたがた​が​げん​と​び、せい​なる​げんしゃ​から​つたえられた​と​って​いる​これら​の​こと​は、よ、あなたがた​の​せん​の​おろか​な​つたえ​で​ある。

    15 ​あなたがた​は​どの​よう​に​して​それ​が​たしか​で​ある​と​かる​の​か。よ、あなたがた​は​まだ​て​いない​ものごと​を​る​こと​は​できない。だから、将来しょうらい​キリスト​が​あらわれる​と​いう​こと​を​まえもって​る​こと​は​できない​の​で​ある。

    16 ​あなたがた​は​将来しょうらい​を​とおして、ぶん​たち​の​つみ​が​ゆるされる​の​が​かる​と​う。しかし​よ、それ​は​精神せいしん​が​おかしく​なって​いる​けっ​で​ある。この​よう​な​精神せいしん​の​錯乱さくらん​は、じっさい​に​は​ない​こと​を​しんじる​よう​に​まどわす、あなたがた​の​せん​の​つたえ​の​ため​に​しょうじた​もの​で​ある。」

    17 ​コリホル​は​この​よう​な​こと​を​ほか​に​も​おおく​たみ​に​かたり、人々ひとびと​の​つみ​の​ため​に​おこなわれる​贖罪しょくざい​など​ありない​こと、ひと​は​みな、この​の​生涯しょうがい​を​く​らす​も​わるく​らす​も、その​ひと​の​対処たいしょ​の​かただい​で​ある​から、ひと​は​みなぶん​の​しつ​に​おうじて​さかえ、ぶん​の​ちから​に​おうじて​しょう​を​る​こと、また​ひと​が​する​こと​は​どんな​こと​も​けっして​つみ​に​ならない​こと​を​たみ​に​げた。

    18 かれ​は​たみ​に​この​よう​に​いて、おおく​の​ひと​の​こころ​を​まどわし、平然へいぜん​と​あく​を​おか​させ、まことに、おおく​の​だんじょ​を​まどわして​みだら​な​おこない​を​させた。そして、ひと​が​ね​ば​それ​で​わり​で​ある、と​たみ​に​かたった。

    19 ​また​この​おとこ​は、かつて​レーマンじん​で​あった​アンモン​の​たみ​の​なか​で​この​こと​を​おしえよう​と​して、ジェルション​の​​へ​も​った。

    20 ​しかし​よ、アンモン​の​たみ​は​おおく​の​ニーファイじん​より​も​賢明けんめい​で​あった。かれら​は​コリホル​を​らえて​しばり、その​たみ​の​だいさい​で​ある​アンモン​の​まえ​に​れてった。

    21 ​そこで​アンモン​は、かれ​を​その​​から​れ​させた。そこで​かれ​は​ギデオン​の​​へ​き、その​​の​たみ​に​も​おしえ​を​き​はじめた。しかし、ここ​で​も​あまり​せい​は​がらなかった。かれ​は​らえられて​しばられ、その​​の​だいさい​と​だい​さばきつかさ​の​まえ​に​れてかれた​から​で​ある。

    22 ​そこで、だいさい​は​コリホル​に、「なぜ​あなた​は​ほうぼうあるき​まわって​しゅ​の​みち​を​げよう​と​して​いる​の​か。なぜ​キリスト​は​あらわれる​はず​が​ない​と​この​たみ​に​おしえて、かれら​の​よろこび​を​さまたげる​の​か。なぜ​せい​なる​げんしゃ​たち​の​すべて​の​げん​に​さからって​かたる​の​か」と​たずねた。

    23 ​この​だいさい​の​​は​ギドーナ​で​あった。コリホル​は​ギドーナ​に​こたえた。「その​わけ​は、わたし​が​あなたがた​の​せん​の​おろか​な​つたえ​を​この​たみ​に​おしえて​いない​から​で​あり、また​むかし​の​さい​たち​に​よって​もうけられた​おろか​な​しき​と​つとめ​に​ぶんしん​を​しばり​つける​よう​に、この​たみ​に​おしえて​いない​から​で​ある。むかし​の​さい​たち​は​たみ​を​はい​する​けんりょく​と​権能けんのう​を​うばい​り、たみ​が​その​あたま​を​げる​こと​なく​あなた​の​こと​に​したがう​よう​に​する​ため​に、たみ​を​​の​なか​に​とどめて​おこう​と​して、それら​の​しき​と​つとめ​を​もうけた​の​だ。

    24 ​あなたがた​は、この​たみ​は​ゆう​の​たみ​で​ある​と​う。よ、わたし​に​わせれば、この​たみ​は​れい​の​じょうたい​に​ある。あなたがた​は​むかし​の​げん​は​真実しんじつ​で​ある​と​う。よ、それら​が​真実しんじつ​で​ある​こと​は​あなたがた​に​は​からない、と​わたし​は​おう。

    25 ​あなたがた​は、この​たみ​は​おや​の​そむき​の​ため​に​つみ​の​ある​らく​した​たみ​に​なって​いる​と​う。よ、​は​おや​の​ため​に​つみ​を​わない、と​わたし​は​おう。

    26 ​また​あなたがた​は、将来しょうらい​キリスト​が​る​と​も​って​いる。しかし​よ、将来しょうらい​キリスト​が​る​こと​は​あなたがた​に​は​けっして​からない、と​わたし​は​う。あなたがた​は​また、キリスト​が​​の​つみ​の​ため​に​ころされる​と​も​って​いる。

    27 ​この​よう​に​して​あなたがた​は、せん​の​おろか​な​つたえ​に​よって、あなたがた​の​のぞむ​まま​に​この​たみ​を​まどわして​いる。そして​あなたがた​は、この​たみ​の​ろう​で​きる​ほど​に​べよう​と、まるで​れい​で​でも​ある​か​の​よう​に​たみ​を​よくあつ​して​いる。その​ため、たみ​は​あえて​ゆう​を​ふるって​あたま​を​げよう​と​せず、また​あえて​ぶん​たち​の​けん​と​とっけん​を​きょうじゅ​しよう​と​も​しない。

    28 ​まことに​この​たみ​は、さい​たち​を​いからせる​の​を​おそれて、ぶんしん​の​もの​も​あえて​使つかおう​と​しない。この​さい​たち​は​ぶん​たち​の​のぞむ​まま​に​たみ​に​くびき​を​かけ、また​ぶん​たち​の​つたえ​と​幻想げんそう​と​まぐれ​と​くうそう​と​いつわり​の​おく​に​よって、もし​たみ​が​さい​たち​の​こと​の​とおり​に​おこなわなければ、たみ​は​かみ​と​ばれる​​の​そんざいしゃ​を​いからせる​こと​に​なる​と​たみ​に​しんじ​ませた。しかし、かれら​の​う​かみ​は、いまだ​かつて​ひと​が​た​こと​も​なく​って​も​おらず、​に​も​現在げんざい​に​も​らい​に​も​けっして​そんざい​しない​もの​で​ある。」

    29 ​さて、だいさい​と​だい​さばきつかさ​は、コリホル​の​こころ​が​かたくな​で​ある​の​を​る​と、また​かれ​が​かみ​さえ​も​ののしろう​と​する​の​を​る​と、かれ​の​こと​に​まったく​おうじる​こと​なく、かれ​を​しばらせて​やくにん​の​​に​わたし、ゼラヘムラ​の​​へ​おくった。それ​は、かれ​を​アルマ​と​ぜん​の​そうとく​で​ある​だい​さばきつかさ​の​まえ​に​す​ため​で​あった。

    30 ​さて​コリホル​は、アルマ​と​だい​さばきつかさ​の​まえ​に​されて​も、ギデオン​の​​で​かたった​よう​に​かたり、けい​な​こと​を​き​つづけた。

    31 ​また​かれ​は、アルマ​の​まえ​で​大言たいげんそう​し、さい​たち​と​きょう​たち​を​ののしり、かれら​は​たみ​の​ろう​に​よって​きる​ほど​べる​ため​に​せん​の​おろか​な​つたえ​で​たみ​を​まどわして​いる​と​って​かれら​を​なん​した。

    32 ​そこで、アルマ​は​かれ​に​った。「あなた​は​我々われわれ​が​たみ​の​ろう​で​きる​ほど​べる​よう​な​こと​は​して​いない​こと​を​って​いる。よ、わたし​は、たみ​に​かみ​の​こと​を​げ​らせる​ため​に​なん​も​くに​の​ほうぼう​を​たび​した​が、さばきつかさ​の​とう​の​はじめ​から​いまに​いたる​まで、ぶん​の​​で​はたらいて​生活せいかつ​の​かて​を​て​きた。

    33 ​また​わたし​は、きょうかい​で​おおく​の​つとめ​を​たして​きた​が、これまで​ぶん​の​はたらき​に​たいして​一​​セナイン​も​ほうしゅう​を​けた​こと​は​なかった。わたし​の​同胞はらから​も、さばきつかさ​の​しょく​を​つとめる​もの​の​ほか​は​みな​そう​で​ある。そして、さばきつかさ​の​しょく​に​ある​もの​も、ほうりつ​に​さだめられた​とおり、つとめた​かん​の​ぶん​の​ほうしゅう​を​ける​だけ​で​ある。

    34 ​では、もし​きょうかい​で​の​はたらき​に​たいして​なにも​ほうしゅう​を​けない​と​すれ​ば、我々われわれ​は、しん​を​げ​らせて​同胞はらから​の​よろこぶ​の​を​て​よろこび​と​する​ほか​に、どの​よう​な​とく​が​あって​きょうかい​で​はたらく​の​で​あろう​か。

    35 ​また、あなた​しん我々われわれ​が​なんの​ほうしゅう​も​けて​いない​こと​を​って​いる​の​に、どうして​我々われわれ​が​​を​る​ため​に​この​たみ​に​おしえ​を​いて​いる​と​う​の​か。また、あなた​は、この​たみ​の​こころ​の​なか​に​この​よう​な​よろこび​が​ちて​いる​の​は、我々われわれ​が​この​たみ​を​あざむいて​いる​ため​だ​と​で​も​おもって​いる​の​か。」

    36 ​すると​コリホル​は​アルマ​に、「その​とおり」と​こたえた。

    37 ​そこで、アルマ​は​かれ​に、「あなた​は​かみ​が​まします​こと​を​しんじる​か」と​たずねた。

    38 ​すると​かれ​は、「いや」と​こたえた。

    39 ​また、アルマ​は​かれ​に​った。「あなた​は​かみ​が​まします​こと​を​またもや​てい​し、キリスト​も​てい​する​の​か。よ、あなた​に​う。わたし​は​かみ​の​まします​こと​と、将来しょうらい​キリスト​が​られる​こと​を​って​いる。

    40 ​あなた​は​なんの​しょう​が​あって​かみ​は​じつざい​せず、また​キリスト​は​られない​と​う​の​か。あなた​の​こと​の​ほか​に​は​なにひとつ​しょう​が​ない​と、わたし​は​あなた​に​げる。

    41 ​しかし​よ、わたし​は​すべて​の​ぶつ​を​もって、これら​の​こと​が​真実しんじつ​で​ある​と​あかし​する。また、これら​の​こと​が​真実しんじつ​で​ある​こと​を​あかし​する​すべて​の​ぶつ​が​あなた​に​も​ある​の​で​ある。それでも​あなた​は、これら​の​こと​を​てい​する​つもり​か。あなた​は​これら​の​こと​が​真実しんじつ​で​ある​こと​を​しんじる​か。

    42 よ、わたし​は、あなた​が​しんじて​いる​こと​を​って​いる。ところが​あなた​は​いつわり​を​う​れい​に​りつかれて​いる。あなた​が​ぶん​に​かみ​の​たま​が​宿やどらない​よう​に​とおざけて​しまった​ので、あく​が​あなた​を​はい​する​ちから​を​った​の​で​ある。そして、あく​は​かみ​の​​たち​を​ほろぼす​ため​に​様々さまざま​な​さくりゃく​を​はたらかせ、あなた​を​ほうぼう​に​かせる​の​で​ある。」

    43 ​すると、コリホル​は​アルマ​に、「もし​あなた​が、かみ​の​いる​こと​を​かくしん​させる​​しるし​を​わたし​に​せ、まことに、かみ​に​ちから​の​ある​こと​を​しめして​くれる​なら、あなた​の​こと​が​真実しんじつ​で​ある​こと​を​なっとく​する​だろう」と​った。

    44 ​しかし、アルマ​は​かれ​に​った。「あなた​は​すでに​数々かずかず​の​しるし​を​十分じゅうぶん​に​って​いる。あなた​は​かみ​を​こころみよう​と​する​の​か。あなた​の​同胞はらから​で​ある​この​​すべて​の​ひと​の​あかし​と、すべて​の​せい​なる​げんしゃ​たち​の​あかし​が​ある​の​に、あなた​は『しるし​を​せて​くれ』​と​う​の​か。あなた​の​まえ​に​聖文せいぶん​が​いて​ある。まことに、万物ばんぶつ​は​かみ​が​まします​こと​を​しめして​いる。まことに、だい​も、だい​の​おもて​に​ある​万物ばんぶつ​も、だい​の​うんどう​も、また​各々おのおの整然せいぜんと​うんこう​して​いる​すべて​の​わくせい​も、それら​の​すべて​が​こう全権ぜんけん​の​そうぞうぬし​が​まします​こと​を​あかし​して​いる。

    45 ​それでも、あなた​は​ほうぼう​を​あるき​まわって​この​たみ​の​こころ​を​まどわし、かみ​は​じつざい​しない​と​かれら​に​あかし​する​つもり​か。また、あなた​は​それでも、この​よう​に​あかし​する​すべて​の​もの​に​さからって​てい​する​つもり​か。」すると​コリホル​は、「その​とおり。しるし​を​せて​くれない​かぎり、わたし​は​てい​する」と​こたえた。

    46 ​そこで​アルマ​は​かれ​に​った。「まことに、あなた​の​こころ​が​かたくな​で​あって、なお​も​しん​の​れい​に​さからって​れい​の​ほろび​を​まねこう​と​して​いる​こと​を、よ、わたし​は​なげかわしく​おもう。

    47 ​しかし​よ、あなた​が​なかち​に​なって、あなた​の​いつわり​と​へつらい​の​こと​に​より​おおく​の​ひと​を​ほろび​に​いたらせる​より​は、むしろ​あなた​しん​が​ほろびる​ほう​が​よい。したがって、もし​あなた​が​もう​いちてい​する​なら​ば、まことに​かみ​は​あなた​を​たれる​で​あろう。あなた​は​もの​が​えなく​なり、​と​くち​を​ひらく​こと​が​できず、もはや​この​たみ​を​あざむく​こと​が​できなく​なる​で​あろう。」

    48 ​ところが、コリホル​は​アルマ​に、「わたし​は​かみ​の​そんざい​を​てい​は​しない​が、かみ​が​いる​と​は​しんじない。だから、かみ​が​いる​こと​は​あなた​たち​に​は​からない​と​って​いる​の​だ。しるし​を​せて​くれ​なければ、わたし​は​しんじない」と​った。

    49 ​そこで、アルマ​は​かれ​に、「あなた​に​しるし​を​しめそう。あなた​は​わたし​の​う​とおり​もの​が​えなく​なる​と​いう​の​が​それ​で​ある。わたし​は​かみ​の​​に​よって​う。あなた​は​もの​が​えなく​なり、こん​と​くち​を​く​こと​が​できない​で​あろう」と​った。

    50 ​アルマ​が​この​こと​を​い​える​と、アルマ​の​こと​の​よう​に、コリホル​は​もの​が​えなく​なり、かたる​こと​が​できなく​なった。

    51 ​さて、だい​さばきつかさ​は​これ​を​る​と、​を​し​べて​コリホル​に​き​しめし、「あなた​は​かみ​の​ちから​を​みとめる​か。あなた​は​だれ​に​しるし​を​しめす​よう​に​アルマ​に​もとめた​の​か。あなた​に​しるし​を​しめす​ため​に、かれ​が​ほか​の​人々ひとびと​を​くるしめる​こと​を​ねがった​か。よ、かれ​は​もう​すでに​あなた​に​しるし​を​しめした。それでも​なお​あなた​は​反論はんろん​する​か」と​げた。

    52 ​すると​コリホル​も、​を​し​べて​き​しめし、った。「わたし​は​いまはなす​こと​が​できない​ので、もの​が​えなく​なった​こと​を​みとめ​ます。また、かみ​の​ちから​に​よる​の​で​なければ、わたし​に​この​よう​な​こと​が​けっして​きない​こと​も、わたし​は​って​います。また、わたし​は​かみ​が​まします​こと​を​まえ​から​って​いました。

    53 ​しかし​よ、あく​が​わたし​を​あざむいた​の​です。あく​は​てん使​の​姿すがた​で​わたし​に​あらわれて、『この​たみ​は​みな​の​かみ​を​もとめて​まよって​いる​ので、って​改心かいしん​させよ』​と​い​ました。また​あく​は​わたし​に、かみ​は​いない』​と​い、わたし​が​う​べき​こと​も​おしえて​くれ​ました。そこで、わたし​は​あく​の​こと​を​おしえて​きました。わたし​は、あく​の​こと​が​にく​の​おもい​に​こころよい​ので、それ​を​おしえて​きた​の​です。また、わたし​は​それ​を​おしえて​ついに​おおきな​せいこう​を​おさめた​ので、ぶん​で​も​それ​が​真実しんじつ​だ​と​まったく​しんじる​よう​に​なり​ました。この​よう​な​わけ​で、わたし​は​しん​に​さからい、とうとう​この​おおきな​のろい​を​まねいて​しまい​ました。」

    54 ​さて、コリホル​は​この​よう​に​う​と、その​のろい​が​られる​よう​に​かみ​に​いのって​ほしい​と​アルマ​に​懇願こんがん​した。

    55 ​しかし、アルマ​は​かれ​に、「この​のろい​が​あなた​から​られる​と、あなた​は​また、この​たみ​の​こころ​を​まどわす​よう​に​なる​で​あろう。だから、しゅ​が​のぞまれる​とおり​に​なる​が​よい」と​った。

    56 ​そして、その​のろい​は​コリホル​から​られなかった。そして、かれ​は​され、もの​を​うて​家々いえいえ​を​めぐる​よう​に​なった。

    57 いっぽう、コリホル​の​​に​こった​こと​は、すぐ​ぜん​に​げ​らされた。まことに、だい​さばきつかさ​が​くに​の​すべて​の​ひと​に​こく​を​し、コリホル​の​こと​を​しんじた​人々ひとびと​に、おなじ​さばき​を​ける​こと​の​ない​よう​に​すみやか​に​あらため​なければ​ならない​と​げた​の​で​ある。

    58 ​そこで​かれら​は​みな、コリホル​の​あく​を​みとめ、ふたたび​しゅ​に​​する​よう​に​なった。そして、これ​に​よって​コリホル​に​ならった​ざいあく​は​あと​を​った。コリホル​は​家々いえいえ​を​めぐり、もの​を​うて​いのち​を​つないだ。

    59 ​さて、ニーファイじん​から​かれ、ゾーラム​と​いう​​の​おとこ​に​ひきいられて​ぶん​たち​を​ゾーラムじん​と​ぶ​よう​に​なった​たみ​が​あった​が、コリホル​は​その​たみ​の​なか​を​あるき​まわって​いた​とき​に、よ、き​たおされて​みつけられ、とうとう​んで​しまった。

    60 ​この​こと​から、しゅ​の​みち​を​げる​もの​の​まつ​が​かる。また、あく​は​わり​の​​に​は​ぶん​の​ら​を​たすけよう​と​せず、すみやか​に​ごく​に​きずりむ​と​いう​こと​も、わたしたち​に​かる​の​で​ある。